今後の家計費運用・貯蓄について - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今後の家計費運用・貯蓄について

マネー お金と資産の運用 2010/03/10 02:52

相談者(妻)34歳。夫は29歳。結婚して今年で6年になります。
子供なし。職業→夫は2009年7月で転職、2010年1月より正社員で働いております。妻は自由業・音楽教室でピアノ講師をしております。(毎年確定申告有。)世帯収入としては手取りで、年収夫が約390万(見込。ボーナス込)妻は160万円=見込ですが550万になります。貯金30万円。(月収的には二人合計40〜42万になります。)また昔からお世話になっているFPさんに、夫婦それぞれの状態に合わせた生命保険を月額11000円、妻も5000円を掛けています。
2009年7月にマイホームを購入(新築・一戸建・確定申告/住宅ローン申請済)致しました。駐車場あり。軽自動車一台所有。
以上がうちのベースになり、ここからは質問です。
近い将来(できたら1年以内)、子供を授かりたいと思っています。
妻仕事は、3ヶ月出産休とりますが(その間は無給)3ヵ月後には、仕事復帰予定。(収入も元に戻ります)そこも、視野に含めての今後の家計費運用・貯蓄について、お聞かせ願いたいのです。今の所、マイホームも購入した後で貯金額30万で少ないですが、過去家計簿を参照した上での概算でいきますと、毎月7〜9万貯金(=使えるお金)をしていけそうです。その、お金の運用、ご指導・ご鞭撻をお願い致します。
自分の考えている内容としましては、夫婦合計毎月2万円程支払の(積立)、利率の高い個人年金(相談できるFPさんが身近にいます)に加入し、今、目下勉強中ではありますが、投資信託、また外貨預金も考えてはいるのですが、リスクが高いのかな?と思い、悩んでおりました。

以上になります。
どうぞよろしくお願い致します。

ストレイシープさん ( 神奈川県 / 女性 / 34歳 )

回答:2件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

よく勉強しながら慎重に

2010/03/10 17:36 詳細リンク

ストレイシープ様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご相談の件、今ある貯金が、30万とのことなので、しばらくは、手持ち資金を増やすことに専念した方が、よいかもしれませんね。

個人年金保険や投資信託に入れてしまうと、急に使いたいお金が出てきた時に、困るかもしれません。

特に、お子さんが出来て、仕事をお休みすると、貯蓄を取崩していくパターンに入ることがあります。

マイホームのローン返済も待ったなしで迫られますので、基本的には、銀行預金による積立が、無難です。

住宅ローンも、捉え方によっては、リスクのある金融商品ですし、今は、金融商品は、おなかいっぱい、の状態にあると思います。

もちろん、ある程度の資金が貯まったら、繰上げ返済に回すという選択肢もあるはずです。

よく勉強しながら、慎重に将来の資金計画を立てられてください。

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

目的に応じた商品で・・・・

2010/03/10 07:20 詳細リンク

はじめまして、ストレシーブさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


資産運用に関しましては、目的と運用期間によりリスクや商品を分けられた方が良いでしょうね。

お子様をお考えでしたら教育費を考えられると思いますが、今の内から運用をしておくと良いと思います。

お子様に多くの教育費が必要なのは高校から大学にかけてだと思います。早い内から運用をしておく事で長期の運用が出来ますね。

また老後資金もお考えですね。

老後資金として個人年金をお考えですが、保険商品などでは固定金利の商品が多く、現在の低金利に長期の運用を固定金利で行なうのは勿体無いですね。

これから投資信託など投資に対しても前向きな考えを持たれているので、積立投信などで時間の分散を図りながらリスクを抑えた運用が出来ると良いですね。

また今後ストレシーブさんが自由業として収入を得られていくのであれば、確定拠出年金の個人型にも加入できますね。

まだ老後資金としては約30年ありますから、多少のリスクをとっても良いのではないでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

資産形成について sweetsmaniaxさん  2013-04-24 01:54 回答1件
余裕資金の運用について がすくんさん  2007-08-06 03:31 回答5件
ローン返済がある場合の、貯蓄について 花みずきさん  2007-10-30 23:57 回答5件
今後の最適な運用法を教えて下さい じゃすみんみんさん  2007-08-01 11:41 回答4件
資産運用について 猫娘さん  2007-07-19 14:48 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

森本 直人

森本FP事務所

森本 直人

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 資産運用相談(アドバイス専門)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)