資産運用について - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資産運用について

マネー お金と資産の運用 2007/07/19 14:48

夫45歳、妻44歳、長男15歳。今後の資産運用についてご相談いたします。

夫名義の貯金は東京スター銀行の住宅ローン連動型貯金に600万円(預金分にローン利子がかからない)と米ドル外貨預金100万円、大同生命の年金保険一括払い100万円の計800万円です。

私名義の貯金は、郵便局定額貯金330万円、国債100万円、米ドル外貨預金50万円、投資信託150万円、変額個人年金保険300万円。普通預金40万円です。計970万円。

夫名義の貯金は住宅ローン完済(借入金1300万円)まで(あと18年)そのままにしておくつもりです。

私名義の郵便局定額貯金330万円の運用で、夫にお金を貸して住宅ローン連動型に移動資金を移動し、毎月夫から返済してもらうという形にして、少しでもローンの利子分を減らした方がよいのか、投資信託か堅実な貯金に切り替えた方がよいのか迷っています。

ちなみに子供は一人で現在中学3年生。これからの高校3年間の教育資金は私のパート代で賄い、大学入学時は学資保険(約200万円)をあてる予定です。

子供が高校・大学在学7-8年間は預金はできない状態と思われます。

息子の結婚資金、老後にむけての資産運用についてアドバイスをお願いします。

猫娘さん ( 愛知県 / 女性 / 44歳 )

回答:3件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

運用の優先順位と資産配分のお勧め

2007/07/19 15:41 詳細リンク
(3.0)

猫娘様 初めまして。CFP®の吉野充巨です。

投資・運用の原則として、投資に使用する資金は借入金返済に廻すことが運用効率から有利な資産活用になります。従いまして、運用リスクと投資効果の関連から見ますと、無リスクで運用利益(ローン利率)が得られる住宅ローン連動預金への預け入れが有利です。

なお、お二人の資金を合算しますと、現在の借入金を完済しても資産が残ります。残借入金の利息は余分な支出に該当しますので完済という資産運用もお勧めします。完済後は現在の返済金額が資産運用に廻せ、自由度が上がります。

投資・運用の成果の90%以上が資産配分に影響されます。通常私は投資対象として定期預金(ネット銀行がお勧め)、日本債券(国債、地方債)、日本株式(ETF、インデックスファンド)、外国債券(国債の購入かIDXファンド)、外国株式(インデックスファンド)の5資産への配分をお勧めしています。()内は投資の購入・保有コストの安いものです。例えば5資産に均等に投資した場合は期待収益率は約3.5%、リスクは約8%になり、リターン・リスクのバランスが整った運用になります。私のホームページに資産配分に関するものを掲載しています。宜しければご参照下さい。http://www.officemyfp.com/assetclass-1.html

保有商品へのアドバイスです。外貨預金の多くは、為替手数料と利率からリターンが低い例が多いのでご確認下さい。外貨MMFか国債、IDXファンドへの移行を進めします。変額個人年金保険も手数料が高い金融商品です。次回は直接投資信託の購入をお勧めします。

評価・お礼

猫娘さん

ありがとうございます。
ローンを完済することは考えましたが、私名義の資産がなくなってしまうのと、ある程度まとまった預金がないと、もし何か不測の事態が発生したときに対処できないのではという不安があるので、今のところ考えておりません。
投資信託がいいようですね。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

自分名義の資産をふやしましょう

2007/07/20 07:24 詳細リンク
(4.0)

猫娘さん、こんにちは。
FPの羽田野博子です。

猫娘さんの預金をご主人の口座に入れて、ローンの利息を減らすと言うことには賛成できません。

女性の場合はなかなか自分の財産を作りにくいものです。自分名義の資産を増やしたほうがいいと思います。

世帯資産と考えても、ローンの金利以上の運用ができればいいわけですから、5〜7%の運用を考えてみてはいかがですか?

日本、米国、欧州、亜の株式で運用する投資信託での運用をお勧めします。今ある投資信託も含めて配分を決めましょう。米ドル預金も外貨で運用するファンドにシフトするのもいいですね。

自分の老後のための年金作りと思って、15〜20年の長期運用をしてみてはいかがですか?

評価・お礼

猫娘さん

そうなんです。
私名義の資産を減らすのは避けたいと思っています。
自分の老後の年金は変額個人年金保険(スイス年金)をあてようと思っています。

やはり投資信託での運用がいいようですね。
検討してみます。
アドバイス、ありがとうございました。


リスクを最小にする考え方

2007/07/19 23:30 詳細リンク
(4.0)

>猫娘様、バームスコーポレーションの杉山と申します。

住宅ローンの金利をカバーするような資産運用はよいと思います。そのような運用方法を、ALM(Asset Liability Management)といいます。資産(Asset)と負債(Liability)を同時に管理(Management)しようとする考え方です。

ALMの考え方を適用すると、預貯金の位置付けが変わってきます。インフレで負債(生活費や結婚資金)が増えていくのと、ちょうど同じような利息・配当を産み出してくれる資産が堅実な資産運用。預貯金では少し足りないかもしれません。

資産運用のゴールは明確に設定されていますし、投資期間としても少なくとも10年は確保できるようですので、きっと猫娘様にあったプランが見つかると思います。

当社であれば、資産プランの特性に応じたシナリオ(最悪・平均・最良)をシミュレーションすることを通じて、猫娘様に最適なプランをお届けします。プランをしっかり決めてから金融商品をチェックするようにすれば間違いがないでしょう。

こちらで当社の考え方をご確認ください。
ステップ1はクリアされていますね。ステップ2〜4を考えればよいと思います。
<

評価・お礼

猫娘さん

ありがとうございます。
とりあえず、現在の資産運用が妥当とわかりました。さらに有利な資産運用をプランを考えてみます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

資産形成について sweetsmaniaxさん  2013-04-24 01:54 回答1件
短期間の資産運用について。 ちんすこうさん  2008-08-26 16:56 回答5件
初めての資産運用について ビッギーバックさん  2007-04-22 20:15 回答3件
老後に向けてのお金の運用について相談 porrokkaさん  2014-06-14 13:10 回答1件
長期/資産運用について G-SHOCKさん  2012-09-12 01:03 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

森本 直人

森本FP事務所

森本 直人

(ファイナンシャルプランナー)