石膏ボードの2枚張り - リフォーム・増改築 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

石膏ボードの2枚張り

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2007/06/05 15:40

家全体をリフォームする事にし、北海道なので暖かい家をと希望しました。外壁は既存の窯業系サイディングの上から金属サイディングを張りますが、室内側は既存ウレタンパネル断熱材の内側に石膏ボードを2枚重ね張りするそうです。石膏ボードの2枚重ね張りって2倍ボード代・手間賃を払ってもメリットが大きいのでしょうか。

ぼろちゃんさん ( 北海道 / 女性 / 48歳 )

回答:4件

あまり効果はありません

2007/06/07 14:12 詳細リンク

はじめまして、ノアノア空間工房の大塚です。
北海道の釧路で設計をした経験があります。
寒冷地仕様を色々調べましたが
石膏ボードの2重張りというのはなかったと思います。

もしかしたら違う意味で(防火措置など)
2重張りをする必要があるのかもしれません。
若しくは既存の石膏ボードをそのまま活かすという
意味かもしれませんので、一度業者さんと
お話ししてみてください。

回答専門家

大塚 泰子
大塚 泰子
(東京都 / 建築家)
有限会社ノアノア空間工房 代表取締役
03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

雰囲気、空気感―目に見えないものを、建築という“形”に

毎日何かを感じたり、気づいたり、安らいだり――あなたが自然体でいられる空間を作ることが私の仕事です。素敵な詩や写真、絵に出会ったときのような、わくわくする世界が感じられる建築を作っていきたい。それが私の目指す「建築」です。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


効果は少ないですが

2007/06/06 22:07 詳細リンク
(5.0)

ぼろちゃんさん。はじめまして。
竹内建設 竹内と申します。よろしくお願い致します。

耐火性や遮音性を上げるために石膏ボードを2重張りにするというのはよく耳にしますが断熱性を高めるため(暖かい家にするため)に2重張りにするというのは聞いたことがありません。効果は少ないと思います。
より熱抵抗値の高い断熱材に入れ換えるか、気密性の高い住宅にするといった措置の方が重要だと思います。
熱抵抗値という数値比較では、石膏ボードの熱抵抗値は常識的な断熱材の1/10にも及びません。2枚張りどころか10枚張りしても、断熱材を入れ換える、又は壁を2重にして新たに断熱材を付け足す方が効果はあると思います。
ただしそれを行うには、単純に石膏ボードを2重張りにするより費用が上がります。わずかな数値でも効果がないわけではありません。限られた予算の中で現状よりも少しでも、という意味では効果はあると思います。
熱抵抗値などと小難しい言葉を用いてしまいましたが、それが0.06上がることによってどれだけ暖かさを実感できるのか、感覚的な話ですので、正直私はお答えできません。
何もしなければ現状のまま、理想を言えば工事費が上がる、多少なりともといっても効果は未知数。難しいですね。
築年数にもよりますが、断熱材もかなり傷んでいるかと思います。仮に断熱材を入れ換える場合いくらかかるのか?等々、担当者の方とよく打合せを重ねて、理想のリフォームとなることをお祈りしております。

評価・お礼

ぼろちゃんさん

断熱性が良くなる訳じゃなさそうなので2枚張りは止めました。でも遮音性が上がるという事なのでオーディオルームだけ2枚張りにして貰います。
見積もりに2ヶ月、使う設備等のカタログや見本を見せてくださいと頼みましたが2週間たった今も持って来ません。打ち合わせを重ねるどころかだんだん業者に不満が溜まってきて再考中です。
回答有難うございました。


窓なども検討してくださいね。

2007/06/07 14:30 詳細リンク

こんにちは。

石膏ボードは、皆さん回答されているように、
効果がないことはないと思いますが、
私も遮音でしか二重張りをしたことが
ありません。

ウレタンパネルなら(厚みにもよりますが)、
断熱性能は高いと思われますが、
より高めるならば、
金属サイディングの断熱性能(多分裏打ちされている)
を上げる・内壁をふかして、断熱材を追加する・などが
考えられます。

また、壁以外、
窓をペアガラス・二重サッシュにする、
断熱戸をつける、
天井や床の断熱材を見直す、
隙間を気密テープで貼る、など、
全体的な見直しを是非してください。
リフォームを多くしていますが、
昔の家のほとんどは、床下の断熱があまいです。


施工上の理由だと思います。

2007/06/07 15:25 詳細リンク

今回のご質問の内容ですと石膏ボードを二重張りにするメリットは、
断熱性能ではないと感じます。

考えられるのは、既存のウレタンパネルに石膏ボードを一枚貼った場合
このウレタンパネルが下地になる施工ですと壁の不陸(平らでない事)や
継ぎ目の割れなどの発生を考えて二重にするのではないでしょうか?

業者さんはその事を考えての提案だと感じますが理由を確かめると安心
できると思います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

ドーム屋根のリフォーム 毎さん  2012-08-10 14:48 回答1件
DIYでの外壁の断熱について はるぞうさん  2012-03-14 00:10 回答1件
マンションの中でうちだけ、外にまで流れ出る結露 たまごんさん  2011-02-28 12:46 回答2件
リノベーションは高くつく?安くつく? ぽぽんたさん  2009-02-06 11:22 回答4件
断熱リフォーム medakaさん  2008-07-25 19:21 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)