住宅ローンの繰り上げ返済について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの繰り上げ返済について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/10/30 22:30

平成19年6月に2400万円を借り入れ、金利2.35%35年でローンを組んでいます。10年の減税にしました。
毎月の返済額が、83,881円ですが毎月返済額指定方式を使用利用しているので毎月15万円返済しています(毎月66,119円の繰上返済になります)

現在35歳の共働きです。繰上げ返済を考えており、来年、350万円、その後2年後に200万円するか、6年目に550万円するか迷っています。
10年の減税を考えるとどちらがいいのか迷っています。
まだ、2人で共働きなので今のうちに繰上げ返済をして、早めにローンを終わらせたいと考えています。
40歳までに手元にどのくらい貯蓄があれば安心でしょうか?

アドバイス宜しくお願いいたします。

さくらパンさん ( 千葉県 / 女性 / 34歳 )

回答:4件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの繰上げ返済について

2009/10/31 10:10 詳細リンク
(3.0)

おはようございます。

住宅ローンの繰上げ返済については、早ければ早いほどいいです。
40歳までに手元にどのくらいの貯蓄があればいいのかについては、今後の予定によります。まずは将来の予定や目標、夢などを書き出し、いついくらぐらい必要でそのお金をどのように貯めたら良いのかを検討してください。
一度、お近くの独立系のファインナンシャルプラナー(上級資格CFP保持者)に家計のシミュレーションを作成してもらうといくらぐらい貯蓄があるといいのかが明確になります。

株式会社FPソリューション
ファイナンシャルプランナー(CFP)
辻畑 憲男

評価・お礼

さくらパンさん

ありがとうございました。
もう少し具体的に将来の事を考えてみたいと思います。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

繰り上げ返済の件

2009/10/31 17:21 詳細リンク
(4.0)

さくらパンさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『繰り上げ返済を考えており、来年、350万円、その後2年後に200万円するか、6年目に550万円するかで迷っています。』につきまして、住宅ローンを組んでいる金融機関から発行されている返済予定表をご確認していただくとお分かりいただけますが、毎月の返済額は返済当初から完済するまで同額でも毎月の返済額に占めるローン利息の割合は、返済当初の方が多くなっています。

また、繰り上げ返済資金は原則として借り入れ元本にのみ充当され、それに対応するローン利息をそっくりそのまま差し引くことになりますので、繰り上げ返済をお考えでしたらあとからまとめて行うよりも、少しでも早い時期に行った方が有利となります。

尚、40歳までに手元に残す貯蓄額につきましては、これから予定しているライフイベントに不足が生じないことと合わせて、緊急予備資金などもある程度は確保しておく必要がありますが、具体的な金額につきましては、プランニングを行わせていただかないとアドバイスはできかねます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

補足

さくらパンさんへ

お返事をいただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて何よりでした。

尚、手元資金につきまして、例えばマイカーの買い換えを予定している方でしたら、生活予備資金プラス買い換え費用となりますので、500万円〜600万円程度は手元資金として必要になるものと思われます。

全く、ライフイベント資金の予定がないということでしたら、200万円〜300万円ほどは最低限、常時確保しておくようにしてください。

これからも分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

さくらパンさん

ありがとうございます。
手元貯蓄額に関しては、予備資金などを考えると実際平均的にどのくらいなのでしょうか?たぶん、このまま2人の生活ないなると思います

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

繰上げは早期の方が期間短縮の効果大!

2009/10/31 12:05 詳細リンク
(4.0)

さくらパン様へ

はじめまして、銀行実務経験を基にアドバイスしておりますFP事務所アクトの山中と申します。
今回、さくらパン様からのご質問につきましてお応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.ちば銀行オリジナルの住宅ローン(返済額指定方式)につきましては、
既に繰上げ返済を毎月実施されている状況と思いますが、この2年余りで借入期間短縮の効果はいかがでしょうか?毎月の返済額15万円は厳しくはないでしょうか?

2.そして、この返済額指定方式は途中で通常の元利均等返済方式へ戻すことが可能と思いますが、35年住宅ローンの内10年間の固定金利指定型(2.35%)と推測すれば11年目に金利を変動金利型若しくは固定金利型へ指定する必要があります。

3.又、10年間の住宅ローン減税(控除)を利用することを念頭に置きながら、
毎月の繰上げによる債務残高を見て可能であれば纏まった金額の繰上げは早期の方が期間短縮のメリットが有ると考えます。

4.尚、安心できる貯蓄額につきましては、
さくらパン様家のライフプランを分析して、目標に沿った資金計画を作成することがよいと思います。この様なライフプランにつきましても、住宅ローン同様にご相談をお受けさせていただきますので、ご連絡をお待ちしております。

(携帯)090-9313-0247
(電話)0120-06-3201
(メール)misao0001@jcom.home.he.jp

以上

評価・お礼

さくらパンさん

ありがとうございます。
住宅ローンについては、2人で働いているので月15万円は、生活に支障は、ありません。今は、主人の給料を光熱費・ローンにあてて、私のお給料を生活費・貯蓄に回してします。
10年後の固定金利期間が、終わった後は、短期間の固定で組んで早期に返済したいと思っています。
その為には、やはり早めのほうがいいですよね。

渡邊 英利

渡邊 英利
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローン、繰上げ返済のポイントは?

2009/11/02 18:21 詳細リンク
(4.0)

さくらパン様

はじめまして。
住まいの資金計画アドバイスを専門のひとつとしております、
ファイナンシャルプランナーの渡邊英利です。

まず、返済額指定方式で実質的に毎月繰り上げ返済をされている
という点、とてもよいお考えです。
住宅ローンの利息は、ローン残高に対してつくものですから、
残高が大きいうちに、早めに繰り上げ返済をして残高自体を減らす
ことは大切です。

ところで、さくらパン様の返済ケースでは、ご記載の前提条件が
変わらなければ、2回に分けて繰り上げ返済をする方が、
住宅ローン控除の額では総額約7万円少ない一方で、
完済時の利息の総額では20万円ほど少なくなるという試算となりました。
(あくまでも一定の仮定にもとづく簡易計算です)。

※次の前提条件をもとに試算してみました。
(1)返済額指定方式を今後も継続する
(2)適用金利が今後変動しないとする
(3)繰上返済額は該当年の年末にそれぞれ350万円、200万円、500万円を別途

ただ、やみくもに繰上げ返済をしても、その後の家計運営が苦しく
なってしまっては大変です。

上記の前提条件でそのままいけば46歳で完済できそうですが、
それまでに(お子様がいらしたら)教育費の増加、収入の変化、
により想定通りに返済が進まないかもしれません。

また、40歳時点で安心できる貯蓄額につきましては、繰上げ返済を
積極的に実行し、かつ家計の負担増に見舞われても現金が底を
つかない額、となりますが、それにはご家族構成やこれからの収支を
把握することが必要となります。

ご参考にしていただけましたら幸いです。

FPワタナベ ライフデザインオフィス
ファイナンシャルプランナー 渡邊英利

住宅ローンサポートパック
マイホーム取得後のキャッシュフローを見据えた相談ができる、
専門FPが住宅ローンにまつわる不安の解消をお手伝いします。

補足

お返事をいただき、ありがとうございます。
少しでもお役に立てましたようで、何よりです。

節目で家計状況を確認しながら、安心・納得の家計運営を
されていかれますよう、お祈り申し上げます。

評価・お礼

さくらパンさん

ありがとうございます。
具体的な例でわかりやすいです。控除の事よりも利息の軽減の方が、多いのですね。
これからの家族構成ですが、2人のままだと思います。
40歳を貯蓄の1目標にしていけたらと思っています

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

年収1150万住宅ローン5000万 のすのすはむさん  2014-05-09 08:58 回答2件
過剰な住宅ローンで今後が心配です 過剰さん  2013-06-13 12:54 回答2件
夫が義父母の住宅ローンの連帯債務者に ほんのきさん  2013-03-01 00:23 回答0件
繰り上げ返済のタイミングについて ゆうぱぱさん  2012-12-24 06:31 回答3件
住宅ローン借換えの金利選択アドバイスお願い致します あぼよんさん  2012-06-27 09:36 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)