生命保険って何? - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険って何?

マネー 生命保険・医療保険 2009/05/05 19:27

現在、生命保険の見直しを検討中です
37歳 男性 既婚です
まもなく子供が生まれる予定で、これまでの保障内容を見直そうと思ってます

いろいろな商品がでていますが、子供の生活・教育資金のため保障内容を大きくしなければと思っています
現在、40歳満期の生命保険(特定疾病特約等ついてます)、団体生命保険、共済に加入して2,200万円の死亡保障がついています
一つにまとめて保険料オフをはかりたいと調べていたのですが、収入保障保険というのがあると知りました
収入保障保険のメリット・デメリットを教えてください

ねこここさんさん ( 北海道 / 男性 / 37歳 )

回答:4件

釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

収入保障保険につきまして

2009/05/05 20:18 詳細リンク

ねこここ 様

この度はご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャル・プランナーの釜口です。
よろしくお願いいたします。

収入保障保険

【メリット】
世帯主に万が一があった時のお子さんの教育費・生活費を補填するという意味合いでは、一番合理的な保険です。
それは、死亡時必要保障額シミュレーションをしていただければ一目瞭然です。
しかも保険料が非常に安いです(タバコを吸わない方は更にえ割引があります)

【デメリット】
保険期間中に死亡リスクが非常に高い病気になった場合、総受取保険金額は毎年下がっていきますので、受取人の方が不安に思う可能性があります。
また保険金は毎月支払われますから、遺族の方の所得として税金が課税されます。
※毎月でなく一括で受け取ることも可能ですが、その場合総受取保険金額は下がります。


ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.bys-planning.com/

以上よろしくお願いいたします。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
堀池 泰 専門家

堀池 泰
保険アドバイザー

- good

収入保障保険のメリット・デメリット

2009/05/05 21:44 詳細リンク

ねこここさん、はじめまして。
元生命保険会社勤務の、Adual(アデュアル)堀池と申します。

一昔前は「終身保険500万円+定期保険特約4,500万円」というプランが主流でした。
ただ合計5,000万円もの保険が一定期間ずっと続くため、それなりの年齢になると保障が大きすぎてもったいない、という問題がありました。
その問題を解決するために出てきたのが逓減型の保険で、収入保障保険は型の分類上それにあたります。
具体的な仕組みは次のようになります。


例)年間の必要費用が500万円で10年の保障が必要な場合
1年目の必要保障額:500万円×10年=5,000万円
2年目の必要保障額:500万円×9年=4,500万円
3年目の必要保障額:500万円×8年=4,000万円




グラフにすると段階的に減っていく(逓減する)様子が分かりやすくなります。
また、不要になった保障分の保険料が安くなります。

さて、これを踏まえメリット・デメリットを考えると下記の通りです。


■メリット
・普通の定期保険に比べ保障内容が合理的で、且つ保険料が安い
・実際の設計方法は「月々○万円の収入を保障」といった形で設計するため、必要保障額(生活費)のイメージがしやすい
→生活費が30万円で公的保障が25万円の場合、5万円だけ収入保障保険を準備、等

■デメリット
・定期保険の一種のため、保障が続かない
・雑所得(※)として課税対象である
※雑所得=(年金年額+配当金)-年金年額×年金部分の保険料総額÷年金年額(※配当金除く) ×受取回数

税金に関しては保障額が小さい、または受取期間が長ければあまり問題ありません。
以上、お役に立てれば幸いです。

回答専門家

堀池 泰
堀池 泰
(神奈川県 / 保険アドバイザー)
Adual株式会社 代表取締役
0120-987-307
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

公的制度を活用しながら、無駄なく、リスクに強い保険商品を!

保険の総合プランナーとして保険の見直し、比較検討をお手伝いします。お客様に納得して選んで頂く事を第一とし、保険商品の仕組みから活用方法までを丁寧にお話しします。また、資産運用や相続対策に関しても保険商品の上手な活用方法をアドバイスします。

大村 貴信 専門家

大村 貴信
ファイナンシャルプランナー

- good

収入保障保険

2009/05/06 10:26 詳細リンク

ねこここさん様

はじめまして、保険給付に強いFP大村貴信と申します。

お子様の生活・教育資金のために保障をと考えられたこと、とても素晴らしいと思います。

その心がとても敬うべく、大切なことと思います。

ですので、その心に相応しい保険を見つけてください。

ご質問の収入保障保険についてですが、簡単に説明します。

ねこここさん様の収入(年収ベース)を決めて、それがある決めた歳まで続いたらいくらになるかを計算します。

つまり、20年後まで年収400万円としますと、400万円が20年と考え8000万円の保障が今あるとします。

10年後の保障は400万円が10年残っているので4000万円、残り1年では400万円となります。

しかし、10年保障期間があるので4000万円が残り10年ある仕組みになっているのが大半となってます。

まず、必要保障額を出すためにライフプランシミュレーションをしてください。

ねこここさん様にとって必要な保険が備わりますように。

回答専門家

大村 貴信
大村 貴信
(ファイナンシャルプランナー)
イーエフピー株式会社 ファイナンシャルプランナー、相続FP

保険の目的は給付をもらうこと。だから一生のお付き合いをしたい

「保険は人間の気品の源泉である」と福沢諭吉先生が「西洋事情」という著書で紹介された保険は、誰かの役に立つ・愛のある商品です。貴い真心とゆうきをもって夢に向かってお客様と一緒に保険を設計してまいります。

質問者

ねこここさんさん

保健期間について

2009/05/05 22:42 固定リンク

ありがとうございます
受取金額が減っていくということですが、子供の成長とともに補償額は減っていくと聞きます。
子供が18歳(自分が56歳)位までの保障でいいのでしょうか?
それとも妻が公的年金を受ける時まで必要なのでしょうか?
ちなみに現在は共稼ぎです

ねこここさんさん (北海道/37歳/男性)

質問者

ねこここさんさん

基本的なことかもしれませんが

2009/05/05 22:43 固定リンク

受取期間が長い=保険料が高いのでしょうか?

ねこここさんさん (北海道/37歳/男性)


収入保障か団体定期の選択

2009/05/05 23:18 詳細リンク

ねこここさん、こんにちは。総合保険代理店ファイナンシャルアソシエイツの藤井です。

まずは収入保障保険(家族収入保険、家計保障定期保険)のメリットとデメリットですが、

''メリット''
必要保障額を考える際に、遺族年金等の収入とのバランスで、月々足りなくなる分を保険金額に設定することで、納得感の高い保険加入が出来ます。

''デメリット''
保障額が時の経過とともに下がっていきますが、保険料は保険期間を通して同じなので、最初のうちは、保険料は割安に感じますが、保険期間が進むほど割高に感じるようになります。
その他、最初に将来に向けてのシミュレーションをして保障額を決定してしまいますので、インフレで貨幣価値が下がってしまった場合には、見直し(追加加入)の必要が出てきます。

この他、特徴として、保険金の受け取り時に雑所得として課税されるという点がよく上げられますが、月額としてせいぜい1万円程度ですので、予め多めに加入しておくか、いったん一時金で受け取った後、年金保険などに新規で加入して年金受取りに換えるなどの方法で対応が可能です。

今回、ねこここさんは、保険を一本化して、保険料の削減も図りたいとのことですので、団体生命保険一本にするのも選択肢でしょう。毎年と言わないまでも、必要に応じて減額していけば、収入保障保険と同じ効果があります。

さきほどもお話したように、収入保障保険は、最初は割安ですので、当初の保険金額を一時金受取り換算した金額の保険料と、同額の団体定期保険の割戻しを含めた保険料とを比較して、どちらにするかを決めては如何でしょう。当初は収入保障で、後から団体定期に換えるということで、保険料総額の削減を図ることも出来ます。

以上、参考になれば幸いです。

質問者

ねこここさんさん

ライフプランシュミレーション

2009/05/06 12:15 固定リンク

これまで全くしてきませんでした
何となく不安で個人年金加入したりと・・・

ライフプランシュミレーションのポイントってどんなことでしょうか

これから必要になるお金の動きということですよね
必要保障額の参考になる金額というのはありますか?

ねこここさんさん (北海道/37歳/男性)

質問者

ねこここさんさん

会社の団体定期保険

2009/05/06 12:19 固定リンク

ありがとうございます
会社の団体定期の申し込みの際、保障額と保険料を確認してみます

現在、500万円の保障で月払い2250円
年間 27600円で配当金16127円が昨年の実績でした

過去の実績を見ながら比較してみます

ねこここさんさん (北海道/37歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

夫の生命保険について教えてください。お願いします。 リコピンさん  2012-03-17 18:33 回答3件
生命保険見直し おつるちんさん  2015-01-03 00:26 回答1件
生命保険の保障額設定について たかとらさん  2014-05-14 16:03 回答1件
第1子誕生に伴い、夫の生命保険の検討 yukkoyukkoさん  2013-02-14 21:56 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)