生命保険、住宅ローン、金融資産のバランスについて - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険、住宅ローン、金融資産のバランスについて

マネー 生命保険・医療保険 2009/05/25 19:17

45歳のサラリーマンです。不景気の折、給与がダウンしたため、家計を見直し、生命保険(死亡保険)の解約も考えております。資産設計、家計についてアドバイスをお願いします。
【現状について】
・家族構成:夫(本人)45歳、妻45歳、子供無し
・収入:夫 年収額面930万円 手取り 約660万円
妻 年収額面300万円 手取り 約240万円
合計 1,230万円 900万円
・資産: 投資信託:約230万円(毎月10万円積立)
貯金:約170万円(毎月10万円積立)
マンション(2006年に5,300万円で購入。現在評価額6000万円程度)
・負債:住宅ローン 約4,500万円(借り入れ期間33年、平均金利約2.5%)
・生命保険:
?終身死亡保険 3000万円 予定利率4%(1987年加入) 被保険者 夫 月額保険料 10500円 受取人:夫の父
?共済保険 医療保障 1万円×180日 死亡保障 1200万円
被保険者 夫 月額保険料 7000円 受取人:妻
?共済保険 医療保障 5千円×180日 死亡保障 800万円
被保険者 妻 月額保険料 3000円 受取人:夫
※?、?は2008年に加入の掛け捨て

【ご相談内容】
1.生命保険の解約について
毎月の収支が厳しく、マンションの団体保険も加入しており、また共済での死亡保障もあるため?の終身生命保険について、解約又は払い済みとすることを検討しています。
予定利率が高いのでもったいない気もするのですが、アドバイスをお願いします。

2.貯蓄、投資信託、住宅ローンの繰上げ返済について
住宅ローンの借り入れ期間が33年と長いため、繰上げ返済をして返済期間を短縮したい一方で、今後、転職などで収入が減少の可能性もあり、手元資金を厚くしておいた方がよいだろうか、などとも考えています。こちらについてもアドバイスをお願いします。

momo1963さん ( 東京都 / 男性 / 45歳 )

回答:3件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

家計について

2009/05/25 19:48 詳細リンク

こんばんは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

家計全般を検討されたほうがいいように思えます。
保険については終身保険だけではなく、共済についても検討されたほうが良いでしょう。
保険は万が一のときにお金に困るから加入するのです。お金に困らなければ加入する必要はありません。まずは万が一のときにどのくらい保険でカバーしないとならないのか必要保障額を検討しないとなりません。その後に保険の改良の仕方の検討です。

住宅ローンについても繰り上げ返済の計画を立てて見ましょう。繰り上げ返済の方法には期間短縮する方法と毎月の返済額を軽減する方法があります。どちらがいいのかの検討も家計の今後の状況により変わって来ます。
繰り上げ返済をするか、貯蓄を残しておくのかについては、今後の予定と家計の収支を見てみないとなんともいえません。

一度当社、またはお近くのFPにご相談され家計のシミュレーションを作成すると将来の目安ができると思います。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

生保見直しの件

2009/05/26 10:17 詳細リンク
(5.0)

momo1963さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

質問1について
生命保険のうち死亡保障につきましては、万が一の場合の遺族保障が加入目的となります。
尚、momo1963さんの場合、ご夫婦共働きとなりますので、死亡保障につきましては必要性が乏しいと思われます。

よって、死亡保障部分につきましては、解約をしてその解約返戻金も住宅ローンの繰り上げ返済資金の一部に充当していただくとよろしいと考えます。

質問2について
ご質問の内容につきまして、文章だけでアドバイスを行うことは難しくなりますが、生活費として最低でも一年分プラスライフイベント資金程度は予め確保しておく必要があります。

尚、具体的なアドバイスにつきましては、多少費用がかかることになると思われますが、別途、ファイナンシャル・プランナーなど専門家あてにご相談してください。

以上、ご参考にしていただけますと幸です、
リアルビジョン 渡辺行雄

補足

momo1963さんへ

お役に立てて何よりでした。
また、高い評価をしていただき、ありがとうございました。

これからも分からないことがありましたら、ご相談ください。

リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

momo1963さん

アドバイスありがとうございます。
1年分の生活費はおよそ400万円程度でなんとかなりますので、生命保険を解約して住宅ローンを返済したいと思います。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

笹島 隆博

笹島 隆博
医療経営コンサルタント

- good

いやあ、これは・・・

2009/05/26 00:51 詳細リンク

目の回りそうな金融商品群ですね。
悪いことは申しませんから、どなたでも結構ですので、
居住地に近いアドバイザーに直接相談されることをお勧めいたします。
話が細かすぎて、この書面だけでは本当にあなたが満足する回答は得られないと思
います。勇気を振り絞って、どなたか一人に相談してみてください。
皆さん親身になって相談に乗ってくれますよ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険について まねまねさん  2009-10-01 13:54 回答5件
生命/医療保険の加入と資産運用 ここのとーさんさん  2010-03-24 01:00 回答4件
死亡保障は定期保険か終身保険か? oji123さん  2009-04-16 22:25 回答6件
住宅購入に伴う保険見直しについて ひできさんさん  2012-05-06 16:21 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

対面相談 鹿児島市保険の見直し訪問サービス
宮里 恵
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)