家計診断お願いします - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家計診断お願いします

マネー 家計・ライフプラン 2009/03/17 16:01

夫30歳 妻27歳
子 1歳

2人目を考えています。
過去6ヶ月の収入・支出の平均をとりましたが、2人目がうまれても継続して貯蓄できるのか心配です。
運用実績は株(-)と外貨預金(+)トータルで+0.5%です。
我が家の家計簿はプロの目からみてどうなのか、診断お願いいたします。

手取収入 309,000円
ボーナス 1,600,000円

保険(自動車・傷害・所得保障) 12,000円
学資保険(年一括払) 100,000円
社宅(駐車場含) 20,000円 交通費(ガソリン・高速代・帰省代含) 20,000円
光熱費 ( ガス・水道・電気) 16,000円
通信費 ( 電話・インターネット・携帯)11,000円
習い事 6,500円
食費・日用品(外食含む) 70,000円
雑費 ( 慶弔・新聞・医療・おむつ等) 65,000円
財形 10,000円
持ち株会 51,000円
↓貯蓄
財形 1,000,000円
持ち株会(直近株価で評価) 1,200,000円
その他株式(直近株価で評価) 450,000円
預金 7,300,000円
外貨預金 800,000円

・保険料を抑えるために会社の団体保険に加入しています。
・貯蓄は利子の良いネットバンキングに貯蓄用口座を作っています。
・電話代を抑えるために実家と同じIP電話・携帯の無料通話を利用しています。
・食費は買い物は週末のまとめ買いと、生協の配達を利用しています。
・外食は週1程度です。
・いつかは住宅購入をしようと思っています。
・ボーナスはほぼ全額貯金しています。
・投資信託での運用は考えていません。

運用がんばる!さん ( 神奈川県 / 男性 / 30歳 )

回答:5件

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

マイホームとライフプラン

2009/03/17 17:19 詳細リンク

運用がんばる!さんへ
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原です。

確かに家計は堅実そのものです。社宅の家賃が安いことが家計にもプラスに働いています。

今の社宅は、何歳まで入居することができますでしょうか。

マイホームを購入するとしたら、何年後でお考えでしょうか。ご予算はいくらくらいでしょうか。

それと、子どもさんの教育についてお考えのことがありますでしょうか。

マイホームを含めた方向性が、今後の家計管理の大きなポイントになってきます。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

考え方について

2009/03/17 17:46 詳細リンク

運用がんばる!様、こんにちは。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

過去6ヶ月の家計データをとられたとのこと。

ざっと拝見しましたが、社宅のため住居費が、それほど掛っていない点が、アドバンテージのようです。

ただし、もし社宅の入居資格が、何歳までと決まっている場合は、そのことを予め織り込んだ上で、キャッシュフロー表を作られた方が、よいでしょう。

キャッシュフロー表を作れば、住宅購入時期もイメージできるのではないでしょうか。

持ち株会については、ひとつの考え方ですが、勤め先と投資先が一緒だと、リスクが集中してしまうとの指摘もあります。ただし、詳しい内容やお考えが分かりませんので、あくまで、ひとつの考え方です。

個別の株取引については、わるくはないと思いますが、目標リターンを設定する運用は、やはり、分散投資が基本になります。

したがって、個別の株取引(時価45万)については、レジャー費に充当するための資金と位置付けてみてはいかがでしょう。

いずれにしても、資産運用は、メンタル面のコントロールが重要です。
また、マネープランには、アイデアが必要です。

いろいろとアイデアを出すことは、楽しい作業です。

必要に応じて、掛り付けの独立系FPと一緒にアイデア出しをされるのもよいでしょう。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2009/03/18 09:39 詳細リンク

運用がんばるさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『我が家の家計簿はプロの目から見てどうなのか、診断お願いします。』につきまして、家計簿データを拝見いたしましたが、特に過剰と思われる家計支出は見あたりませんし、保険は勤務先の団体保険を利用するなど、日頃から家計管理をしっかりとしています。

よって、家計支出につきましては、これからもこの水準を維持できるようしていただければ大丈夫です。

尚、毎月の積み立てにつきまして、住宅購入など、将来のライフイベントを考慮した場合、勤務先の持株会への積立金額はこの水準でいいのか再考していただくことをおすすめいたします。
例えば、持株会で積み立てた株式を住宅購入のための頭金に充当しようとしたときに、株価が購入返金価格を下回ってしまっていた場合、売却しづらいと思われます。

資産形成につきましては、将来予定しているライフイベントの時期も考慮したうえで、決定するようにしてください。

また、現在社宅ということもあり、毎月の住居費用負担も20,000円ほどで済んでいますので、近隣の家賃相場なども参考にして、住居費用負担の差額相当額を毎月積み立てるようにしてください。

そうしていただくことで、毎月の積立金額を今よりも大幅に増額することができるはずです。

運用がんばるさんの場合、収入のうえでも、また、社宅ということもあり、資産形成をしていくうえで恵まれていますので、今のうちにしっかりと貯蓄など行っておくようにしてください。

以上、ご参考にして頂けますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

家計の健全性は保てるものと推察いたします。

2009/03/17 16:32 詳細リンク

運用がんばる 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピー の吉野充巨です

お子様はこれから学習費などで支出が拡大し、お二人がお生まれになれば、やはり支出は増加します。
従いまして、現在の貯蓄額は維持できないものと予想できますが、
現在の貯蓄率が、手取り+天引き額約2,332,000(毎月の天引き貯蓄額+ボーナス)÷6,040,000(手取り額+天引き貯蓄額)×100=38.6%と極めて高率ですので、家計は順調に推移するものと拝察いたします。
現在の収入を維持されれば、お二人目のお子様を得ても家計が赤字になることは無いものと思われます。ちなみに、私がお勧めしている貯蓄率は収入の10から20%です。

なお、総務省統計局の家計調査によるデータを掲載します。収支の比率や収入階層別の貯蓄額等を参考としてください。

お二人目のお子様や住宅取得をお考えの由、それらの達成を図るため、将来計画の作成をお勧めします。

将来の夢や希望をご家族のイベント、例えば出産・進学、車・住宅の購入、レジャーや趣味などを費用とともに記載するイベント表と、収入・支出そして貯蓄額の年度推移を記入するキャッシュフロー表の作成です。また、ご自分達の保有する資産を確認するバランスシートです。

これらの表を作成しますと、家計の全体像と将来像が把握でき、夢や希望を実現するための、貯蓄目標も明確になります。

サンプルと作成手順をコラムで掲載しています。ご一読下さい
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/list/series/7802/

参考のため、お子様の教育費です
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30894


ファイナンシャルプランナー

- good

運用資金の使途を明確にしましょう。

2009/03/18 09:31 詳細リンク

運用がんばる!さん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

運用だけなく、家計管理もがんばっていらっしゃるようですね。

気になったのが毎月の財形と持ち株会の割合です。
「いつかは住宅購入をしようと思っています。」
との「いつか」が5,6年後でしたら、財形の割合を増やしたほうがいいと思います。

自社株の割合が大きいと、会社の経営状況が良ければ、収入も増え、自社株の評価も上がるでしょうが、その反対に悪化すると、吸入も減り、資産も減ることになります。
できればリスク分散という点からも業種の違う株を保有されたほうがいいかと思います。

また、外貨預金をされているようですが、同じ外貨で運用するのでしたら、債券や株式も考えたほうがいいでしょう。おなじ為替リスクをとるのであれば利回りの高いものでの運用をおすすめします。

投資信託での運用は考えていないということですが、投資信託であれば数多くの株式や債券での運用が可能ですよ。
人には任せず、自分で選ぶということですと、海外債券なども取り入れてはいかがでしょう?

といってもやはり、住宅購入時期次第では、運用資金は教育費と老後資金に限定したほうがいいかもしれません。

運用資金の使途を明確にしたほうがいいしょう。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

質問者

運用がんばる!さん

追加

2009/03/17 17:43 固定リンク

社宅は50歳まで入居が可能です。
転勤が多いので、当分は社宅にいると思いますが
12.3年後くらいにマイホームかなあと漠然と思っています。

予算も5000万くらいあれば家がかえるのかあ?
とおもっている程度です。

我が家の場合いくらくらいの家がかえるのでしょうか?

教育についてですが、高校までは公立と思っています。

運用がんばる!さん (神奈川県/30歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします chaariiさん  2008-08-29 12:47 回答5件
家計診断お願いします 草大福さん  2014-02-06 16:01 回答1件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
家計診断をお願いいたします apuapuさん  2010-08-16 17:31 回答6件
家計診断(保険、資産形成、教育資金、住宅購入)お願い到します 新米ママ検討中さん  2012-01-10 09:37 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

お気軽!無料メール相談

気軽にお金のプロに相談をしてみよう!

田中 佑輝

アルファ・ファイナンシャルプランナーズ

田中 佑輝

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)