確定申告での事業主借、事業主貸の処理は? - 税務・確定申告 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

確定申告での事業主借、事業主貸の処理は?

法人・ビジネス 税務・確定申告 2009/03/06 15:34

個人事業主です。会計ソフトを使用して白色申告する予定です。事業主借と事業主貸(所得税がかかる)は決算時はどのようになるのでしょうか。借りから貸しを差し引きできるのでしょうか。

グリーンロタラさん ( 京都府 / 女性 / 49歳 )

回答:1件


一般には相殺するでしょう

2009/03/07 09:15 詳細リンク

こんにちは。
「事業主借」、は、事業という単位の会計からみれば「借金」つまり「負債」ですね。
反対に「事業主貸」は、「貸付金」つまり、「資産」です。
決算においては、相殺しましょう。
相殺した結果、どちらか一方の残高が残ることになります。
この残高は、そのまま、青色決算書の、貸借対照表に「計上」したままで大丈夫です。
この「事業主借」も「事業主貸」も、事業の「会計」からみれば、「貸借関係」にすぎません。
つまり「売上」でも「必要経費」でもありません。
したがって、年末の決算で残高が残っていても、所得税の計算をする元の金額となる「所得金額」には影響しません。
所得金額は「売上」から「必要経費」を控除した残額ですから。
残高で、翌年に繰り越した「事業主借」または「事業主貸」は、別にあってはならないもの、ではなく、個人事業では普通に発生する「貸借」ですので、返せるときは返せばいいでしょうし、足りない時は「貸す」しかありませんから、発生した際に「記帳」し、また、決算で、いったん相殺すれば、特別税務上問題はありませんね。
必ずしも年末に決算で「相殺」しなくてもいいのですが、「相殺」したほうが、ある程度管理上「どうなっているか」「今後どうするか」が明確になりますから。
相殺は、「相殺仕訳」
(借方)事業主借 (貸方)事業主貸 を同額で仕分けします。
これによりどちらか多い残額だけが残るわけですね。
お分かりいただけたでしょうか。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

所得税青色申告決算書について oonaoさん  2012-11-19 23:50 回答1件
事業専従者(白色)の確定申告について おっトントンさん  2008-02-27 14:34 回答1件
自動車の売却損の計上につきまして sadasanさん  2016-04-11 21:32 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

平岡 美香

フードコンサルティング株式会社

平岡 美香

(マーケティングプランナー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)