課税売上高と申告する売上について - 税務・確定申告 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

課税売上高と申告する売上について

法人・ビジネス 税務・確定申告 2008/01/06 12:43

個人事業で軽自動車配送しています。委託者に支払う金額(税込)を外注費として経費計上(税込)すると、申告する課税売上高にはその金額は入らないのでしょうか。また、2年前が1000万円未満なら今年は申告もしなくてよいとのことですが、その場合、住民税などが上がったり国民健康保険代も上がるような気がします。実際は毎年手元にはいるのは、600万程度ですが、過去毎年、免税のことを知らず、売上計算も経費として落としておらず、5万円は払っていました。昨年は体調を崩しており、申告も税金も払いませんでしたが、特に何も言ってきませんし、不思議でなりません。また、現在までのもし、払いすぎていたとした、税金はどのようにすれば、還付されるのでしょうか。上記全質問についてくわしく教えて下さい。宜しくお願い致します。

マイくんさん ( 千葉県 / 女性 / 42歳 )

回答:1件

平 仁

平 仁
税理士

- good

消費税と所得税の違い

2008/01/06 20:43 詳細リンク
(5.0)

個人事業として配送業を営まれているとのことですね。ガソリン代の高騰に頭が痛いことだと思います。
まず、売上は総額で計上しなければなりませんので、入金と支払が同額であっても、委託した外注分の入金も売上になります。
2年前の課税売上額が1000万円未満であれば、消費税は免税になるので消費税の申告は不要ですが、所得税は申告しなければいけません。この時の課税売上高は、売上総額になりますので、手元に残った金額ではなく、入金した総額の売上で1000万円を超えているかどうかで判定して下さい。
1000万円の判定は消費税だけのことなので、住民税や国保には何の関係もありません。昨年は住民税や国保が大幅に上がったと思いますが、所得税の減税と住民税の増税がセットになった改正が行われたためでした。
昨年の申告をされていないとのことですが、今からでも構わないので、早急に申告をして下さい。延滞税は銀行金利の3〜8倍にもなりますから、お急ぎ下さい。ただ、無申告加算税が課される可能性はあります。税務署の調査は3年分をさかのぼって調査しますので、調査が入る前に対応されることをお薦め致します。調査が入ってからでは、わざと無申告であったとされて、重加算税を課される危険性もあります。
個人事業なので、法人と比べれば調査の可能性は低いですが、無申告となれば、調査の可能性が格段に高くなりますのでご注意下さい。
もし過去の分が払いすぎになっていた場合であれば、更正の請求の手続をとる必要がありますが、法定申告期限から1年間しか請求できないことになっていますから、還付請求ができない可能性が高いですね。1年を超えてしまっている場合には、その事情を嘆願書に書いて税務署長にお願いしてみるしかないでしょう。

評価・お礼

マイくんさん

迅速で適確な回答をいただきました。感謝致します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業の社会保険控除について panさん  2012-11-14 20:21 回答1件
国民健康保険の支払と確定申告 edenedenさん  2010-07-16 14:03 回答1件
自営業の確定申告について おせもこさん  2008-09-05 22:24 回答1件
法人税?について ゆそとさん  2008-01-30 01:09 回答1件
自動車の売却損の計上につきまして sadasanさん  2016-04-11 21:32 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料ホームページ診断

ホームページに来ない、ご注文・お問合せ行かない原因を探します。

古堀俊行

オフィスコボリ

古堀俊行

(ITコンサルタント)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

フェイスブックページお悩み相談

facebookで「困っていること」「やりたいこと」を何でも相談下さい。

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)