使う予定のない貯金の運用について。 - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

使う予定のない貯金の運用について。

マネー お金と資産の運用 2009/02/28 20:05

お世話になります。
使う予定のないお金が、銀行の普通預金に2500万円ほどあります。この運用のアドバイスをお願いいたします。
これまで株、FX、外債、外貨預金などで資産の運用は全く無く、せいぜい銀行の定期預金ぐらいでした。
預金してある銀行からは、資産運用のパンフレットが送られてきますが、いま一つ運用する気がしません。
周りでは、外貨預金や外債で運用している人もいましたが、金融危機後の円高で、大損している人もいます。
ハイリターンは望みません。安定して資産を運用できる運用先を教えてください。
よろしくお願いいたします。

yono233さん ( 愛知県 / 男性 / 39歳 )

回答:5件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

目的から運用先を考えてみては

2009/02/28 23:49 詳細リンク

yono233様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ご相談の件、まずは、お金の使い道から考えてみてはいかがでしょうか。

詳しい状況が、分かりませんが、例えば、マイホームの購入とか、リタイア後の年金の補てんとか、何か使用目的は、ありませんか?

仮に、この2500万円で、1〜2年後にマイホームを購入したいということであれば、銀行預金が最適でしょうし、10年以上先のリタイアメント資金として使用するなら、ある程度のリスクを取っても、分散投資を心掛けることで、比較的安定した運用が可能になるでしょう。

ポイントは、使用時期と目標金額を明確にすることです。

商品選択から入るのは、失敗の元です。

高いリターンを求めなくても目標金額に到達できるのであれば、むやみにリスクをとるべきではないと思いますが、近頃は、雇用不安や年金不安が高まっていますので、リスクに向き合わないリスクもあります。

運用先に、絶対的な答えは、ありませんが、ご自身の置かれた状況と不確実性の高まる時代を読みながら、複数の運用先を検討されることをおすすめします。

さらに詳しくは、個別にお問い合わせください。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

ご自身で判断ができる知識を身に付ける。

2009/03/02 11:12 詳細リンク

はじめまして、FPの岩川です。

安心して資産運用をするには、ご自身で最低限の判断ができる知識を身に付ける事です。
正しい情報を正しく理解ということです。

資産を殖やすには、「商品」の選択が重要と考えられています。(一般的には。)
しかし、実際は「商品」でなく、やり方・・「方法」です。

高性能なF1マシーンに乗れば、誰でも優勝できるわけではありません。

資産形成の場合、同じ商品でも、殖やす方もいれば、損する方もいるわけです。

資産の管理は、
運用できる期間、受け入れられるリスク(価格変動)、期待するリターンなどをもとに、
国内外の債券や株式を分散保有します。
この保有する配分で、安全なのか、リスクが高いのか、などが決まります。

預金のような安全と考えられている商品と同様のリターンを得たいのであれば、国内債券の比率を多くして保有すれば良いのです。

また、10年以上の長期間使わないのであれば、物価上昇を加味して、債券の他に、株式を少し保有すると物価に連動した資産形成プランができます。

債券や株式の配分で、価格変動が受け入れられるかを判断して、ご自身の資産形成プランを作成します。

以上のように考えますと、具体的に何が良いか、ここでは特定できません。

この様に詳細に計画を立てなければ、為替によって損失を出してしまったり、コストの高い商品を購入してしまい、なかなかうまく資産形成ができません。

2000万以上を預金だけならば良いでしょうが、ある程度目的に沿って価格変動する商品を検討するならば、徹底的に情報収集をし続けなければなりません。

一度、専門家に相談されるのも、選択の一つです。

ご不明な点やご質問があれば、気軽にご質問ください。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

分散投資でお考えを・・

2009/02/28 20:31 詳細リンク

はじめましてyono233さん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。

まだまだ日本では資産運用についての認識が低く、資産運用といえば投資ではなく投機的な株やFXなどが出てきますが、資産運用をするにはまず基本である分散投資です。

分散投資も直接現物の株式投資で分散されているという方もおられると思いますが、個人の資金では限度があります。

そこで投資信託で運用される事をお勧めします。
投資信託でしたら一銘柄の購入で分散投資がされていますし、1万円からでも購入できます。
1万円からと少額で分散投資がされますから、国や地域の分散も容易く出来ますね。

債券へ投資をした債券型投資ファンドと株式に投資をした株式投資信託、また不動産に投資をした不動産投資信託(リート)を組み合わせられて、リスク許容度に応じた資産配分をされると良いと思います。

あまりリスクを取りたくないのであれば、債券型投資信託の配分を多くする事が考えられますね。


また分散には時間の分散という事もあります。

現在保有されている資産を一時に投資をするのではなく、複数回に分けて資金移動される事でリスクも抑えられるでしょう。

しかし購入するファンドも短期的な運用を見るのではなく長期的に保有できるものを購入しなくてはなりませんから銘柄選びも注意をしなければなりません。


短期間で使う資金を投資信託で運用はされない方が良いので、購入の前に資金の運用期間、運用目的も決めておかれた方が良いです。

FP事務所などで運用目的などを相談されて、運用目的に合った運用先、運用商品を選びましょう。

吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

1 good

リスクの少ない金融商品をご紹介します

2009/02/28 20:39 詳細リンク

yono233 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

安定して安全な運用の対象として、
1.元本保証の商品として
ネットバンクの1年定期預金をお勧めします。、ネット銀行の預金保険制度の提唱ですので、元本1000万円とその利息は保証されています。
数行に分けて置けば、元本が確保でき1年ごとに元利を合計して預け入れをすれば複利の運用になります。

2.個人向け国債10年変動をお勧めします。
元本保証で、金利は長期金利-0.8%で将来の金利動向に追随しますので、手間が掛かりません。利息は半年に1回受け取れます。この利息で再度国債を購入すれば、半年複利の運用と同様になります。

リスクが低い運用対象として、

1.国内債券を対象とするインデックス・ファンドをお勧めします。
国内の債券が対象ですので為替リスクもなく、安定した運用が見込まれます。
そして、分配金なしのもの、分配金がある場合は再投資を指定しておけば手間が掛からずに運用が可能です。

私のHPにインデックス・ファンドを掲載しています。参照下さい。
http://www.officemyfp.com/idxfund-1.html

2.円のMMF(マネー・マネジメント・ファンド)をお勧めします。

短期の金融商品で運用しますから、元本割れリスクが低い公社債投資信託です(過去10年ではマイカル倒産の際に一部のものに元本割れが生じましただけです)。

購入後1月経つとペナルティなしで解約が可能ですので、普通預金代わりにもなります。毎日計算して月末に精算されます。従って毎月複利の運用になります。利回りは実績利回りですから、運用会社毎に異なります。
宜しければ下記にて比較ください(ページの下のほうに一覧が出ます)
http://markets.nikkei.co.jp/plan/ratelist.aspx
なお、主要各社の定期預金金利も比較できます。


ご自身でコントロールできるように

2009/03/01 06:48 詳細リンク

yono233様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

「安定して資産を運用する」することを金融商品自体に求めなければよいと思います。具体的には、損失を受けてもその痛みに耐えられる程度の投資に抑えておくこと。

2500万円のうち、500万円で投資を行うのと、2000万円で投資を行うのでは意味が違います。もし50%の損失になったとして、前者であれば損失は250万円、全体の10%ですが、後者であれば1000万円、全体の40%になります。もちろん儲けがあったときはその逆ですね。
こちらを参照してみてください

程度のよい、バランス型ファンドを選択して投資し、かつ、投資金額を一定以下に抑えておくというのが現実的な方法でしょう。

また、株式や投資信託自体が嫌だという人もいます。その場合は、
ワンルームマンション投資
なども考えられてはいかがでしょう。こちらもリスクはありますが、株式や投資信託とは違ったリスクになります。

当社のファイナンシャル・プランニングサービスをご希望される場合はこちら、上記商品の詳しいご案内が必要な場合には、こちらからご連絡ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

外貨(豪ドル)建て一時払い終身保険について 安定志向さん  2013-11-20 22:03 回答2件
資産運用について 猫娘さん  2007-07-19 14:48 回答3件
500万円の預け先と月々3万円の積立先を検討中です うさうさこさん  2007-12-29 23:17 回答5件
資産運用についてアドバイス願います! september30さん  2009-09-30 11:43 回答6件
外貨預金の不安と資産形成について よねやまさん  2008-09-17 01:18 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談 金融商品を買う前に申込むFP相談会
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)