老後資金を貯めるには・・・ライフプラン - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

老後資金を貯めるには・・・ライフプラン

マネー 家計・ライフプラン 2008/08/07 20:17

40歳男性です。
結婚し、子供も生まれ、住宅購入し、保険見直ししました。
今後は老後資金を貯めようと思っています。

貯金は数百万しかありませんが、
持株会投資月1万していますので、定年まで出金しないでやろうと思ってます。
保険も終身保険・家計保障・終身医療・終身がん入ってます。
個人向け国債・投資積み立て・個人年金保険
色々ありますが、初心者向けの老後資金貯めるための
ものは何がよいでしょうか?

はる513さん ( 埼玉県 / 男性 / 40歳 )

回答:5件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

国内外の株式と債券のインデックスFをお勧めします

2008/08/07 21:47 詳細リンク

はる513 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

投資の原則として、様々な実証研究によれば資産運用の成果の91%は資産配分によって決まると報告されています。従いまして、国内外の債券や株式への分散投資をお勧めします。
また、現代ポートフォリオ理論によれば、最も効率的な投資方法は、インデックス・ファンドをなるべく安く購入して、長期間保有し続けることとされています。

従いまして、私は、日本債券(国債)、日本株式、外国債券、外国株式、4資産クラスを対象とするインデックス・ファンド4本をに毎月積み立て購入されるようお勧めします。

例えば、4資産に均等配分では、長期的な期待リターンは4.3%でリスクは8.7%です。これは年間の運用成績の68%が-4.4%13.0〜+11.5%の範囲にはいり、最悪ケースでも、-13.1%に収まるという配分です。
リターンは低くなりますが、リスクを抑えるには、日本国債の比率を上げ、リターンをあげるには日本株式と外国株式への配分を増やすことでリスク・リターンをコントロールします。

私のHPに資産配分検討表とともに、年金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人、年金基金連合会や企業年金連合会の資産配分、そして各資産別の期待収益率を掲載しています。宜しければご一読下さい。
http://www.officemyfp.com/assetclass-1.html

インデックス・ファンドとETFは下記にリストを掲載しています参照下さい。
http://www.officemyfp.com/toushishintaku-7.html
http://www.officemyfp.com/ETF-1.htm


投資には初心者もベテランもありません。頑張ってください。

なお、9日土曜日に投資・運用の基礎知識セミナーを開催します。
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/35036

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

老後に備えた資産運用

2008/08/07 22:31 詳細リンク

はる513さんへ
こんばんは。ファイナンシャルプランナーの上津原です。

老後資金のこと、いろいろと気になるようですね。

はる513さんの場合、老後資金と教育資金との準備をほぼ並行して行うことになると思います。また、マイホームをご購入されたということで、住宅ローンを借りておられるのであれば、そのことが気になります。

もし住宅ローンがある場合、返済期間や借りておられる金利水準は分かりませんが、繰り上げ返済を定期的に行うことも安全運用のひとつといえます。
ただ、繰り上げ返済の後も、とっさの時に備えてある程度のたくわえが必要なのは言うまでもありません。

リスクをとった運用となると、投資信託の積み立てがお気持ちに合うのかもしれません。思うような結果が出ない時はやめることもできます。
投資を分かりやすくしたい場合は、日本株式の投資信託(TOPIXを運用指標とするもの)と外国債券(高格付け)の投資信託の組み合わせとなります。ちなみに老後資金の運用は、大まかにいうと株式:債券=4:6が運用のひとつの目安になります。
ただ、どんなに分散しても、サブプライム問題などの大きな経済変化があるときは、一時的に大きく元本割れをすることもあります。

じっくりとお金とお付き合いできるといいですね。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

おおまかな考え方をお知らせします。

2008/08/07 23:44 詳細リンク

はる513様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ご結婚され、お子様も生まれ、住宅も購入されたとのこと。
おめでとうございます。

ご相談の老後資金ですが、まずは、何歳ごろにリタイアをして、どこで誰と何をしていたいかイメージをふくらませてみてください。

イメージがふくらんだら、そのイメージを実現させるために必要な資金を考えてみてください。。。

その資金は、1千万円でしょうか、3千万円でしょうか、5千万円でしょうか。
今の貯蓄が、数百万円で、仮に目標が5千万円なら、少しリスクを取っていかなければなりませんね。

であれば、選択肢は、投資積み立てかもしれません。

もし、それが1千万円なら、あえてリスクを取らず、元本保証の金融商品で十分かもしれません。

本当は、もう少しお話を伺わないと、具体的なアドバイスは難しいのですが、おおまかな考え方は、こんな感じです。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

老後資金の件

2008/08/08 09:28 詳細リンク

はる513さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『初心者向けの老後資金貯めるためのものは何がよいでしょうか?』につきまして、40歳で老後資金対策まで行えるということですから、きっと資産形成の方も上手くいっているものと思われますが、老後資金対策に入る前に、一度『ライフプラン表』を作成して、お子様のこれからの進学予定やそれにかかる教育資金の確保、住宅ローン資金の繰り上げ返済資金の確保など、これからのライフイベント資金につきまして、目途がしっかりとたてられているかどうかを確認してください。

そのうえで、改めて老後資金対策を始めても、決して遅くはないと考えます。

また、リスク商品で金融資産を運用する場合、自分自身のリスク許容度を十分に知った上で、株式や投資信託などに投資するとよろしいと考えます。

以上、簡単ではありますが、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

恩田 雅之

恩田 雅之
ファイナンシャルプランナー

- good

長期の時間分散をされては

2008/08/08 16:10 詳細リンク

はる513 さん

はじめまして、FPの恩田と申します。

ご夫婦での老後資金の目安として60歳までに3000万円貯蓄しましょうと言われています。

はる513さんは現在40歳ですから60歳まで20年あります。

税金等を考慮せずに20年間複利運用したら毎年どのくらい積立が必要になるか試算しますと

3%で運用できた場合は、112万円(月9.4万円)
5%で運用できた場合は、 91万円(月7.6万円)
7%で運用できた場合は、 74万円(月6.2万円)

になります。

現在3%以上の運用が期待できるものは、投資信託と個人年金保険になります。
運用コストは概ね個人年金保険が投資信託より高くなります。

運用コストを安く抑えてることを考えた場合、インデックス型の株式投資信託がよろしいかと考えます。世界の株に分散するものや日本株で分散するものなどいろいろありますが、はる513さんが
値動きを理解し易いものを選択しましょう。

購入方法は、安値を狙って買うのではなく、毎月一定の金額を購入していく方法(ドルコスト平均法)で時間分散させましょう。

投資信託は1万円から積立ができますので、勉強の兼ねて1,2年、少額から始められたらいかがですか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

資金運用について (教育資金、老後資金の為) gomagomaさん  2011-08-09 20:30 回答5件
家計診断(保険、資産形成、教育資金、住宅購入)お願い到します 新米ママ検討中さん  2012-01-10 09:37 回答3件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
今後のライフプランについて oiak3535さん  2011-04-23 01:06 回答3件
家計診断 だんなさまのお小遣い とださん  2009-04-19 21:15 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)