円高に強い資産 - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

円高に強い資産

マネー 投資相談 2008/07/17 00:04

諸先生方

こちらでいろいろと勉強させていただいて分散投資に心がけています。毎月可能な額を積み立てで、日本株式、先進国株式、先進国債券、新興国株式、新興国債券、国内REIT、海外REIT、商品のいずれもインデックスファンド(STAMシリーズ、ないしは、日興の年金積立)をしています。日本株式、先進国株式、先進国債券を中心に残りの資産クラスはそれぞれ5%程度のイメージです(新興国株式は10%)。

商品インデックスはユーロ円債なのでいいのですが、その他の資産は、円高になるとすべからく下がってしまいます(日本株式も・・・)。

分散の工夫として、円高になるとあがるインデックスファンドというのはあるのでしょうか?ユーロのMMFでしょうか?

それともアメリカが世界経済の中心であることは紛れもない事実なので、円高による海外資産の目減りは甘んじて我慢しろということでしょうか。

本来であれば、自国通貨が強くなることはその国が豊かになることなのに、何かがおかしいなあといつも思っています。

恐縮ですがご教示いただけるようよろしくお願いします。

バングラキッズさん ( 東京都 / 男性 / 43歳 )

回答:2件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

通貨の交換レートと資産の換算の関係

2008/07/17 15:10 詳細リンク

バングラキッズ 様

CFPの吉野です。

円高に際してあがるインデックスは現在のところ有りません。
通常バングラキッズ様も預貯金などで円を保有されているので、トータルでは変化がありません。
円資産+ドル建て資産になりますから、全てをドル換算しますと、円資産の分の価値が上がっていますので、ドルでは金額が増えます。

同じように、円資産+ユーロ資産でも同様で、ユーロに対して円安になれば、ユーロ換算では資産の額が下がり、円換算であれば円の資産額は下がります。
たまたま現在はユーロに対して円が横ばいなので、ユーロ円債はすがっていませんが、ユーロに対して円高になることもありえます。

従いまして、どのような比率で円と外国通貨建て資産を持つかがキーになります。
円と外国通貨と汎場に保有されても、ドルとユーロでは変動率が異なりますので、絶対的な決め手にはなりませんが、ある程度通貨分散することで為替レートの影響を和らげる人ができます。

宜しければ此方のコラムをお読み下さい
ビックマック指数について書いています。何かの参考になればと思います。
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/31166

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

ドルが売られて・・・

2008/07/17 07:40 詳細リンク

こんにちは、バングラキッズさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野です。


円高になって下がってしまうのには、2つの理由があります。

日本は輸出をすることによって収入を得る部分は多いので、円高になるとその分は収益が減ってしまいますよね。
ですから、日本株などはインデックスファンドのような日本全体を買っていると下がってしまうでしょう。
反対に輸入で収益をあげるようなセクターへ投資したファンドなど保有するのもリスク分散のひとつですよね。

もうひとつの理由として為替の影響がありますね。
現在は、日本の通貨が強くなって円高になったのではなく、ドルが売られているので円高になってしまっているのです。
今回の場合は、サブプライムローンで比較的世界規模で影響が出てますが、日本は影響が少ない方だといわれます。

外貨で投資している場合は、円高になれば円換算した時の価額は下がってしまいます。
また、為替ヘッジされているファンドもありますので、そういったものへの投資も考えられますね。

今回の世界同時株価下落は、大きな問題ですよね。
長期で保有していくと、運用益で為替差損なども緩和されていきプラスに転じる時期が来ると思います。

短期間の運用は、リスクの少ない商品で、長期で運用できるものはリスクを伴ってもリターンが期待できるもので運用するように心がけましょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
投資信託 おコメさん  2010-02-08 13:15 回答4件
確定拠出年金の配分について えだまめこさん  2008-11-13 13:26 回答3件
資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
証券会社から投信の買い替えをすすめられています。 あかねakaneさん  2011-03-01 14:26 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)