証券会社から投信の買い替えをすすめられています。 - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

証券会社から投信の買い替えをすすめられています。

マネー 投資相談 2011/03/01 14:26

金融商品については、勉強不足でよくわからないままに、証券会社さんにすすめられいくつか購入しました。
わかっていないのでそのまま持ち続け、かなり損が出ています。
後数年で夫が定年なので、老後のことも考え資産運用をしなければと思っています。

現在、資産の半分は定期預金などです。日本株が24%、外国債券が9%、日本リートと外国株式が少し。
残りの15%ほどが投信です。内訳は世界各国の七つの資産に分散投資をする投信がほぼ80%、世界の転換社債に投資するグローバルCBが15%、日本株投信が5%です。

これらの15%の投信を売って次のような投信をすすめられています。高利回り債権・優先証券・不動産関連証券の3つに投資するハイブリッド3分法ファンド、新興国の社債国際に投資するニューワールド債権ファンド、USリートファンドです。

私なりに調べたところでは、ETFが手数料が安くて良いように思うのですが、たくさんあるのでどう選んでいいのかわかりません。
そうなると証券会社さんのおすすめにまた戻ってしまうのですが・・・

資産をきちんと把握して、もう少し自分で考えられるようになりたいと思います。
よきアドバイスをお願い致します。

あかねakaneさん ( 京都府 / 女性 / 57歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

9 good

証券会社から投信の買い換えをすすめられていますについて

2011/03/01 16:31 詳細リンク
(4.0)

あかねakaneさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『これらの15%の投信を売って、
次のような投信をすすめられています。
高利回り債権・優先証券・不動産関連証券の3つに投資するハイブリッド3分法...。』につきまして、

まず、現在保有している投信につきましては、
証券会社からすすめられて購入したにもかかわらず、
『そのまま持ち続け、かなり損が出ています。』
ということですし、

さらに、今回乗り換えをすすめられている投資信託につきましては、
あかねakaneさんが今の投信から乗り換えることで、
将来、儲かるかどうかは分かりかねますが、

今の時点で分かっていることとして、
乗り換えをすすめている証券会社にとってみれば、
1.販売することで、販売手数料が入りますし、
2.あかねakaneさんが、投信を保有し続けることで、
証券会社にとっては、
割高な信託報酬手数料が継続して入ってくることになります。

また、
『後数年で夫が定年なので、老後のことも考え資産運用をしなければ...』
ということですが、
ご主人様が後数年で定年を迎えるということですから、
運用できる期間につきましては、
年齢的にも若い方とは違って、
あまり長期での運用はできませんので、

基本的に価格変動リスクなどのリスクが伴う、
金融商品での運用につきましては、
今後は減らしていって、
定期預金など、
元本割れすることがない金融商品へ
移行していくことになります。

よって、少なくとも証券会社から、
提案されている投資信託などへの乗り換えにつきましては、
あまりお勧めはいたしかねます。

尚、証券会社から提案されている投信に比べたら、
あかねakaneさんがご検討されている、
ETFの方が、
売買手数料も安く済みますし、
信託報酬手数料もかからない分、
また、投資先が分かり易いという点からも、
証券会社からすすめられている投信よりも、
優れていると考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

会社
商品
購入
プランナー
証券

評価・お礼

あかねakaneさん

2011/03/01 18:06

早速お答えを頂き、ありがとうございます。
確かに証券会社のおすすめは、証券会社にとってのおすすめだと思っています。

安全資産の比率を高めていくようにしなければいけないのですね。
何をどのくらいの割合にすれば、どういう結果が予測されるのか
わかるとよいのですが・・・
勉強してみます。

渡辺 行雄

2011/03/01 18:18

あかねakaneさんへ

お返事いただきありがとうございます。
また、多少なりともお役に立てて、何よりでした。

尚、あかねakaneさんがご記入されている
『何をどのくらいの割合にすれば、どういう結果が予測されるのか』
につきましては、
1.マネーポートフォリオ。
2.キャッシュフロー表。
などを作成することで、

『老後資金』としての資産配分へと、
毎年少しずつ、
検証しながら、
無理なく移行していくことができます。

また、これからもマネーに関することで、
分からないことがありましたらご相談ください。

以上、リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

5 good

すすめられるがままは、やめましょう

2011/03/01 16:37 詳細リンク
(5.0)

あかねakane様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(FP)の森本直人と申します。

ご相談の件、まず言えるのは、「商品選び」の前に、「計画」を立てるべきということです。

というのも、金融商品には、それぞれリスク、リターンなどの特性があり、「良い商品」という基準で選び始めると、永遠に答えがでなくなってしまうからです。

確かに、ETFは、信託報酬を安くできるメリットなどがありますが、ゆえに「良い商品」と決めつけるのは、個人的には、問題があると思っています。

実際、ETFに投資をして、大損したという方も少なくありません。

なお、ここでいう「計画」とは、運用目的、期間、目標利回り、運用開始後のリバランス等々の方針を決めることです。

その「計画」に従って、リスクをコントロールしていきます。

もし、具体的なアドバイスが必要でしたら、個別にお問い合わせいただけると幸いです。

それと、最後に付け加えると、証券会社さんにお任せしていますので。。。
という方は、実際、多いのですが、証券会社と取引している皆さんは、まちがいなく、個人投資家ですので、やはり、その自覚を持たれた方がよいと思っています。

もちろん、担当FPの言いなりというのも、よくありません。

ご参考です。

商品
ファイナンシャルプランナー
計画
ETF
投資

評価・お礼

あかねakaneさん

2011/03/01 18:16

早速お答え頂き、ありがとうございます。

本当に計画を立てることが必要だと思います。
計画を立てられるようにいろいろ勉強して考えてみます。

森本 直人

2011/03/01 18:49

あかねakane様へ

コメントありがとうございます。
まずは、計画からですね。
ちなみに、ファイナンシャルプランナー(FP)は、直訳すると、「お金の計画を立てる人」です。

そのために、この職種が存在していますので、もし一人で計画を立てることに不安がある場合は、一度、相談してみてください。

なお、もしその場合は、いきなり答え、を教えてくれるFPではなく、答えを導くためのプロセスを教えてくれるFPの方がよいと思っています。ご参考です。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

(現在のポイント:10pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
インデックス投信とETFの違いについて gonyamaさん  2007-06-23 02:25 回答3件
資産の運用について bananaman1009さん  2013-04-12 19:32 回答1件
投信を考えています yanchanchan2さん  2010-10-15 11:00 回答1件
投資信託を始めようと思っています 鍵街の葵さん  2010-05-30 15:57 回答7件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

国内外の金融商品を用いた資産運用

特に、海外金融商品を用いた資産運用への取り組み方

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 投資信託「最適診断」
荒川 雄一
(投資アドバイザー)