家計簿の必要性について。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

家計簿の必要性について。

マネー 家計・ライフプラン 2008/07/16 11:24

こんにちは。
結婚して半年が経ち、月々の生活費も安定してきたのを機会に、主人が家計簿をつけてみたらと言うのですが、私はつけたくありません(仕事で、毎日事務の帳簿を付けているので、家庭でまでつけるのは面倒なので)。

主人39歳 私33歳

家計状況としては
・世帯年収:額面1,500万円(夫婦共に正社員)
・予定年間貯蓄額500万円は超えます→私の月給+主人の賞与は全て貯金しています。

金融資産
・夫婦合わせて4,500万円(定期・株式・保険等々)

不動産
・マンション5,000万円(完済済み)

と言った内容です。

毎月、主人の手取り月給47万円(ガン保険 6,000円・財形2万を差し引いた金額です)で、生活していますが、お互い特に何も我慢することなく、楽しく生活しています(自動車保険・固定資産税・帰省費用なども貯金からではなく、主人の月給+私の賞与から支出しています)。

このような家庭状況ですが家計簿は必要でしょうか?
家計は小さな会社の様な物だと言われれば、必要は有るかな?とは思いますが、貯蓄もそこそこ出来ておりますし、今後子供の予定も無いので、今の貯蓄ペースを守ればそんなに細々とした家計簿は必要無い様な気がするのですが・・・。

因みに、家計簿はつけていませんが、領収書の類は全て保管してあるので、1ヶ月の大まかな家計の内訳は把握しています。

こんな我が家ですが、専門家の方から見て家計簿をつける必要が有ると思われますか?

中々、この類の質問はお友達には聞けないのでこちらで質問させていただきました。

ご回答頂けると嬉しく思います。

クラーピアスさん ( 兵庫県 / 女性 / 32歳 )

回答:7件

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

安心してお金を使う道具として家計簿をとらえる。

2008/07/16 11:39 詳細リンク

クラーピアスさんへ
こんにちは。ファイナンシャルプランナーの上津原です。

私も前職で財務管理をしていましたから、クラーピアスさんのお気持ちも分かります。事務職はかなり神経を使いますので、家ではできるだけ数字をみたくないのでしょう。

結論から言うと家計簿はつけたほうが良いと思います。

家計簿で現状把握することは、化粧をされる前に鏡でお顔を見るのと同じことです。お顔を見ずにあなたをよりよく見せる化粧はできないでしょう。

かといって、あまり細かくつける必要はありません。ごくシンプルなものでよいと思います。領収書を保管しているのであれば、領収書やレシートの末尾に管理する費目のその月の累計額を書かれてそれで家計簿代わりとしてもよいと思います。ただ、いちいち領収書の束を引っ張り出すわけにはいかないので、できれば大学ノートなどに記入したいですね。
ご主人にもつけてもらって、連結決算家計簿にしても良いかも。

家計簿はご夫婦が安心してお金が使えるようになるためのツールと心得てください。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

家計簿について

2008/07/16 19:16 詳細リンク

こんばんは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

現状特に改善しなくていいのであれば、家計簿をつけなくてもいいと思います。ただし、今後の予定などは夫婦で考えておき、いつ幾らぐらい必要なのか、そしてそのお金をどのように貯めるのかについては検討しましょう。その目標に対して達成できているかのチェックは必要でしょう。
1年に一回は将来の収支、貯蓄残高がわかるキャッシュフロー表は最低限ファイナンシャルプランナーに作ってもらうといいでしょう。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

家計簿の考え方と将来計画作成のお勧め

2008/07/16 19:20 詳細リンク
(4.0)

クラーピアス 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

家計はとてもシンプルな構造です。
1.収入 - 2.支出 + 3.( 資産×運用利率) = 4.貯蓄(年間の増・減)
で表されます。
私は、家計簿は、これらを把握しとお金の効率的な使い方を考えるためのツールと考えています。大まかでも上記が把握され、収支が良好であればつける必要性は少ないものと考えます。

ただ、ご主人がつけるようにお話になったのは何かが有るからと思います。単に将来の不安からかも知れませんし、住宅の買い替えや、起業などために、より多くの貯蓄を必要とされているのかも知れません。一度確認を為られてはいかがでしょう。

私は、むしろ将来計画の作成をお勧めします。
お二人の将来の夢や希望とご家族のイベント、例えば、出産・進学、車・新しい住宅の購入、起業やレジャーや趣味などを費用とともに記載するイベント表と収入・支出そして貯蓄額の年度推移を記入するキャッシュフロー表の作成です。
また、現在の立ち居地を確認するために、ご自分達の保有する資産をバランスシートに記載下さい。
これらの表を作成しますと、家計の全体像と将来像が把握でき、夢や希望を実現するための、収支と貯蓄目標も明確になります。サンプルを私のホームページに掲載しています。宜しければ参照ください。
http://www.officemyfp.com/planningtool.htm

評価・お礼

クラーピアスさん

こんばんは。
ご回答いただきまして有難うございます。

起業の予定は双方全くございませんし、私に婦人科系の疾患が有るため、出産は全く考えておりません。

夢や希望は「現状維持!!」と小さいですが、これにつきます。

信頼できるFPの方を見つけて、「現状維持」と言う夢と希望を叶えられるようにしたいと思います。

それでは、今回は本当に有難うございました。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

表計算ソフトが便利です。

2008/07/17 12:17 詳細リンク

クラーピアス様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ご相談内容、拝見しました。

家計簿の件、あまり大げさに考えなくても良いと思いますよ。

ちなみに、私の事務所にご相談に見える皆さんには、必ず、「家計簿」をつけてきてもらっていますが、必要最低限の情報を知るための超簡単なひな形ですので、ほぼ全員の方が作成してくれています。

「家計簿」は、会社の「帳簿」と違い、法律上の決まりは、いっさいありませんので、作り方は、まったく自由なのです。

毎日つけられる方は、それでもよいのですが、私が提案している「家計簿」のひな形は、推定簿記の手法を使えば、年1回の集計でも、ざっくりと年間のお金の流れをつかめるようになっています。

もしご興味がありましたら、私の事務所のホームページでご案内していますので、ご参考にしていただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計簿の件

2008/07/17 22:33 詳細リンク

クラーピアスさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『こんな我が家ですが、専門家の方から見て家計簿をつける必要性があると思われますか?』につきまして、家計簿をつける主な目的として、毎月しっかりと貯蓄をしていくために、無駄な家計支出をチェックする。また、家族構成の変化などに伴い家計管理をしっかりと行うためなど、家計簿をつけるためにはそれなりに目的があります。

クラーピアスさんの場合、ふたり合わせた年収金額1,500万円のうち、約33%相当額の500万円は貯蓄に充当されていますし、住宅ローンは完済。

また、金融資産も4,500万円ほど確保されていますので、家計簿をつけるよりも、上手に資産運用するためにも金融資産を管理していく方が今後は遙かに重要になってくるものと思われます。

これからはライフプラン設計をとおして、ご希望でしたらアーリー・リタイアメントの実現など、これからのライフイベントをご夫婦で話し合ったり、ライフイベントを実現するための資金対策などに重点をうつしていくことで、更に楽しい人生が送れると考えます。

以上、話が少し脱線してしまいましたが、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

恩田 雅之

恩田 雅之
ファイナンシャルプランナー

- good

家計簿は収支を把握する1つの手段です

2008/07/16 11:31 詳細リンク

クラーピアス さん

はじめまして、FPの恩田と申します。

家計簿は収支を把握する1つの手段です。

クラーピアスさんは領収書の類を全て保管されていますので、収支計算した時に使途不明金が
ほとんど無いようでしたら今の管理の仕方で問題ないと考えます。

もし、使途不明金が多く出るようでした何ヶ月か家計簿をつけてみてはいかがですか。

それよりも将来に向けてのライフプランをしっかり立てられて、貯蓄する目的を明確にされたら
いかがですか。

また、ご主人が老後など今後の生活に漠然と不安をもっていて、家計の管理をしっかりしていかなければならないと思っているのかもしれませんね。

その点も踏まえてご夫婦で相談されてライフプランを作成することをお勧めします。


家計簿について

2008/07/16 12:02 詳細リンク
(4.0)

クラーピアスさん
はじめまして、FP&マネーセラピストの鷹野えみ子です。

家計簿つける目的は色々あると思いますが
使途不明金をなくすこと
お金の流れを知り、収支を把握すること
目標を持って貯蓄するために改善点を見つける
など人それぞれ異なるかもしれません。

今の状態ですと、おおまかな状態を把握なさっているということなので
つけなくてもいいとは思いますが、

ご主人が、つけてみたら?とおっしゃる理由は何でしょう?
今の生活に安定して満足されていらっしゃるのは、家計を見ても
わかりますが、何か意図があるのでしょうか?

男性と女性は考え方や感じ方が違うものです。
女性は感覚的とか感情的に安心だと感じられるのですが
男性の場合、きちんとしたデータや数字によって視覚的に安心感を得られることが
多いのです。
これは推測に過ぎませんが、数字を見てみたいと思っていらっしゃるのかもしれません。

ご主人にその辺を聞いてみるといいと思いました。

家計簿はつけないよりはつけたほうがいいと思います。

評価・お礼

クラーピアスさん

ご回答いただきまして有難うございます。

家計簿については、多分私が結婚当初、興味で購入していた主婦雑誌(サンキュ●)などに登場する奥様達が皆さん家計簿をつけられていた事と、彼のお母様がつけられていたため、つけることが当然だと思っているようです。

ちなみに、私の実家では家計簿なるものは存在しませんでした(両親の年収も我が家の2倍以上有りますが・・・)なので、家計簿ね〜という感じです。

領収書は項目(支出科目)ごとに分けて毎月ファイルしているので、家計簿をつけたいので有れば主人自身につけてもらおうと思います。

おそらく、直ぐにやめると思いますが。。。

今回は、素早い回答をしていただきまして有難うございました。

質問者

クラーピアスさん

FPの方に是非相談したいのですが・・・

2008/07/16 23:37 固定リンク

こんばんは。

大まかなライフイベントは作成しているので(と申しましても、子供にかかる支出は予定していないので、現状は自分たちの老後資金を貯めているだけです)我が家のマネープランをFPの方に相談したいと考えています。

ただ、生憎プチ田舎に在住しているためFPの方と言っても、独立系で活動されている方がいらっしゃらないのですが(探せばいらっしゃるのかも知れませんが)、こう言った相談はメールや電話でも可能なのでしょうか?

ちなみに、従兄弟が某保険会社所属のCFPですが、保険を勧められるだけなので(現に私は結構入っています。。。)お金がかかっても、我が家のマネー相談は、独立系のFPの方に相談したいと考えています。

クラーピアスさん (兵庫県/32歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
赤字家計の我が家で改善できること momoirosangoさん  2010-11-04 16:53 回答3件
妻が失業、再就職先の収入は激減&不確定… ヌートリアンさん  2012-01-19 22:43 回答1件
現在の家計について yuri1206さん  2011-08-22 20:09 回答2件
家計診断と保険 草食動物さん  2008-07-26 15:21 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

プチ・ライフプラン設計(提案書付&キャッシュフロー表付)

将来のお金のことが心配ではありませんか?キャッシュフロー表で確認出来ます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

マネー相談(2回目以降)

ライフプラン・資産運用・保険・住宅購入など

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)