音楽を中心にした家にしたい - 住宅設計・構造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

音楽を中心にした家にしたい

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/07/10 11:55

一軒家を建てるにあたり、妻の実家からグランドピアノを運びいれることになり、それならばと、僕も念願のサクソフォンを習い始めることにしました。新しい家は音楽を思いきり楽しめるようにしたいと思っています。音楽を中心にした家の事例があれば教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:5件

音の反響

2008/07/10 12:40 詳細リンク

住宅を防音にしようとすると、壁・床・天井・開口部などそれぞれ吸音材や防音材を使用したりしますが、単純に外部に音漏れがしなければよいわけではなく、音楽をされる方にとっては室内環境が重要です。

防音室にはユニットタイプと部屋全体を防音室にするタイプがありますが、ご家族でグランドピアノやサクソフォンを楽しまれるなら「YAMAHAのスペシャル音場 フリータイプ」の導入がオススメです。

音楽の練習も長時間に渡ると「無反響室」では三半規管あたりが気持ち悪くなったり、逆に音の反響が大きすぎるとエコーのような響きで疲れたりしますので、自然な音の反響は音楽家に最も望まれるポイントとも言えます。

私の妻もピアノが趣味ですが、消音装置付きのピアノでは音の体感が出来ないので弾いた気がしないそうです。

近隣や時間に関係なく、趣味を楽しめる家になるといいですね。


参考HP ヤマハ http://www.yamaha.co.jp/product/avitecs/product/free/spec.html


やすらぎ介護福祉設計 斉藤

回答専門家

斉藤 進一
斉藤 進一
(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

音響計画

2008/08/04 10:55 詳細リンク

私も楽器演奏するのが趣味なので、音楽スタジオや音が出せる住宅は私の得意分野です。

楽器演奏で音楽を思いきり楽しめる家を作るには、
・音を外に漏らさない遮音性能
・快適に演奏できる音響性能
の両方が必要です。


楽器はとても大きな音を出すので、音を家の外に出さない、遮音が必要です。

遮音性のある家をつくるには、4方の壁、屋根全ての面で一定の遮音性能を確保することが必要で、スキマや弱い部分があると、そこから音が漏れてしまいます。
窓や扉の開口部は注意が必要です。

壁の遮音性能は、一般に重い壁ほど遮音性能が高く(重量則)、従って木造の壁よりRC壁の方が遮音上有利です。

一方、2重壁にして間に音が伝わらない空間を作ると性能が上がり、軽い壁でも遮音壁をつくることができます。


室内側にRC壁やガラス面があると、音を強く反射し、残響が多く、うるさく感じる部屋になります。
床にカーペット、壁・天井に厚手カーテン等吸音性の高い材料で覆うと、残響が小さくなります。

楽器を快適に演奏、練習するためには、この残響が非常に大きな要素です。
残響が小さすぎると、不快(下手に感じる)で、不安となります。
残響が多すぎると、部屋が大きいと風呂屋のようで一見気持ち良いですが練習にならないし、部屋が狭い場合うるさくて不愉快です。

快適に演奏するには、部屋大きさに応じ、各面の反射をコントロールして適度な残響にすることが重要(音響計画)です。


写真のT邸は、木造ですが楽器演奏スタジオをつくり、2重壁と一般サッシの組合せ(2重)にして遮音性能を確保した家です。
周辺は閑静な住宅街ですが、夜間でも金管楽器を練習して問題は出ていません。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
(建築家)
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

グランドピアノのあるリビング

2008/08/10 12:57 詳細リンク

こんにちは。 サカイデザインネットワークの酒井です。

住まいの中で楽器を演奏したり、良い音響で音楽を聴いたりすることは私達の気持ちや生活をとても豊かにしてくれるものです。 また、「音楽」や「音」にこだわりをもって住まいづくりを考える方もとても多いと思います。

今回ご紹介する住宅は、ピアノ演奏を趣味にもつ施主のために、リビングスペースにグランドピアノをレイアウトすることを計画した事例です。 グランドピアノはサイズも大きくかなりのスペースを必要とするため、設計の初期段階からピアノを弾く時間(頻度)や空間の中にレアアウトされたときの見え方(存在感)など細かく検討し配置する必要があります。 この住宅ではダイニングスペースとリビングスペースの中間にグランドピアノを配置して、演奏していない時も空間のオブジェ的な存在として考えました。

近隣に対する遮音は、住宅が立地する環境や、ピアノを趣味で弾くのか、ピアノ教室などの開くのかなどその目的に合わせた遮音計画が必要だと思います。 趣味である時間帯に弾く程度であれば、遮音性能が高い石膏ボード2重張りにしたり、ガラス面からの音漏れがとても大きいので「防音ガラス」や「合わせ真空ガラス」などを窓ガラスに計画することが効果的です。

回答専門家

酒井 正人
酒井 正人
(東京都 / 建築家)
サカイデザインネットワーク有限会社 
03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住む人の手が触れる場所から、建物へ、街へと心地良さを拡げたい

設計手法・デザインの発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。

酒井 正人が提供する商品・サービス

対面相談

自分スタイルの住空間デザイン相談

新築・リノベーション・インテリアなど自分らしい住まいづくりをするために考えます

仲吉 厚志

仲吉 厚志
建築家

- good

リビングでライブ

2008/07/14 16:04 詳細リンク

音楽を身近に楽しめる環境がある自宅は素敵ですね。

プロミュージシャン仕様ですが、昨年完成したPIANOMAN HOUSEをご紹介したいと思います。

まず、音をどこまで気にするかで、躯体を決めました。
この住宅は昼夜問わず音が出せる環境を作る為に、遮音上有利な地下1階地上2階の鉄筋コンクリート造にしています。

また壁面は木毛セメント板を型枠代わりに利用した材料を使用しており、ある程度吸音効果があります。

名前の通り、地下にはグランドピアノが置かれており、深夜など音を気にすることなくプレイ可能です。
また、リビングにはアップライトの電子ピアノがあり、親しい友人などが集まったときに、お酒を飲みながら気軽にセッションできたりします。

プレイする楽器の種類や近隣の状況(敷地形状を含む)、音を出す時間帯によって、解決方法は様々ですので担当設計者に相談するといいと思います。

リビングでライブ・・実現するといいですね。

横山 彰人

横山 彰人
建築家

- good

グランドピアノを中心にした住まいとは

2008/08/16 17:16 詳細リンク

ピアノを置いた部屋の防音、遮音対策や音響の問題は先の専門家の回答が幾通りか出ていますし、技術的には問題ないはずですので、ここではピアノが置かれる部屋のことでお話ししたいと思います。

私が設計で苦労する事のひとつに、ピアノとテレビの置き場所があります。共に部屋に置けば存在感がありすぎるからです。
テレビは消しているときは家具の中にいれ存在を消すこともよくやりますが、ピアノはそういうわけにもいきません。

設計の中でいままで、大学のピアノの先生や、自宅で子供たちに教える先生や子供が趣味でピアノを弾くケースまで経験してきましたが、使用する用途によって部屋の作り方が当然違います。

しかし、グランドピアノを入れて家族でホームコンサートを開く場合には、ホームコンサート用の部屋が別に取れればいいのですが、リビングルームに置きそこで家族そろっての演奏をしようとすると、よほど広さと空間性を計算しないと、混雑して落ち着きの無いリビングになってしまいます。

というのも リビングにはテレビ、ソファー、場合によってはダイニングテーブル,椅子その他家具も入りそこにグランドピアノと、ご主人が演奏するスペースも必要となると、しっかりした設計のレイアウトが必要となります。 参考にしていただければと思います。


分からないところがあれば、事務所にご連絡ください。 横山彰人

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

犬と暮らす住宅づくりのポイントは? 専門家プロファイルさん  2005-11-21 00:00 回答3件
賃貸併用住宅のメリット・デメリット 専門家プロファイルさん  2005-11-21 00:00 回答4件
天井埋め込み型のエアコンのメリットと注意点は? 専門家プロファイルさん  2008-12-26 11:25 回答4件
子ども部屋は必要でしょうか? 専門家プロファイルさん  2008-11-13 12:55 回答13件
ガレージ住宅の設計料、施工料について 専門家プロファイルさん  2008-11-13 12:55 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

自分スタイルの住空間デザイン相談

新築・リノベーション・インテリアなど自分らしい住まいづくりをするために考えます

酒井 正人

サカイデザインネットワーク有限会社

酒井 正人

(建築家)

対面相談

注文住宅の請負契約関係書類チェックと契約立会同行サポート

注文住宅の契約前に契約書や設計図書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

【関西圏限定】戸建て住宅の設計・見積・契約書をプロがチェック

注文住宅や戸建てなどの契約前・後に設計・見積が適正なものか中立的なプロがチェックします! 

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)