音響計画 - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

音響計画

2008/08/04 10:55

私も楽器演奏するのが趣味なので、音楽スタジオや音が出せる住宅は私の得意分野です。

楽器演奏で音楽を思いきり楽しめる家を作るには、
・音を外に漏らさない遮音性能
・快適に演奏できる音響性能
の両方が必要です。


楽器はとても大きな音を出すので、音を家の外に出さない、遮音が必要です。

遮音性のある家をつくるには、4方の壁、屋根全ての面で一定の遮音性能を確保することが必要で、スキマや弱い部分があると、そこから音が漏れてしまいます。
窓や扉の開口部は注意が必要です。

壁の遮音性能は、一般に重い壁ほど遮音性能が高く(重量則)、従って木造の壁よりRC壁の方が遮音上有利です。

一方、2重壁にして間に音が伝わらない空間を作ると性能が上がり、軽い壁でも遮音壁をつくることができます。


室内側にRC壁やガラス面があると、音を強く反射し、残響が多く、うるさく感じる部屋になります。
床にカーペット、壁・天井に厚手カーテン等吸音性の高い材料で覆うと、残響が小さくなります。

楽器を快適に演奏、練習するためには、この残響が非常に大きな要素です。
残響が小さすぎると、不快(下手に感じる)で、不安となります。
残響が多すぎると、部屋が大きいと風呂屋のようで一見気持ち良いですが練習にならないし、部屋が狭い場合うるさくて不愉快です。

快適に演奏するには、部屋大きさに応じ、各面の反射をコントロールして適度な残響にすることが重要(音響計画)です。


写真のT邸は、木造ですが楽器演奏スタジオをつくり、2重壁と一般サッシの組合せ(2重)にして遮音性能を確保した家です。
周辺は閑静な住宅街ですが、夜間でも金管楽器を練習して問題は出ていません。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

音楽を中心にした家にしたい

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/07/10 11:55

一軒家を建てるにあたり、妻の実家からグランドピアノを運びいれることになり、それならばと、僕も念願のサクソフォンを習い始めることにしました。新しい家は音楽を思いきり楽しめるようにしたいと思って… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

音の反響 斉藤 進一(建築家) 2008/07/10 12:40
グランドピアノのあるリビング 酒井 正人(建築家) 2008/08/10 12:57
リビングでライブ 仲吉 厚志(建築家) 2008/07/14 16:04
グランドピアノを中心にした住まいとは 横山 彰人(建築家) 2008/08/16 17:16

このQ&Aに類似したQ&A

犬と暮らす住宅づくりのポイントは? 専門家プロファイルさん  2005-11-21 00:00 回答3件
賃貸併用住宅のメリット・デメリット 専門家プロファイルさん  2005-11-21 00:00 回答4件
天井埋め込み型のエアコンのメリットと注意点は? 専門家プロファイルさん  2008-12-26 11:25 回答4件
子ども部屋は必要でしょうか? 専門家プロファイルさん  2008-11-13 12:55 回答13件
ガレージ住宅の設計料、施工料について 専門家プロファイルさん  2008-11-13 12:55 回答5件