有利な転職時期の見極め方 - 転職・就職 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

有利な転職時期の見極め方

キャリア・仕事 転職・就職 2006/09/15 03:08

今の仕事を辞めたいと考えていますが、思いつきや勢いで転職してもうまくいかないと思います。有利な転職のためには、どのような準備が必要でしょうか?転職のタイミングなど、気をつけることがあったら教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:3件


一年の中でキャリア採用に重点をおく時期があります

2006/09/20 18:16 詳細リンク

アクシスコンサルティング佐藤です。
ご質問の件ですが一概には言えない部分もあります。

しかしながらよくよく一年のサイクルを検証してみると
採用の波はあるのは事実です。
人事の採用計画も毎年、人数・採用予算・採用手段
等の計画を年度始めにつくりその計画に沿って進めて
いきます。やはり計画スタート時は人事も現場も積極
的に採用活動(スタートダッシュ)を行っています。
年度始めという観点では具体的には
4月〜7月、1月〜3月は狙い目です。
参考にしてみてください。通年採用という言葉もある
様に年間通して良い方であれば門戸を常に開いている
企業も多いので一概には言えませんが。

佐藤勇人

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


あなたにとっての良い転職のタイミングとは?

2006/11/20 21:00 詳細リンク

新卒採用と違って、中途採用においては、企業側に決まった採用時期(タイミング)というものはありません。昨今盛んな第2新卒の大量採用など、新卒採用の進捗との兼ね合いで採用時期が定まってくる採用ポジションもありますが、その中に自分が希望するポジションがあるとは限りません。
転職は、「あるひとつのポジション」と「あなた」との、ピンポイントで、個別相対な関系の上に成り立つものです。

あなたにとって、良い転職のタイミングがあるとすれば、それは企業の側ではなくて、むしろ、あなたの側にあると思います。

まず始めに大切なことは、「転職をするんだ」と明確に決断が出来、気力・体力共に充実しているかどうか?です。

加えて、現職の仕事の状態を見極めることも大切です。
締切や納品などの納期に追われていたり、決算業務や年度末の勝負どころで、精神的にも肉体的にもあまり余裕のない中での転職活動はお薦め出来ません。

そして、最後にプライベートな領域での家族の協力態勢です。
親御さん、あるいは奥様(旦那様)の全面的な後押しが得られていますか?

これらの諸条件が揃っているのであれば、転職活動を進めるべきタイミングです。

あなたの側の条件・態勢が整った時、それが、あなたにとっての良い転職のタイミングなのです。

(もう少し詳しく、コラムで書きますので、よろしければそちらもご覧下さい。)


有利な転職時期の見極め方

2007/03/31 01:58 詳細リンク

準備とタイミングについて。
わたしは
転職をクルマを乗り換える場面に例えてアドバイスをしています。
これが、転職という活動を理解するうえで
驚くほどしっくりはまるのですよ。

まず準備から
資金計画=自分の資産価値やセールスポイントの分析
欲しいクルマに求めるものの整理=やりたいこと、指向の分析
クルマ探し=応募企業のリサーチ、検討

こういったことを整理して
いつでも応募できるように備えておきます。
これは詳しく職務経歴書を書いてみることが一番近道です。

あとは「機会・タイミング」を掴むことと「行動すること」
そしてなにより大事なことはこういったことを続けるための
「モチベーション」です。

これは理詰めだけでは説明できません。
勢いのようなものです。
私は結婚を決めるときに似ていると思ってます。

不満でも、不安でも、やりたいことが見つかったでも
なんでも、自分の勢いがついている、と思ったら
思い切ってアクションをとってみるとよいと思います。

わたしはいま、セレンディピティや
プランドハプンスタンスをキャリア理論の軸にしています。
簡単にいうと
一見ラッキーや思いつきに思えることも、
実はその内側にはミルフィーユのように
経験知や様々な論理が重なり合ったうえでの帰結である。
ただ、それを掴めるようにするには
視野を広くもって
日々を意識をしながら真剣に仕事をすることが不可欠。
そしてチェンスを見つけたら、
あとはそれを逃さない、つまり行動するだけ、こんな考え方です。

これは転職するしないにかかわらず
日々の仕事への取り組み方として
とても自然にやる気になれます。
また別途どこかでくわしく説明してみようと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

広報への転職は、経験者じゃないと難しい? 専門家プロファイルさん  2009-02-12 19:21 回答4件
退職した理由を上手く説明するには? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答1件
在職中の転職活動について villa38さん  2011-06-02 22:20 回答1件
33歳経済学部卒女。雑用一般事務のアピール方法は。 ぴんくれもんさん  2010-06-30 12:43 回答2件
内定を受けるかどうか ばんび2010さん  2010-03-12 00:03 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

セミナー

無料【就活】講習

大学や塾、親が教えないことが学べます。

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

対面相談

転職と再就職の個別の相談面談【無料】

転職の不安と悩みを解消して、転職成功に繋げる自信を取り戻す90分間のキャリアカウンセリングです。

西澤 靖夫

転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」

西澤 靖夫

(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

メール相談

【メール】履歴書・職務経歴書添削

メールによる添削です。口頭でのアドバイスが必要な方は後から電話相談をお申込下さい。

瀧本 博史

オフィス瀧本

瀧本 博史

(キャリアカウンセラー)