雪止め - 新築工事・施工 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

雪止め

住宅・不動産 新築工事・施工 2014/06/07 01:02

度々お世話になります。

新築中でほとんど完成の段階です。
今日気づいたのですが、1階屋根に雪止めがついていません。

施工ミスなのか…明日にでも確認しますが、これからやり直しは可能でしょうか。
切妻屋根です。
玄関前に落ちて来たら、危ないと思いますが、そもそも1階はつけないものなのでしょうか。

ちなみに今までの家は1階もついていました。

雪止め付の平瓦です。
やり直しのリスクはありますか。

リスクがあるようでしたら、諦めようかと思います。
これまでもあちこちやり直していて、先々が心配です。

どうぞよろしくお願いいたします。

まあたんさん ( 東京都 / 女性 / 39歳 )

回答:2件

木下 泰徳 専門家

木下 泰徳
アップライフデザイナー

1 good

雪止めをつけることにリスクはないと思います

2014/06/07 07:51 詳細リンク
(5.0)

こんにちは、初めまして。質問を拝見しました。

建築にかかわる問題は一般に現場を見ないと正確な回答はできないものですが、雪止めをつけることにリスクなどないと思います。
夏に近づくこの季節、ついつい雪のことを忘れがちですが、今年の雪はすごかったですよね。
屋根の勾配が玄関に向かっているのならなおさら雪止めはつけておくべきだと思いますよ。
また雪止めには、軒樋の破損を防止する効果もあります。
施工ミスとまでは言えないと思いますが、やり直しは可能です。
しいて言えば、1階の屋根につけない理由として意匠的なことがあるかもしれませんが、安全第一ですね。

安全
屋根

評価・お礼

まあたんさん

2014/06/07 09:33

ご返事ありがとうございました。

雪止めは、安全を第一に考え設置してもらいたいと思います。
また、ご近所にも迷惑はかけたくありませんので…。

意匠的なのかは、説明を受けていないのでわかりません。
施主側も勉強しないと、満足する家は建てられないと…後悔、反省です。

この度は誠にありがとうございました。

回答専門家

木下 泰徳
木下 泰徳
(アップライフデザイナー)
アップライフデザイン 代表
03-5848-2525
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

安心・安全・快適。住環境向上のお手伝いをいたします。

キーワードは安心・安全・快適です。耐震、断熱、整理収納の3つの観点から「アップライフリフォーム」を提案いたします。安心・安全・快適な暮らしは、人を心身ともに豊かにすると信じています。そのためのお手伝いができたら幸せです。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

よく造り手と相談してきめたほうが良いです。

2014/06/07 09:06 詳細リンク
(5.0)

栃木県宇都宮市で工務店及び一級建築士事務所を営んでおります。ヨシダクラフトの吉田武志と申します。住宅の新築とリフォーム・リノベーションを設計施工で行っております。質問を読ませて頂きました。

雪止めを後付する場合、考えられるリスクは屋根からの漏水でしょう。
新築中の建物の屋根材の種類が書いてないのでわかりませんが、屋根材の種類により、引っかけるタイプと、ビス留めするタイプがあります。

引掛けられるタイプは、雨に濡れる面にビス穴は見えませんが、ビス留めするタイプは、
ビス露出なので、ビスとビス穴の狭い隙間から漏水する可能性はあるかもしれません。シーリング等の防水をしても引掛けタイプと比べると可能は高くなるでしょう。

カラーベストコロニアルと瓦は、屋根材を浮かせて、金物を引掛けられますので、ビスが露出せず安心。

しかし、板金屋根は、屋根材を浮かせてということが難しいでしょうから、ビス露出で留めるタイプになることが多いと思います。ただし、シーリングの打ち方を工夫して、劣化しないように金物の裏でシールする等の配慮をすれば、板金屋根でも漏水の危険は殆ど無くなるのかもしれません。充分、施工例を持っている職人が良いと思います。

いろいろと、新築工事の不手際があったようですが、施工者と相談して、雪止めを付けた場合のメリットとデメリットを聞いてから判断されたら良いと思います。
物事には必ず、メリットとデメリットがあるので、よく相談して決めてください。

ヨシダクラフト http://www.yoshidacraft.net

新築工事
宇都宮市
栃木県
工務店
リフォーム

評価・お礼

まあたんさん

2014/06/07 09:27

ご丁寧な回答ありがとうございました。
これから工務店に相談をしてみます。

最後に教えていただけると幸いです。
瓦は陶器瓦(平瓦)です。
雪止め付の瓦です。

こちらとしては、二階屋根瓦同様に、後付けの雪止めではなく、雪止め付瓦に変えてもらいたいと思っています。

一部屋根瓦を葺き替えるリスクを教えていただけますか。

お忙しいところ申し訳ありません。
宜しくお願いします。

吉田 武志

2014/06/07 10:36

高い評価を頂きましてありがとうございます。
質問が理解できました。

お金は掛かりますが、それ以外のリスクは無いと思います。
雪止め付瓦を取り付ける周囲の何枚かを外して取り付けることになると思います。

図面や見積もりに1階部分の雪止めの記述が無いとすると、
計画していなかったということになります。
造り手が1階は必要ないと考えたのか、忘れたのかは分かりません。
お話してみてください。

ただ、物作りの品質が上がるのは、工場生産のように同じものを造り続けた時だと思いますが、
住宅建築は、敷地と要望がそれぞれのお宅で違うので、全て番うものになるので、難しいのです。

私も正直にお話すると、忘れたことが皆無ではありません。
多分、程度の差はあれど誰でも同じではないでしょうか。

回答専門家

吉田 武志
吉田 武志
(栃木県 / 建築家)
有限会社 ヨシダクラフト 代表取締役社長
028-634-9474
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

栃木県宇都宮市で注文住宅・リフォームならヨシダクラフト

栃木県宇都宮市の注文住宅・リフォーム専門の工務店です。リノベーション・大規模リフォームにも力を入れています。お客様との対話の中から、日々の暮らしを考えることで、心地よい居場所を造りたいと思います。

吉田 武志が提供する商品・サービス

メール相談

栃木県で注文住宅・リフォームをお考えの方に。無料メール相談。

家づくりの悩みをいつでもご相談ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

外壁通気工法 換気の出口について shinshin5837さん  2016-05-01 10:08 回答1件
新築の欠陥について 住宅大好きさん  2016-07-21 13:54 回答1件
新築工事 施工ミスについて ryocaさん  2015-07-30 07:42 回答1件
新築の日当たりが心配 このはさん  2015-05-21 14:54 回答1件
新築で外壁の施工ミス juusoさん  2015-06-03 18:16 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

パネル交換によるリフォーム体験

リフォームとは、ちょっとしたアイディアから生まれて来るものです。

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)