システム開発、仕様書についてについて。 - システム開発・導入 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

システム開発、仕様書についてについて。

法人・ビジネス システム開発・導入 2011/12/30 04:20

弊社がまったくシステム素人でシステム会社に500万円ほどでシステムを作ってもらいました。(仕様書無し)このシステム会社の経営状態があまり良くないとの事で、他社へのシステム委託を考えています。
このシステム会社から、仕様書は納品物として入っていないので別途費用がかかると言われました。幾らくらいかかるものでしょうか?
仕様書の費用を安くしたいのですが上手い交渉方法はありますでしょうか?

いろいろ安くはしてもらっているので
今後、この会社にシステムの改良などを依頼する事も考えており、その場合は、その都度システム仕様書も変更してもらったりなどしたほうが良いでしょうか?

imotenpuraさん ( 東京都 / 男性 / 31歳 )

回答:2件

中村 貴彦 専門家

中村 貴彦
ITコンサルタント

- good

システムの内容によりまちまちですが

2012/01/04 12:16 詳細リンク

タイトルの通り、発注したシステムと発注先の企業規模によりまちまちですが、以下ご参考まで。
システム開発の見積りの積算の根拠は、人日計算です。

SE一人あたりの人件費を1日5万円と考えた場合、その仕様書の作成に2日かかれば10万円、4日かかれば20万円となります。開発を依頼したシステムの内容と仕様書の粒度(細かさのレベル)によりますが、20万円前後で収まればOKなのではないでしょうか。

システムに関してお詳しくない、とのことですので、ひとつの方法論としては計画しているシステム委託(おそらく運用委託のことを指していると思われますが)を検討している会社さんにご協力いただき、どの程度の仕様書が必要かレベル感を確認した上で開発元に仕様書の作成を依頼すれば良いのではないでしょうか。

運用委託する会社も仕様書がないと受託できないので、事情を話せば開発したシステムの概要を組んだ上でご相談に乗ってくれると思います。

システム更改、更新の際には当然システム仕様書の変更もセットの見積りを次回から依頼すればよいでしょう。

システム
発注
仕様書
システム仕様書
システム開発

回答専門家

中村 貴彦
中村 貴彦
(東京都 / ITコンサルタント)
株式会社プロミッション 代表取締役 スマートデバイス導入コンサルタント
03-4530-3899
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

クライアント業務を十分に理解してスマートデバイス導入を実現

企業や教育機関におけるiPad、Android等のスマートデバイスの有効活用法や導入ノウハウはあまり知られていません。数十台から数千台に及ぶ豊富な導入実績をもとに、中立的な視点から最適な導入方法をコンサルティングし、配備、運用まで支援します。

中村 貴彦が提供する商品・サービス

メール相談

【初回無料】スマートデバイス導入コンサルティング

iPhone、iPad、Android等の企業導入のご相談を承ります。

レッスン・教室

エグゼクティブ向けスマートデバイス活用サポート

忙しい経営者の方を対象に、スマートデバイスを活用した仕事の効率化を指南します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
井上 敦雄

井上 敦雄
ITコンサルタント

- good

システム開発に必要なドキュメントと、作成に関する合意方法

2012/12/23 12:46 詳細リンク

ITコンサルタント、犬旅コンサルタントの井上敦雄(いのうえあつお)と申します。

その後、問題は解決しましたでしょうか。

あなたの希望された形で、システム開発会社と合意が取れましたでしょうか。


システム開発においては、ドキュメントが軽視される傾向にあります。

・企画書
・プロジェクト計画書
・基本設計書
・詳細設計書
・プログラム仕様書
・試験計画書
・試験項目表
・試験結果報告書
・プロジェクト終了報告書

たくさんありますよね。

ずっと以前には、ドキュメントが最重要視されていた時期もあったのですが、
お客様のニーズが多様化し、システムで実現するまでの時間がどんどん短くなり、技術も進歩したため、ドキュメントを作るよりは、システムそのものをどんどん作って、現物を見ながら修正する、というように変わってきています。


ただし、この開発方法には、向き不向きがあります。

大きな企業で使用する、官公庁向け、といった重厚なシステムの場合には、ドキュメントをきちんと作って、仕様の確認をして、合意してから、システムを作る、という手続きが必要です。

しかし、忙しくなってくると、システム開発会社側からの交渉ネタとして、

「プログラム開発を優先して、ドキュメントは後回しにさせてもらえませんか。」

という言葉が出てきます。

一般的に、プロジェクト、というのは納期より遅れてしまいます。
(理由は、また別の機会にまとめますね。)


その時に、最優先なのは、納期通りに動くものを納品すること。
とすれば、内部用のドキュメントは後回しにしてもよいのでは、というロジックです。

もちろん、正論ですが、この時に大切なのは、

「では、後回しにしたドキュメントは、いつまでにどこまでの内容を記述したものを納品してくれるのか。」

をしっかり話し合って、合意することです。

そして、
「当然、今回のプロジェクト費用に含まれていますよね。」
ということを、いいづらくても、はっきりと打合せの場で言って確認することです。

ちゃんとした会社なら、その内容を「議事録」に残してくれますし、もっとちゃんとした会社なら
「変更契約書」にまとめてくれます。

また、次のプロジェクトで新しいシステム開発会社を探す場合には、ぜひ、確認してみてくださいね。

補足

もし、システム開発会社の選定方法、プロジェクトの進め方、ドキュメントの納品、といった内容でお悩みがありましたら、いつでもご連絡ください。

ITコンサルタント
システム開発
仕様書
プロジェクト

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

セキュリティー上の欠陥について andy3さん  2010-11-18 11:04 回答2件
システム開発のトラブルについて ナオちゃんさん  2009-10-07 03:22 回答4件
見積もり結果に後工程が影響されすぎる Toshiyaさん  2007-06-27 20:06 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

平岡 美香

フードコンサルティング株式会社

平岡 美香

(マーケティングプランナー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)