見積もり結果に後工程が影響されすぎる - システム開発・導入 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:システム開発・導入

見積もり結果に後工程が影響されすぎる

法人・ビジネス システム開発・導入 2007/06/27 20:06

プロジェクト立案において、後工程でのシステム開発工数 / 費用見積もりなどによって、最終納期はおろか、採る方向性すら変わることがあります(“そんなに高くなるのか、じゃあシステム開発は止めて人による手運用にするか”など)。
それ自体は経営判断なので従うのですが、

他の面で不整合が発生してしまうのが悩みです。
例えば、上記例でいえば、手運用に変更することにしたことで、それ用のスキルを持った人材の補充が急に必要になるが、今から採用活動を始めても、プロジェクトのアウトプットがローンチして定常運用が始まる頃までに採れているか怪しい、など。
採ることに GO が出るならまだしもマシで、出ない場合は八方ふさがりになってしまいます。
だからといって、上司に“経営判断によっては大きく方向性を変えなければならなくなる可能性が高いから納期やそれに伴う全体プラン、確約はできませんからね !”と念押しさえしとけばいい、というものでもありません。

自分がシステム開発見積もりの能力を身につければ解決する話なのでしょうか ?
違う気もするのですが…

Toshiyaさん ( 茨城県 / 男性 / 33歳 )

回答:2件

濱田 崇 専門家

濱田 崇
ITコンサルタント

1 good

見積りのズレを無くすためには

2007/06/28 10:25 詳細リンク
(4.0)

IT化支援ラボ 濱田です。こんにちは。

整理すると
1.PJ(プロジェクト)計画時の予想金額と実際の見積のズレが大きい
2.経営陣の意志決定がその費用に左右されやすい
3.結果としてPJが破綻しやすい

という問題で宜しいですか?

1を防ぐには
「これを実現するのに幾らかかるか?」という見積の取り方ではなく
「この予算内でこれを実現できるか?難しい場合は予算内での代替案を
提案して欲しい」
というアプローチが良いです。

予算を見せてしまうデメリットはありますが見積の狂いは抑えられます。
またシステム導入には「代替案」「折衷案」などが無数に存在しますので
驚くほど安く実現する方法が出てくる可能性があります。

何れにせよ代替案や折衷案を出して頂くにはその判断材料が必要ですので
しっかりと要望を纏めて下さい。
その書類は一般的にはRFPで、shiraishiさんのように
早い段階で概算費用を知りたい場合には非常に有効です。

RFPを複数のIT企業に提出する事でいい提案も出てくると思います。

但し一般的なRFPでは情報量が少なく正確な見積りは不可能ですので
まだ金額は確定できません(RFPだけで確定する業者は少し危険です)。
話しを詰めていくと発注側の要望は増える傾向にありますので要件定義が
完了するまでは費用UPの可能性が高いと覚えておいて下さい。

また、2のように意志決定者の判断が費用という一つの側面だけで
大きく変化する事は、少し短絡的な面があるかと思います。
システムは導入後も運用で様々な問題を乗り越えないといけません。
後々も視野に入れると意志決定者にはできる限りPJの責任者として
参加して頂き、辛抱強い検討に付き合ってもらえる体制作り・ルール作り
が不可欠です。
これは社風にもよりますので具体案を出すのは難しいです。
書籍などを参考にご検討下さい。

http://labo.itsl.jp

評価・お礼

Toshiyaさん

自分で見返してもグダグダな質問だったのを、キレイに整理してくださりありがとうございます。

1 の件、確かに、最初に予算を確定させずにプロジェクトに臨むことが多いです。目的達成のために手段のヴァリエーションを狭めたくないから予算も極力フレキシブルに組みたい、といえば聞こえはいいですが、それが検討フェーズにおける手戻り(時にはゼロベースまで…)の多さにつながっていたんですね。納得できました。

> RFPだけで確定する業者は少し危険です

私の担当案件ではないですが、なんとなく心当たりはあります…。

RFP は二年前に一つだけ、思いっきり手探りで作ったことがありますが、もうちょっとしっかり勉強してみます。

ありがとうございました。

回答専門家

濱田 崇
濱田 崇
(神奈川県 / ITコンサルタント)
代表取締役
090-6002-4611
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

そのシステムは必要か?見積りは適正か?第三者の立場から助言

「金をかけたのに使えない」これらはシステムを導入した企業からよく聞かれる言葉です。致命的な問題を回避し、高いパフォーマンスが得られるシステムを導入できる手法を書籍でも紹介しています。お陰様で高い評価とご満足を頂いております。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


ゴールは共有できていますか?

2007/08/30 15:30 詳細リンク
(4.0)

アトラスの高橋です。

ご苦労お察しします。経験からの一般論で申し訳ないのですが、いくつか気がついたことを書かせていただきます。

経営陣とあなたとの間で、「そのプロジェクトをなぜやるのか?」の合意はできていますか?
目的、ゴールは明確になっていますが?
ゴールすることのメリットは見えてますか?それは数字にできますか?
そこまでできれば、そのゴールのために、どれだけのコスト(外注費、社内人件費、時間等)をかける価値があるか、共有できます。

その上で、方針の見通しをたて、スケジュールなり、見積もりなりを行ったほうがよろしいかと思います。

今回のようなプロジェクト中の「経営判断」は、次回からは、着手前にリスクや問題をあぶりだして、ジャッジしていただくようにされたらよろしいかと思います。そのために必要なのは、「システム開発の見積もり能力」をつける努力よりも、PMBOKガイドなどの、プロジェクトマネージメントの知識体系の本の一読をお勧めします。

評価・お礼

Toshiyaさん

私は技術職ではなく企画屋なので、PMBOK というのは自分には関係のないものだという思い込みがありました。
食わず嫌いを止めて、本でも手に取って見ようかと思います。

ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

システム開発、仕様書についてについて。 imotenpuraさん  2011-12-30 04:20 回答2件
セキュリティー上の欠陥について andy3さん  2010-11-18 11:04 回答2件
システム開発現場で使っているツールが知りたい! 日々勉強さん  2009-08-26 15:47 回答1件
システム開発委託先選定の必要性 悩めるリーダーさん  2009-04-07 15:57 回答1件
システム開発 保守契約内でのプログラム改修 TEST太郎さん  2016-08-09 08:39 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

おひとりで悩まないでください!事業資金借入の電話相談

元銀行員で、圧倒的な融資審査経験を持つコンサルタントが、融資審査のポイントをお教えします!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

対面相談

「選択制」確定拠出年金(企業型401k)導入シミュレーション

社会保険コスト削減で労使でWINWINの制度の導入を(1人からでも可能)

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

中井 雅祥

株式会社プレスクリエイト

中井 雅祥

(求人とキャリアのコンサルタント)

メール相談 ホームページSEO診断
小菅 太郎
(ITコンサルタント)
メール相談 独立、起業、法人成り アドバイス
谷 理恵子
(心理カウンセラー、起業コンサルタント)