住宅ローン控除について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン控除について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2011/11/05 00:14

平成22年11月末に新築マンションを購入し、3,000万の住宅ローンを組みました。翌月末に入居し、住民票も移動しました。

しかし、翌年3月の確定申告を仕事が超繁忙期で行うことができませんでした。その後、会社での年末調整の時期を迎えた次第です。

今年度の確定申告を行うことで、住宅ローンの控除を受け、税金の還付を受けることができるのでしょうか?また今年10月から勤務先で異動となり、購入したマンションから離れています(住民票も移動しました)。

不勉強で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

補足

2011/11/05 00:14

住宅ローンの償還期間は平成22年12月からの開始です。

okayamajinさん ( 東京都 / 男性 / 36歳 )

回答:2件

真山 英二 専門家

真山 英二
不動産コンサルタント

2 good

住宅ローン控除の申請について

2011/11/05 20:48 詳細リンク

ハッピーハウスの真山(さのやま)です。

個別の税相談等に関しては、税理士もしくは税務署に直接お問い合わせください。

住宅ローン控除の仕組みは、税金の還付となります。
還付請求は、実質的に1年間の猶予があります。
平成22年度分(H22/1/1-H22/12/31)の還付請求に関しては
本来であれば翌年のH23年の3月15日までの確定申告の際にすべきですが、
平成24年の3月15日までに処理をすれば受け付けてもらえます。
したがって、平成22年度分は今度の確定申告で還付を受けることができます。

ただし、今年度(平成23年度)に関しては状況によります。
今年10月から居住していないので、原則としては
住宅ローン控除をうけることが出来ません。

しかし、特段の理由があれば、継続して住宅ローン控除を
受けることが可能な場合もあります。
例えば、購入したマンションを離れた理由が、
一時的な単身赴任で、マンションには引き続き家族が居住している
等の場合です。

生活の拠点が引き続き購入したマンションにあると認められるのか
どうかは最終的には税務署の判断となります。
今回のご相談内容からだけでは詳細が分からないので、、
平成23年度のローン控除に関しては税務署に直接ご相談ください。

少しでもお役に立てれば幸いです。

税理士
税務
住宅ローン控除
税金
確定申告

回答専門家

真山 英二
真山 英二
(神奈川県 / 不動産コンサルタント)
株式会社ハッピーハウス 代表取締役
045-391-0300
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

人生最大級の買物である不動産購入は、自分や家族が主人公でこだわりを実現していく「人生最高のエンターテイメント」と言えるのではないでしょうか。正しい知識と情報を身に付ける事で、安心してワクワクの不動産選びを楽しんでもらいたいと考えています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

住宅ローン控除の確定申告について

2011/11/06 15:19 詳細リンク

okayamajin様

税理士の佐藤です。ご相談頂きました件について簡単に回答させていただきます。

まず、平成22年の確定申告ですが、まだ提出をしていないのであれば還付申告になると思いますのであと5年間申告の権利はありますので今から申告をしても間に合います。

23年分については、年末に居住をしているという条件を満たさないことから住宅ローン控除の適用を受けることはできません。

転勤等のやむを得ない理由により、住宅ローン控除の適用を受けている購入した住宅に住むことができなくなった場合には、届出書を提出することにより、再び住み始めた際に住宅ローン控除の適用を受けることが可能です。住宅ローン控除の控除期間は当初の入居から10年間で延長はされませんので、戻ってきてから10年間受けられるわけではないことにご留意ください。

届出書は住宅ローン控除の適用を受けている住宅から引越しをする日の前日までに原則として提出をする必要がありますが、柔軟に対応してもらえると思いますので、今からでも提出をしておくといいと思います。

なお、転勤等が終わって再び居住を開始した場合には、再度その年(賃貸に出していた場合はその翌年)に確定申告をする必要があります。

住宅ローン控除の申告代行サービスを行なっていますので、お時間がない場合はご利用ください。2万円で代行しております。

http://www.myhomenozeikin.net/?page_id=27

転勤
住宅ローン控除
確定申告
ローン控除
住宅ローン

回答専門家

佐藤 昭一
佐藤 昭一
(東京都 / 税理士)
NICECHOICE 佐藤税理士事務所 
03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅の資金計画からローン選択、確定申告まで、トータルサポート

税理士としては珍しく異業種での起業経験のある税理士です。自身の起業経験に基づいた、企業の成長過程に応じた柔軟なサービスを提供しております。また、マンション購入の経験を元に、住宅購入者向けに税金相談、確定申告の代行サービスも行っております。

佐藤 昭一が提供する商品・サービス

メール相談

住宅購入者の為の初めての確定申告メール相談会

住宅に関する税金問題を解決するためのメール相談会です。

その他サービス

財務分析とは会社の健康診断。経営者と共に考える財務分析診断

決算書に現れた数字から、表面化した会社の経営課題を抽出し、財務分析報告書を元に経営者と共に考えます。

(現在のポイント:4pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン控除特例措置が得か?また、扶養控除は? いのいのさん  2008-03-12 17:57 回答1件
住宅ローン一括返済の時期について hideshio329さん  2012-11-02 14:49 回答1件
住宅ローン控除と譲渡損失 でぶやまさん  2008-12-26 15:01 回答1件
住宅ローン控除について ペキニーズさん  2008-02-09 11:55 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)