20代の投資信託について - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

20代の投資信託について

マネー 投資相談 2011/01/16 20:54

25歳の会社員です。
毎月3万円ほどで投資積立を行おうと思っていますが
ポートフォリオの割合をどうしようか迷っています。
よろしければ診断・アドバイスを頂ければと思い質問いたしました。

現在考えているポートフォリオは以下のとおりです。
国内株式 25%
国内債券 0%
先進国株式 15%
先進国債券 10%
新興国株式 30%
新興国債券 20%

なお国内・先進国・新興国の株式・債券の6種での運用を考えています。
割合にすると
株式70% 債券30%
国内25% 先進国25% 新興国50%
となります。

正直新興国の割合がどのくらいであればハイリスク過ぎるのかがわからない状態です。

運用方針としては長期での運用を考えており、リスクリターンの目標としては
中の上あたりを考えていますがその場合新興国の割合が多すぎますでしょうか?

鍵街の葵さん ( 東京都 / 男性 / 25歳 )

回答:3件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

ポートフォリオについて

2011/01/17 09:59 詳細リンク

鍵街の葵さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『毎月3万円ほどで投資積み立てを行おうと思っていますが、
ポートフォリオの割合をどうしようか迷っています。』につきまして、

まず、お考えいただきたい点として、
毎月の積み立てを行う金融商品につきましては、
将来のライフイベントを十分に考慮したうえで、
決定するようにしていってください。

具体的には数年以内に予定しているライフイベントに充てるための積み立てということでしたら、
元本割れなどしない金融商品での運用となりますので、
間違っても積み立て資金の全てを、
投資信託など、リスクを伴う金融商品での運用は避けるようにしてください。

尚、鍵街の葵さんがご検討されているポートフォリオにつきましては、
熟慮された様子が伺えますし、
この投資割合でもよろしいと考えます。

ただし、投資信託の中には、
保有している期間中はずっとかかってしまう、
信託報酬手数料がかなり高めの投資信託があったり、
為替リスクを伴うものもありますので、
その点も十分に考慮したうえで投資するようにしていってください。

尚、上場投信(ETF)などでしたら、
保有コストもかからない、あるいは割安で済む金融商品もありますので、
合わせてご検討されてはいかがでしょうか?

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

商品
プランナー
イベント
報酬
コスト

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

投資積立にあたって

2011/01/17 17:46 詳細リンク

鍵街の葵 様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご質問の件、もし投資信託で長期的な運用を考えているのでしたら、まず始めに、長期的な計画を立てることが肝心です。

「何かを買えばよい」という発想だけでは、上手くいかないことが多いです。

というのも、値動きがあるものを選択する以上、短期的にどうなるかは、プロでも正確には分からないからです。

短期的に値下がりした時に、感情をコントロールする難しさは、経験がなければ、理解できないことだと思います。

なので、少なくとも、何を目標に、何年くらいの運用計画で、いくらくらいを目指すのか、といったことだけでも、スタート前に決めた方がよいです。

スタート時の適切な資産配分は、これらのベースとなる計画によって、異なってくるはずです。

また、計画は、できれば、アドバイザーと共有した方がよいでしょう。

というのも、ひとりで立てた計画は、途中で、なし崩しになってしまうことが多いからです。

例えば、「休日に運動する」という計画をひとりで立てても、なかなか長続きしないのと同じことです。

この問題は、伴走者がつくことによって、解決できる場合があります。

ちなみに、私の事務所では、資産運用に関するご相談を多く承っております。
もし必要があれば、個別にお問い合わせください。

以上、ご参考になれば幸いです。

計画
目標
コントロール
投資
投資信託

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

リスク許容度に応じて

2011/01/17 06:36 詳細リンク

はじめまして、鍵街の葵さん。
FP事務所 マネースミスの吉野裕一です。
http://home1.catvmics.ne.jp/~you_y/


若い内から、しっかりと積立されるのは非常に良い事だと思います。
将来の目的の為の資金としても、何かあった時の為の資金としても利用できますし、生きて行く上での良くない状態になった時にも臨機応変に対応できる準備になると思います。


さて、3万円の積立をされる上での資産配分についてですが、実際に新興国の将来に向けた発展は、とても期待できるものだと思います。

ただ、国の整備がされていない国も多いので、投資した場合に価格変動が大きくなる可能性があります。

これからこういった価格変動に対して、不安を強く感じるようでしたら、新興国の比率をあまり多くする必要もないでしょう。

また新興国が成長するのは、先進国の成長より大きくなると予測できますので、当初は新興国の比率を少なめにしておいても良いでしょう。


日本の比率が先進国と同じになっていますが、先進国はアメリカやヨーロッパの国が入りますので、日本以外の先進国の比率を上げられても良いのではないでしょうか。

新興国
投資
資産
マネー

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
投資信託を始めようと思っています 鍵街の葵さん  2010-05-30 15:57 回答7件
投資信託 おコメさん  2010-02-08 13:15 回答4件
投資について aiko55さん  2013-10-15 04:06 回答1件
ファンド構成 かおたんさん  2008-10-04 22:41 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)