確定拠出年金のリバランスについて - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

確定拠出年金のリバランスについて

マネー 投資相談 2010/06/06 11:40

企業型の確定拠出年金でのリバランスについてお聞きします。
現在国内株式、国内債券、外国株式、外国債券の4種を25%づつ保持しており
毎月の拠出も上記4種を25%づつ割り当てております。

今は4種とも同じ割合になっているのですが今後割合が変化した際の
リバランスの方法を教えて下さい。

現在の状況を以下としてご回答お願いします。
国内株式、国内債券、外国株式、外国債券をそれぞれ基準価額が10,000円で
各資産の価値が以下のように変動したとします。
国内株式:10,000円
国内債券:12,000円
外国株式:9,000円
外国債券:11,000円

私が考えているリバランスの方法は以下の3つかと思っています。
1.4資産の平均が10,500となるので国内債券、外国債券を売却し
その分国内株式、外国株式を購入し各資産価値を同じにする。
毎月の拠出割合は変更しない。
2.各資産の売却購入はせずに拠出額を毎月変更し各資産価値が
常に25%に近い状態になるように調整する。
3.割合を25%にすることに拘らず半年か一年毎に拠出額を変更する。
その際に4資産に最低20%づつ振り分け残りの20%をその時の
基準価額が低いものを購入する。(口数を増やす)

以上のように考えているのですがこの方法はあぶない、意味が無いとか
他にこういう方法があるなどございましたらご回答のほど宜しくお願い致します。

鍵街の葵さん ( 東京都 / 男性 / 25歳 )

回答:4件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

2 good

リバランスの考え方とタイミング

2010/06/06 12:18 詳細リンク

鍵街の葵 様

初めまして、ライフプランの実現と資産運用をサポートするオフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

国内外の株式と債券の均等配分は、過去の例ではリターン・リスクの観点から、最も基本とされるものです。この資産配分をご継続する場合には、リバランスは都度売却と購入で調整を行います。
方法は1.をお勧めします。但し、資産残高が少ない間は、リバランスで資産配分方針の状態に短期間で戻りますので2.でも宜しいかと思います。

リバランスを行うタイミングですが、1年~3年ごとに1回の見直し(現在手元のデータでは3年ごとが効率的です)、又は資産配分のバランスが5%以上偏りが出来た場合と考えています。設問の状況は各資産のバランスは5%未満ですから、慌てずとも良いように思われます。ただ、定期的に行うことを方針としているならば、リバランスをお勧めします。

3.の方法はお勧めしません。確かに安くなったものを購入すると、良い結果を生むように思えますが、明日以降の下落・上昇するアセットは予測できず、二年続きで当該資産が下落することも有ります。そして、この手法を進めますと当初の方針が崩れます。元に戻ることが有りません。

別の観点から配分を考えた場合、確定拠出年金以外の資産配分はどのようにお考えでしょうか。一度確定拠出年金を+その他の資産という全体像を把握されるようお勧めします。
その際には現預金(短期金融商品)を加えた5資産で配分をお考えください。夫々が20%で均等配分に為ります。
そして、確定拠出年金は、長期間資金が引き出せませんが、その代わり利益は非課税です。
従いまして、税の繰延べ効果も大きく、GDPの拡大に沿ったリターンが期待できる株式を対象とするインデックス・ファンドで運用し、年金以外の資産でバランスを保つこともご検討ください。

補足

本回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、
有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご質問者と読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、
読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本回答は、信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、
その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。
また、情報が不完全な場合または要約されている場合もあります。

資産運用
確定拠出年金
株式
見直し

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

対面相談

親族後見に関わる相談サービス

本人の家計に関わる悩みごと、本人が本人らしく生きて頂くためのポイントをアドバイスします

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

時間を考慮した配分を

2010/06/08 15:44 詳細リンク

鍵街の葵様、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの森本直人と申します。

ご相談の件、どのように配分すべきかについて、絶対的な答えがあるわけではありませんが、各資産クラスのリスクとリターンの性質を考えながら組み立てるのもひとつの方法です。

リスクとリターンは、見合った関係にあるという前提で、期待リターンの高い順で並べると、一般的には、おそらく、外国株式、国内株式、外国債券、国内債券の順になると思います。

ただ、国内は、デフレ傾向が続いていますから、国内株式は、リスクをとる割にそれほど高いリターンが期待できない可能性もあります。
(もちろん絶対的な答えはありませんので、ひとつの考え方です)

あとは、時間の使い方です。
リスクが高めの外国株式型でも、長期で運用すれば、過去のデータからは、上がったり下がったりしながら、結局上がる、という傾向が確認できますので、もし将来もその通りになると予想するなら、今は、より積極的にリターンを求め、外国株式型100%のポートフォリオを組むという手もなくはありません。

確定拠出年金は、原則として60歳からしか受け取れず、途中引出が出来ませんので、必然的に時間を考慮した運用になると思います。

25%ずつを厳密にキープしていく方法もわるくはありませんが、時間の中で、アクティブに配分を変えていく方法もあります。

いずれにしても、目標金額や目標リターンなど、骨格となる投資計画を策定してから、細かな部分を考えることをおすすめします。

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

ファイナンシャルプランナー
計画
長期
ポートフォリオ
確定拠出年金

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

浅見 浩

浅見 浩
ファイナンシャルプランナー

- good

リバランスについて

2010/06/06 12:24 詳細リンク

はじめまして。浅見と申します!

投資のポイントは「タイミングではなく配分で決まる」という言葉が
あるように資産配分(アセットアロケーション)が重要です。

さらに、それをリバランスさせることも重要です。

まず、そもそも4資産をなぜ25%づつにされたのでしょうか?
期待収益率(リターン)から配分をもう一度考えて
みることをお薦めします。

リバランスの考え方は書かれているようにやることで
OKです!
あとは3ヶ月、半年、1年とどのタイミングでやっていくかですね。

投資
資産
新谷 義雄

新谷 義雄
行政書士

- good

ポートフォリオの

2010/06/06 15:21 詳細リンク

鍵街の葵さん、初めまして・1級企業年金総合(DC)プランナーでFPの新谷と申します。

均等な資産配分をされていて、今後もなるべくぶれの少ない資産構成にしてゆきたいですね。

各期間の「期待利益」と「標準偏差」の組み合わせぐらいは把握しておき、期間経過後とのパフォーマンス比較の目安にして貰えれば良いのですが、リバランスのサイクルは確定拠出年金で・・・となれば大きなリバランスは必要は余りないでしょう。

ザックリと25%づつでポートフォリオを組み立てていけば良いと思います。

ちなみに私の推奨する組み合わせは

目標とするポートフォリオとしまして

国内株式 20%
国内債券 20%
外国株式 30%
外国債券 10%
その他 20%

これでの構成を基本に微調整していくのが理想的であると思っていますのでご参考に。

鍵街の葵さんのお考えでは2の拠出スタイルに近いと思います。

FPオフィス クローム

ファイナンシャルプランナー 新谷義雄

http://1st.geocities.jp/office_chrome

ファイナンシャルプランナー
ポートフォリオ
企業年金
確定拠出年金
比較

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

確定拠出年金の配分について えだまめこさん  2008-11-13 13:26 回答3件
確定拠出年金 今後の対応 トムトムトムさん  2008-10-21 12:13 回答4件
確定拠出年金:配分変更した方がいい? ユキチャンさん  2008-11-17 23:17 回答6件
401K運用に関する質問です monakanoさん  2010-07-26 01:49 回答6件
確定拠出年金:基礎の基礎教えてください! ユキチャンさん  2008-11-02 13:25 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)