住宅購入について - 辻畑 憲男 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入について

2009/04/18 11:19

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

無理ない計画とは、住宅購入後に収支がプラスであり貯蓄ができる状態です。ではいくらぐらい貯蓄すれば良いのかですが、それはそれぞれの家庭で違ってきます。まずは将来の予定や目標、老後はどのように暮らしたいのかを夫婦で考えましょう。そして、いつまでにいくら必要なのかを考え、そのためには毎年いくら貯蓄をしないとならないのか考えましょう。その貯蓄額が無理ない計画です。

住宅購入の自己資金から考えると物件価格の3割は用意したほうが良いです。自己資金が1000万円であるとしたら、物件価格は3300万円ぐらいです。毎月の返済額については、購入時期により金利が変わりますので、購入したい時期を想定し金利を考え検討するしかありません。その返済額が家計において無理がないのか考えましょう。また、住宅を購入することにより固定資産税がかかります。そして、マンションの場合には、管理費、修繕積立金、戸建の場合にはご自身で修繕の積立をしないとならないことも考慮しておきましょう。

最後に家計において保険での確定利回りの貯蓄は考えたほうが良いです。現状低金利です。その低い金利が18年間固定されるのです。そうするとインフレリスクを伴います。インフレリスクとは、物価上昇による貨幣価値の下落リスクです。今後教育費を含め物価は上昇することが考えられます。将来の600万円の価値は今のいくらになっているのでしょうか。18年後の解約返戻率を見るのではなく、1年辺りの利回りを考えましょう。

今のように低い金利の時には、貯蓄は金利の変動するものが良いです。保険は保険、貯蓄は貯蓄と考えたほうがお金は貯まるでしょう。

金利が高くなったときには長期の固定金利の商品はいい商品です。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPソリューション
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅購入のための家計プラン

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/04/18 01:36

家計の見直しをお願いいたします。
夫(28歳)年収600万円くらい(手取り35万円)
妻(29歳)育児休業中

<毎月35万円の内訳>
家賃:13万円
光熱費:2万円
食費:6万円
保険(子… [続きを読む]

はるぽんさん (東京都/30歳/女性)

このQ&Aの回答

無理の無い借入の要件と試算過程です。 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/18 11:14
住宅購入計画の件 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/18 13:53
住宅購入の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/19 20:15
4000万円で試算してみました。 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/18 07:46
ご主人の給与からのローン返済ですと 恩田 雅之(ファイナンシャルプランナー) 2009/04/21 15:39

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
高額なローンを乗り切るには 購入決定済みさん  2009-12-05 03:21 回答3件
住宅の購入時期についてアドバイスをお願いします。 ころころすけさん  2011-11-13 20:42 回答2件
給料20%減の可能性。住宅ローンはどの程度が限界か 北極星さん  2009-11-22 21:54 回答7件
住宅購入時期と家計の見直しについて FranFranさん  2009-11-14 16:51 回答2件