住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2009/01/12 17:27
(
5.0
)

あしもさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『夫婦ふたりの年収でこのローンの支払いは適当と言えるでしょうか?』につきまして、通常、住宅ローンを組んでも無理なく返済していける目安としては、一般的に手取り月収金額の28%程度と言われています。

しかし、共働きの場合はご主人様だけの収入の場合と比較をすると年収が多くなる分、2人合わせた手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合が30%を超えても、大丈夫なケースもよくありますので、80,000円や団信などを加えた住居費用の負担割合が手取り月収金額の何%を占めるのかを計算してください。

また、住宅ローンを毎月支払いながら、今後のライフイベント資金を準備するためにも毎月しっかりと貯蓄をしておく必要があります。

ひとつの目安として手取り月収金額の20%ほどとなりますので、住宅ローンを組んでもこの水準は貯蓄ができるということでしたら、フラット35を利用して住宅ローンを組んでも大丈夫だと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです、
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

あしも さん

こまやかなご返答ありがとうございます。
今住宅ローンの負担割合を計算してみましたら
ちょうど妻と私の合算で28%でした。
貯蓄のほうは無駄を無くして2年後に車の親借金が終われば
大丈夫そうです。

負担割合を計算するのにざっと家計を見直すこともできました。
自分の家計というのはわかっているようでなかなかきちんと
把握はできていないのですね。
ほんとうに参考になりました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

中古住宅購入について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/01/12 11:27

はじめまして。よろしくお願いいたします。
私36歳、妻42歳、子供はいなく今後も予定はありません。
私の収入は額面340万円、妻は額面190万円です。
購入を考えている物件は2150万円で、フラット35に夫婦合算… [続きを読む]

あしもさん (茨城県/35歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅購入について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2009/01/12 13:27

このQ&Aに類似したQ&A

超低所得世帯の金利の選び方(変動、固定、フラット) まるちゃん☆さん  2011-07-14 00:34 回答3件
住宅購入にあたっての住宅ローンについて misyunさん  2009-10-20 19:29 回答1件
3800万の物件を購入しても家計が破綻しませんか? ぽんざえもんさん  2015-03-03 07:47 回答1件
社宅のままか、マイホーム購入か ロペスさん  2014-02-10 00:47 回答3件