外壁材について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

外壁材について

2007/02/28 18:08
(
5.0
)

こんにちは、B&B住研の羽入です。。。 このようなサイトでいつも熱心に研究されていますね。とても素晴らしい事です。きっと素敵な家になることと思います。質疑について整理してお答えします。
○コスト面では・・・・サイディング12mmとモルタル+リシン吹きつけではコストがモルタルの方が高くなるはづです。モルタルは下塗り+中塗り+仕上げ塗りと3回塗りが原則です。現場では2階程度にしてコストを抑えていることが多いように思います。ひどい業者は1回で済ませるような工務店も有ります。注意しましょう。
○サイディングとモルタルの長所・短所・・・・サイディングは施工性は良く、材料自体の耐久性も有りますが、接続部のシーリング目地のメンテナンスは10年〜15年に一度は欠かせません。モルタル仕上げはモルタルの乾燥収縮クラックが必ず起こります。しかし、これはヘアークラックで構造的には問題ありません。
○通気仕様について・・・・サイディングは必ず通気仕様にしてください。厚さが薄いですから必ず壁内結露が起きます。モルタルの場合は3回塗りで30mmを基準としているので、予算が無ければ通気仕様にしなくてもさほど問題にはなりません。
●私の考えは・・・・・シンプルモダンで考えた場合、サイディングよりもモルタル仕様をお薦めします。サイディングは重量も軽いため、見ての通り軽い感じの家になります。個性を出すにはモルタル外壁をお薦めします。リシン吹きつけはクラックも目立ちやすいので、少々予算が追加されるかも知れませんが、ジョリパット仕上げ(コテ押さえ)がシンプルモダンに対応可能かと思います。施工業者とご検討してみてください。

評価・お礼

なみへい さん

回答ありがとうございます。研究というか・・・恐縮です。ローン抱えた自分の家なので必死なだけです(^^;
30mmが基準をいう事ですが、補足にも書きましたがどうも20mmのようです。これは中塗りなどを省略しているのでしょうか?それともそれぞれの工程はあるが厚さが薄いのでしょうか?業者さんに聞いてみないとなんとも言えませんが、気になるのはダイライトと通して建物の内側からきた水分がモルタルの場合どこへ逃げるかという事です。別の目的で構造用合板からダイライトにわざわざ変更してもらっています。断熱材もグラスウールからロックウールに変更してもらっていますし、外からはモルタルは防げても中からがどうなのか気になります。また20mmもひっかかります・・・ジョリパットは名前だけは聞いた事あります。モルタルにしてもぶつぶつしているのは嫌です。見た目の理想はお城のように小さい凹凸のない壁なんですが(お城は漆喰でしたか・・・)差額がないのであれば是非そうしたいと思っています。
サイディング12mmとモルタルとどちらでも可というのはコスト的にその20mmでとっているなら納得なのですが。
あと防湿シートがアスファルトなんとかってやつだとどうですか?どこかでモルタルにそれを使用すると中からの水分が完全にカットされるので壁内にたまりやすいと見た事があります。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

外壁材について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2007/02/27 00:51

なみへいです。今現在木造軸組2階建て(充填断熱:ロックウール90mm)の外壁材をメーカーと打合せ中です。一応メーカーからはサイディング(窯業系)12mmまたはモルタルどちらも選択可と言われています。これ以外であ… [続きを読む]

なみへいさん (神奈川県/34歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

鉄骨構造の耐震 jonsuさん  2011-05-24 20:27 回答2件
施工中に「手すりが付かない」と言われました RAIUNさん  2011-12-14 08:56 回答4件
外張り断熱と充填断熱併用における壁内結露について taniyamaSYO112さん  2011-04-17 22:00 回答2件
線路脇に家を建てます。防音対策について 桜猫さん  2010-02-26 16:04 回答4件
第3種換気の寒さ バンプラさん  2009-04-05 17:26 回答1件