腫瘍 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

腫瘍

2008/08/01 19:17

腫瘍の種類にもよりますが、腫瘍に対しては、外科的摘出、放射線療法、レーザー温熱療法、化学療法があります。後者の二つは全身麻酔が必要ありません。劇的に化学療法に反応する腫瘍もありますので、まず腫瘍の専門病院を紹介していただいて、化学療法で治せないか御尋ねになると良いでしょう。また、化学療法が難しいとなれば、次にレーザー温熱療法を受け付けてくれる病院を捜すことになります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ブルドッグ

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2008/08/01 12:06

ブルドッグ(8歳5ヶ月雄)のオデコにゴルフボール大の腫瘍が出来ています。
検査では良性との事でした。
日に日に大きくなってきています。
破裂しては膿んでの繰り返しです。
病院は二件にかかっていますが、一件はそ… [続きを読む]

ブルドッグさん (東京都/36歳/女性)

このQ&Aの回答

RE:ブルドッグ 苅谷 和廣(獣医) 2008/08/08 10:36

このQ&Aに類似したQ&A

脳腫瘍について tibisukeさん  2014-08-23 15:47 回答1件
性格による手術拒否… uraponさん  2012-12-22 13:19 回答1件
犬の乳腺腫瘍について。 piccobuuさん  2012-07-03 20:52 回答1件