ブルドッグ - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

ブルドッグ(8歳5ヶ月雄)のオデコにゴルフボール大の腫瘍が出来ています。
検査では良性との事でした。
日に日に大きくなってきています。
破裂しては膿んでの繰り返しです。
病院は二件にかかっていますが、一件はそのまま手術はしないで様子をみる。
もう一件は手術して切除しないと大きくなる一方との事でした。
喉に水が溜まっている腫瘍(大学病院で検査の結果)もあり、短刀犬種な事もあり麻酔のリスクが怖いので家族では手術は出来るだけしたくないのですが、他に治療方法はありませんか?
よろしくお願いします。

ブルドッグさん ( 東京都 / 女性 / 36歳 )

回答:2件

RE:ブルドッグ

2008/08/08 10:36 詳細リンク

皮膚の腫瘤については、腫瘍の種類にもよりますが多くは外科的切除が第一選択です。今回のように自潰を繰り返しているのであれば早めの切除がよいと思います。麻酔に関して、短頭種は一般にリスクが高いといわれますが注意すべきところを注意すれば麻酔をかけることは可能です。麻酔に不安があるならばかかりつけの動物病院で納得がいくまで説明を聞かれることをお勧めします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


腫瘍

2008/08/01 19:17 詳細リンク

腫瘍の種類にもよりますが、腫瘍に対しては、外科的摘出、放射線療法、レーザー温熱療法、化学療法があります。後者の二つは全身麻酔が必要ありません。劇的に化学療法に反応する腫瘍もありますので、まず腫瘍の専門病院を紹介していただいて、化学療法で治せないか御尋ねになると良いでしょう。また、化学療法が難しいとなれば、次にレーザー温熱療法を受け付けてくれる病院を捜すことになります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

脳腫瘍について tibisukeさん  2014-08-23 15:47 回答1件
性格による手術拒否… uraponさん  2012-12-22 13:19 回答1件
犬の乳腺腫瘍について。 piccobuuさん  2012-07-03 20:52 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

Canada Club - カナダ留学準備コース

カナダの小さな町で新しい留学モデルを経験するための準備コース(体験)

大澤 眞知子

Super World Club

大澤 眞知子

(カナダ留学専門家・英語教育者)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

その他サービス

自宅(室内)の地震対策チェックとコーディネート

防災アドバイザーと収納整理コーディネーターによる室内の地震対策

松島 康生

災害リスク評価研究所

松島 康生

(危機管理/BCP/防災計画コンサルタント)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)