本業に関係のない事業には手をださないことです。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
田邉 康雄

田邉 康雄
経営コンサルタント

1 good

本業に関係のない事業には手をださないことです。

2008/04/04 07:30

「事業が安定してきので、''新規事業''への乗り出しを・・・」
は、大変優れた考え方です。「身体の元気な内に養生する」という懸命な策に通じます。

 その時に注意すべき点を申しあげます。自社の本業に関係のない''新規事業''には手を出さないことです。バブル期は自社の本業に関係のない''不動産投資''に走った企業が破たんしました。

「自分の財産を大切にする」
 ということです。

 この前提をおけば、「''新規事業''への乗り出し」ということは、私が得意とする「''事業転換戦略''」と同一です。

 以下私が「''事業転換サポー''ト」を行う場合のひとつの例を示します。''中小企業診断士''のサポートの内でも重要なものです。
 なぜなら中小企業の特徴のひとつは「変わり目が早い」という点にありますからこれをサポートできないと工業部門の''中小企業診断士''は務まりません。

 ――さて新規事業のネタを探すためのプロセスを紹介します。

 まず''外部環境分析''を行って将来環境の予測を行います。同時に一方企業''内部資産分析''を行って自社の評価を行います。そして続きます。――

「危機感」⇒「動機付け」⇒「内部分析」⇒「外部分析」⇒「要件」⇒「絞込み」⇒「企画」⇒「計画」⇒「解決」⇒「意思決定」のプロセスです。

 ここで「内部分析」とは自社の「強み」と「弱み」の分析です。そして「外部分析」とは環境の「脅威」と「機会」の分析です。これら4つの英語の頭文字をとって''SWOT''分析といいます。

 以上のプロセスを平たく言うと。―― 
「このままではだめだ」⇒「何かやらねば」⇒「わが社の強みと弱みは?」⇒「現状維持(無策)の行き先は?」⇒「わが社に何ができるか?」⇒「これは面白そう」⇒「そのイメージはこうだ」⇒「こうすればやれそうだ」⇒「ここがネックだ」⇒「よしやろう」です。

 もちろん決断するのは中小企業の社長です。

 以上のプロセスは私自身が辿った道です。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

新規事業開発にあたってのポイントは?

法人・ビジネス 新規事業・事業拡大 2008/03/28 14:01

中小企業を経営しております。事業が安定してきたこともあり、新規事業への乗り出しを考えています。新規事業に取り組むにあたってのポイント、注意点などについて教えてください。また、実際に… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

新規事業開発のポイント 大平 和幸(弁理士) 2008/03/28 22:03
【新規事業のポイント】収益性・成長性・継続性 藍原 節文(経営コンサルタント) 2008/06/24 17:01
コアビジネスを潜在ニーズのあるマーケットへ ウジ トモコ(アートディレクター) 2008/03/31 20:03
新規事業開発にあたって 須藤 利究(経営コンサルタント) 2008/04/01 19:33
新規事業開発にあたってのポイント 工藤 英一(経営コンサルタント) 2012/06/28 16:14
経営資源からの発想 2008/03/28 21:43
新規事業について 2008/05/28 16:37

このQ&Aに類似したQ&A

新規事業開発を外部委託するメリット・デメリットは? 専門家プロファイルさん  2008-06-12 15:13 回答4件
新規事業のコンサルティング費用は? 専門家プロファイルさん  2007-11-29 14:50 回答6件
新規事業を企画書や計画書にまとめるための工夫 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答5件
海外の企業から日本へネット通販 ぽて~とさん  2014-08-15 13:21 回答1件
新規事業集客 ランコミュさん  2012-05-23 18:21 回答1件