近隣への理解も - 斉藤 進一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

近隣への理解も

2008/01/31 20:32

最近は「ペットと同居可能型マンション」も多くなりました。
建設にあたって2つの面から考えましょう

*敷地・環境面

ペット好きが集まった楽しい住まいも、近隣からの苦情があっては散歩もままならなくなります。
 敷地選定するにあたって、人間の利便性のほかに
1.マンションが近隣に隣接しすぎない空間が保てそうか
2.ペットとの散歩ルートやペット可の公園が近所にあるか
3.動物病院やペットフードショップ・トリマーの店など近くにあるか
など確認する必要があります。
 特に動物病院は「犬猫」専門より多くの診療ができるところがよいでしょう。

*建築物

''共用部''
散歩から帰ってきたときの「足洗い場」と簡易「汚物処理所」は必需品です。
廊下・階段・EVの床は、爪に優しい素材を使用し、ペット逃げ出し防止でダブルオートロックや外部に面する開口部の配慮をしたり、要所要所にリードをつなげるフックがあると飼い主にとって安心です。
また「犬のフロア」「ネコのフロア」など種類別に分けたりすると近隣のつながりがよくなります。また、雨の日は共用廊下で遊べるように出来ると楽しいですね。

''住居内''
分譲か賃貸かによって部屋のつくりかたも変ってきます。
鳴き声が近隣迷惑にならないよう防音にしたり、匂いや抜け毛対策は共通課題です。
賃貸であれば、特殊につくるとペットの種類によって弊害がでることもありますので、床・壁の素材と寝室の空気環境の配慮が必要でしょう。
分譲はペットの性質によって特殊に作れるのが強みです(^^)
ネコはきちんと猫用トイレで用を足せたり、高いところに登りたがる習性を利用して遊び棚をつくったり。。
表札に写真表示してあげると、マンション内で迷子になったとき他のペット好きが連れてきてくれそうです。
飼い主にとっては、ペットも家族の一員ですから駐車場のクルマの出し入れを含め''安全''な環境が望まれます。

やすらぎ介護福祉設計   斉藤

回答専門家

斉藤 進一
斉藤 進一
( 埼玉県 / 建築家 )
やすらぎ介護福祉設計 代表
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

ペット共生型の集合住宅を作るための工夫は?

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/01/31 19:10

動物が好きな人たちが集まるペット共生型の集合住宅をつくるのが夢です。住人とペットが楽しく快適に生活できるような建物には、どういった工夫が必要でしょうか。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

ペットに合ったスケールの空間も大切です 酒井 正人(建築家) 2008/02/02 02:31
ぺっとと住人だけでなく、ぺっと同士も。。。 青木 恵美子(建築家) 2008/02/03 10:55
動物のプロの意見も 2008/02/04 18:07

このQ&Aに類似したQ&A

ガレージ住宅の設計料、施工料について 専門家プロファイルさん  2008-11-13 12:55 回答5件
一般の住宅と別荘の違いや注意すべき点は? 専門家プロファイルさん  2008-06-26 11:52 回答10件
RC-Z工法の一戸建て購入について 住宅購入検討中さん  2015-07-07 15:48 回答2件
狭小でも満足できる家を建てるポイントは? 専門家プロファイルさん  2008-06-12 15:13 回答8件
エコ住宅にするための工夫は? 専門家プロファイルさん  2008-05-22 10:30 回答8件