住宅購入について - 藤森 哲也 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

住宅購入について

2008/01/10 10:04
(
3.0
)

せい さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。

ご質問いただきました、

>私達でも住宅購入のためのローンは組めるでしょうか?

ですが、永住権があるとのことですので、
金融機関によっては、融資してくれるところもあります。
(契約社員というところで、若干、審査が厳しくなると思われます)


また、

>賃貸併用と単なる中古住宅の購入に関わる、
>税金面でのメリット、デメリットをお教え下さい。


とのことですが、税金面というよりかは
賃貸併用住宅についての、特徴をご説明いたします。

・家賃収入があり、その分をローン返済にまわせる
 ⇒家賃収入がない月などは、手出しの返済額が増えるので要注意

・同じ建物に、大家と店子が住んでいることになるため、
 いろいろな管理業務が発生する場合がある

・店子が退去した後の、修繕費などがかかる場合がある
 ⇒修繕費などの蓄えを準備しておかなければならない

・建物で賃貸部分は、原価償却が認められているので
 税金等を圧縮することができる場合がある。

などなどです。

そもそも、賃貸併用住宅と、一般の中古住宅の場合、
購入の目的が変わってきてしまいますので、まずは、購入の目的を
明確化したうえで、購入物件の選定に入られたほうがよろしいかと
思います。


以上、ご参考になりましたでしょうか
アドキャスト 藤森哲也

評価・お礼

せい さん

早速のご回答、ありがとうございました。

なぜ賃貸併用住宅なにかについては、今後継続的に収入を得るための手段として購入を考えてのことなのですが、お話を伺い慎重になる必要があることを再認識いたしました。

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
( 不動産コンサルタント )
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅購入

住宅・不動産 不動産売買 2008/01/09 00:01

40代後半の夫婦で、今、住宅購入を考えています。希望は中古賃貸併用住宅で、家賃収入分をローン返済にあてたいと考えています。場所、環境など考えて探しているのですが、思っていたより高額なために、単なる中古住宅にしよ… [続きを読む]

せいさん (埼玉県/48歳/女性)

このQ&Aの回答

メンテナンスも考慮して検討を! 早乙女 明子(建築プロデューサー) 2008/01/12 14:41

このQ&Aに類似したQ&A

旧借地権の購入について はなやっこさん  2015-03-21 07:25 回答1件
結婚と同時に住宅購入 youyoumaさん  2012-10-16 13:00 回答2件
中古アパート併用住宅の購入について 910ta28さん  2012-05-25 18:55 回答3件
戸建かマンションかで悩んでおります。 まつもんさん  2012-04-24 00:13 回答3件