回答いたします。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

回答いたします。

2007/12/19 15:15

1については、原則、公共機関による運賃です。ただし、歩行が困難などの事情があれば、その間はタクシー代も認められると考えます。
2については、物損ですが、原則として、事故時の時価ということになります。
精神的苦痛については、治療が終了した時点で、通院期間、通院回数などを基準として慰謝料の請求が認められます。
また、後遺症が認定された場合は後遺症の慰謝料が別途請求でき、場合によって逸失利益の請求ができます。
将来的なものは、示談後に事故と因果関係を有する後遺症が出て認定された場合にその時点で請求するということになります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

交通事故に遭った時の対応について

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2007/12/18 10:50

先日、私の父(約70歳)が交通事故にあいました。
自転車で横断歩道を渡っている最中、右折してきたタクシーに跳ね飛ばされました。
状況からして、前方不注意ということで100%相手側(タクシー… [続きを読む]

くまこ5さん (東京都/29歳/女性)

このQ&Aの回答

もっと賠償金の額は多いです。 村田 英幸(弁護士) 2007/12/20 08:46

このQ&Aに類似したQ&A

交通事故に伴う損害賠償について pinga7032005さん  2007-09-05 16:56 回答2件
交通事故のあとの手続きについて 杏子さん  2007-07-31 15:16 回答1件
交通事故で加害者側の保険会社の対応手段 アトルさん  2008-03-01 17:14 回答1件
複雑な状況でのアパートでの自殺 MusicVideomanさん  2011-07-24 11:41 回答1件
交通事故の示談に応じない yuumamaさん  2011-05-27 15:29 回答1件