交通事故に遭った時の対応について - 民事家事・生活トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

交通事故に遭った時の対応について

暮らしと法律 民事家事・生活トラブル 2007/12/18 10:50

先日、私の父(約70歳)が交通事故にあいました。
自転車で横断歩道を渡っている最中、右折してきたタクシーに跳ね飛ばされました。
状況からして、前方不注意ということで100%相手側(タクシー運転手)が悪いというは、認めています。
交通事故の状況としては、
?足の切り傷程度。跳ね飛ばされた際に腰から地面に叩きつけられたため、腰が痛み、足が痺れています。(レントゲンでは問題無しとのこと)
?自転車が全損

そこで、相手側は?については、通院の実費(1回通院するごとに4,000円)?については、500円と提示してきています。
これは、妥当な保障なのでしょうか。現在は歩いたりも出来ていますが、今後障害が出てきてしまったらと思うと心配です。また相手側が壊した自転車も規則ですからといって500円しか出してくれないようです。これでは中古の自転車も購入できないので納得できません。将来に発生しうる障害や精神的苦痛に対する保障を請求することは出来るのでしょうか?またどのようにして請求したらよいか、相手側は会社の事故処理の方が対応されていますが、使用者責任と運転者個人の方に賠償を求めることはできるのでしょうか。
父は命があっただけでもよかったといって相手のいいようにもっていかれる感じなので、アドバイスのほどお願いします。

くまこ5さん ( 東京都 / 女性 / 29歳 )

回答:2件

村田 英幸

村田 英幸
弁護士

- good

もっと賠償金の額は多いです。

2007/12/20 08:46 詳細リンク

たれさん、こんにちは。

大変な状況ですね。

1,裁判実務では、月額29万円(期間が長くなるにしたがい、額が単純に2倍とかになるのではなく、ゆるやかに増額していきます)で、通院期間(実治療日数ではありません)に応じて、賠償されます。
日額4000円というのは、自賠責の基準ですので、最低限は当然に支払ってもらえる金額ですので、示談するメリットはありません。

2,については、自転車を購入したときの金額が立証できる資料(領収書、パンフレットなど)があれば、裁判実務では、賠償してもらえます。ただし、中古車としての時価になりますが。したがって、500円ということはありません。

3、後遺症が出た場合には賠償してもらえるよう、示談の文言を工夫するか、自賠責の認定を受けることが考えられます。


交通事故については、私のホームページで詳しく解説していますので、参考にしてください。
http://www.murata-law.jp

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


回答いたします。

2007/12/19 15:15 詳細リンク

1については、原則、公共機関による運賃です。ただし、歩行が困難などの事情があれば、その間はタクシー代も認められると考えます。
2については、物損ですが、原則として、事故時の時価ということになります。
精神的苦痛については、治療が終了した時点で、通院期間、通院回数などを基準として慰謝料の請求が認められます。
また、後遺症が認定された場合は後遺症の慰謝料が別途請求でき、場合によって逸失利益の請求ができます。
将来的なものは、示談後に事故と因果関係を有する後遺症が出て認定された場合にその時点で請求するということになります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

交通事故に伴う損害賠償について pinga7032005さん  2007-09-05 16:56 回答2件
交通事故のあとの手続きについて 杏子さん  2007-07-31 15:16 回答1件
交通事故で加害者側の保険会社の対応手段 アトルさん  2008-03-01 17:14 回答1件
複雑な状況でのアパートでの自殺 MusicVideomanさん  2011-07-24 11:41 回答1件
交通事故の示談に応じない yuumamaさん  2011-05-27 15:29 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

中西 優一郎

弁護士法人アルテ

中西 優一郎

(弁護士)

岡村 陽介

サニー行政書士事務所

岡村 陽介

(行政書士)