商品開発:アウトソーシングのメリット・デメリット - 間山 進也 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

商品開発:アウトソーシングのメリット・デメリット

2007/11/09 17:13

商品開発をアウトソーシングする場合、メリットとしては、アウトソーシングする側では、量産検討、バグ取りなどの製品化検討に研究開発要員を割くことなく、次期製品の開発に開発要員を集約することが可能となることなど、開発効率およびコスト面からのメリットが考えられます。

一方で、アウトソーシング先の監理を行わなければならないという、手間が発生するのがデメリットのうちの1つということができます。アウトソーシング先からの情報漏洩やノウハウ流出などがあれば、メリットを上回る経済上および信用上の損失が発生する可能性もあります。

アウトソーシングする場合、アウトソーシング先に対して新製品を開示することにもなりますので、特許、実用新案、意匠、商標等を先行して出願しておくことも考えなければなりません。

特許出願が間に合わない場合や、特許などで権利が保護できない場合、ノウハウを保護するために、必要に応じて、NDS(non disclosure agreement)などを締結することも必要になると思います。

その他、顧客データなど個人情報を含むデータを提供する場合、後のデータ漏洩があった場合にどのように対応するかについて予め合意しておくことも必要です。

その他のデメリットとして考えられるのは、自社基幹技術のアウトソーシングを行う場合、研究開発者の意識が良い意味でも悪い意味でも変化してくる可能性を挙げたいと思います。

次の技術開発の芽は、意外にも製品化検討などの泥臭い「力技」に属する開発から生まれることがあるからです。

以上の点で、アウトソーシングする前に、アウトソーシング先との間で明確な合意を形成しておくこと、およびアウトソーシングする技術範囲を検討されることをお勧めします。

回答専門家

間山 進也
間山 進也
( 弁理士 )
特許業務法人エム・アイ・ピー 代表弁理士

知的財産権をより身近にするサービス

知的財産について、化学(ナノテク)、機械、土木建築、制御技術、情報処理、ソフトウェア、ビジネスモデル特許などの分野でご希望・お困りの場合には、お気軽にご相談下さい!

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

商品開発、アウトソーシングのメリット・デメリット

法人・ビジネス 商品企画・開発 2007/11/08 10:44

今まで自社で、商品開発から生産まで行っていましたが、次の開発では、アウトソーシングを検討しています。アウトソーシングのメリット・デメリットを教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

このQ&Aに類似したQ&A

商品開発力を高めていく方法は? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答7件
新商品を開発しましたが事前契約のない請求がきました kodomotachiさん  2012-06-22 23:48 回答1件
最適な価格を知りたい 専門家プロファイルさん  2010-07-28 13:14 回答5件
製造業のソフトウェア開発パートナー発掘 kumapooさん  2012-06-01 15:20 回答1件