現在の事業規模ならば白色継続の方が得策です。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
田邉 康雄

田邉 康雄
経営コンサルタント

- good

現在の事業規模ならば白色継続の方が得策です。

2008/03/28 10:09

トシ様

本件は、税理士の業務範囲の御質問です。

―― 私は有限会社田辺コンサルタント・グループをもっていますが、その他に「個人事業主」でもあります。これを税理士に経理を依頼している経験者として回答します。

 ―― 結論を先に言います。
現在の事業規模であれば白色申告のままで支障ないと思います。

 青色申告にする際のメリットは、65万円の「''青色申告特別控除''」が得られることです。デメリットは正規の簿記(複式)を採用しなければならず、個人では困難であることです。

「経費を差し引いて年収120万円位」
という意味がよく理解できませんが、「所得税4万円」という御表現から逆算して所得は、40万円だと思います。

 すなわち売上高300万円から、御自身事業主の給料賃金120万円を含む経費を差し引いた所得が40万円だと思います。

 40万円の所得から青色申告特別控除65万円を差し引くとマイナスになってしまいます。したがって所得税はゼロです。これで年間4万円の節税が達成されました。

 ―― 一方、税理士に依頼する場合の報酬ですが、月3〜5万円プラス税務署への決算申告代3〜5万円が相場です。安い3万円をとっても年間39万円です。

 ―― 結論をもう一度
 年間4万円の節税を達成するために39万円を税理士さんに支払うことになります。

 ―― アイデア提供
 現状のまま、節税を図りたいとお考えでしたら、中小企業総合事業団の「小規模企業共済」に加入されることをお勧めします。これを紹介することが私、''中小企業診断士''の仕事です。

 所得が私の推定通り40万円であるならば、毎月3万円掛けると年間36万円になります。この掛け金の全額が所得控除になります。すなわち所得は40万円から4万円に減少し、その分だけ節税になります。

  
 以上は私が「藤間公認会計士税理士事務所」に経理を依頼している過程で得た知識です。正しくは税理士に確認してください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

個人経営の理容師の申告について

法人・ビジネス 税務・確定申告 2007/09/04 12:31

個人経営の理容師してます。確定申告についてなんですが、
開業して5年毎年、白色申告してきました。小さな細々とした仕事なんで
年商300位、経費を差し引いて年収120万位です。所得税も4万… [続きを読む]

トシさん (宮城県/30歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

白色申告から青色申告への変更について momo03さん  2012-12-03 15:09 回答1件
事業所得(個人)の申告について 吾郎さん  2008-11-12 17:51 回答1件
事業専従者(白色)の確定申告について おっトントンさん  2008-02-27 14:34 回答1件
確定申告は必要ですか? エルビスさん  2013-02-12 00:02 回答1件