アパート併用住宅の購入に関して - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

中石 輝

中石 輝
不動産業

1 good

アパート併用住宅の購入に関して

2012/05/27 17:46

 対象物件の詳細データは、不動産業者間の物件情報「レインズ」にて確認いたしました。

賃貸併用住宅であり、4LDKの居住部分に910ta28さんが実際にお住まいになるのであれば、恐らく一般的な住宅ローン(返済期間35年)の利用は可能でしょう。
りそな銀行、もしくは信用金庫あたりが、この種の融資は積極的かと思います。
(ご年収に対する返済比率を考慮すると、借入額可能額がショートするものと考えます。)

なお、物件の販売図面を確認すると、4LDK部分も4月19日時点で賃貸中となっていますが、こちらは現時点では退去されたのでしょうか。
現在も4LDK部分が賃貸中で、完全なオーナーチェンジ物件となるのであれば、アパートローンの利用となり、その場合には築26年も木造だと融資の利用は原則難しいでしょう。

‘割高かどうか’、となると、決して高くはないと思います。
同じ町内での直近1年間での土地の成約事例は下記の2件です。
A.198.56平方メートルの土地→@134.85万円/坪で成約
B. 82.65平方メートルの土地→@143.99万円/坪で成約
対象物件の売値8,800万円を土地代のみと考えたとしても坪単価は@139.53万円となり、売値8,800万円はほぼ土地代だけということになります。

条件の良い融資付けが出来るor 現金で購入できる、という方にとっては、十分担保評価の出る物件かと思いますので、良い物件かとは思います。

ただし、この手の物件を購入される時には、「出口戦略」が非常に重要になります。
最終的に更地にして売却するという出口も考えやすい物件ですので、その点はプラスでしょう。

ただし、投資物件として考えると、利回りも期待できないですし、4LDK住戸がある分、空室リスクは高くなる、ワンルームも3点ユニットなので今後賃料の逓減が予想される…等、リスクは大きい物件かと思います。

4LDK部分にご自身が住みたい、と強く思われる物件であれば別ですが、初めての投資物件となると少し厳しいのではないでしょうか。

多少なりともご参考になれば幸です。


株式会社リード
中石 輝
「仲介手数料定額制」リードのホームページ http://www.lead-yokohama.co.jp/
一律525,000円の仲介手数料「不動産売却エージェント」ホームページ http://www.fudousanbaikyaku.jp/
ブログ 「不動産仲介手数料定額制」普及への挑戦 http://ameblo.jp/lead-yokohama/

不動産売却
賃貸併用住宅
アパート
不動産
住宅ローン

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

中古アパート併用住宅の購入について

住宅・不動産 不動産売買 2012/05/25 18:55

初めまして。不動産投資に興味があり、ご質問させて頂ければ幸いです。

今までずっと賃貸で暮らしてきて、近頃、不動産投資に大変興味を持ち始め、最近、色々と物件を見ていたら、近所で中古… [続きを読む]

910ta28さん (東京都/35歳/男性)

このQ&Aの回答

築26年の木造アパートには住宅ローンが厳しいと思います。 野口 豊一(ファイナンシャルプランナー) 2012/05/26 02:11
アパート併用住宅購入 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2012/05/27 03:49

このQ&Aに類似したQ&A

中古アパート購入を検討しています。 タケウチさん  2013-03-05 17:46 回答1件
土地+二世帯住宅の資金計画:無謀でしょうか? 草食動物さん  2010-03-04 22:39 回答1件
住宅を購入するべきか? hunterさん  2008-04-29 20:09 回答2件