フラット35の審査について - 藤森 哲也 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

5 good

フラット35の審査について

2011/01/23 09:48
(
2.0
)

Tokyo Fujii さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
ご質問いただきました件ですが、

フラット35には2段階の審査があって、
「窓口金融機関の審査」 → 「住宅金融支援機構 (以下 機構) の審査」
という流れで進み、審査は先に行くほど より厳しくなっていきます。

また、申込する金融機関によっては仮審査を受け付けるところもありますが、その審査は非常に緩いと言われています。


詳しい内容がわからないため、具体的な回答はできかねますが、
フラット35の仮審査で落ちる場合は、以下のケースが考えられます。

(1) 個人信用情報に問題がある。(過去にローンやカードの支払いに延滞等の事故情報があり)

(2) 返済比率をオーバーしている。(年収に対しての借入額の割合が大きい)
   ※返済比率・・・税込年収に対する年間返済額(住宅ローン返済額+既存借入返済額)の割合。

(3) 借入限度額以上の借入である。(事務所兼住宅の場合、借入限度額は住宅用よりも低くなる。)



仮審査で落ちてしまう理由で圧倒的に多いのは、(1)の個人信用情報関連です。
既存借入がある場合は、借入前に完済できるのかどうかを事前に確認の上、
完済できるのであれば、借入前に完済する旨をきちんと銀行に伝えることが大切です。

ローンの延滞等の事故情報の場合、残念ながら対処方法がありませんので、
地道に借入できる銀行を探していただくか、事故情報が消えるまで待つことになります。

不安であれば、借入者の個人信用情報を取得することをお勧め致します。

・全国銀行個人信用情報センター
 http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

・シー・アイ・シー
 http://www.cic.co.jp/

・日本信用情報機構
 http://www.jicc.co.jp/

補足

(2)の返済比率をオーバーしている場合は、借入額を下げるしかありません。
もし、昨年(平成22年)の収入で返済比率内におさまるのであれば、
平成23年度の公的証明が交付(6月頃)されてから申込を行うという方法もあります。
しかし、決済が半年以降になってしまうため、あまり現実的ではないかもしれません。


(3)の借入限度額以上の借入である場合、(2)と同様に借入額を下げるか、建築プランを変更していただくことになります。
フラット35の場合、居住用部分が100%であれば、売買価格の100%まで借入ができますが、
事務所兼住宅の場合は、事務所部分は融資対象から除かれてしまうため、100%まで借入できません。
もちろん、居住用部分の床面積が全体の50%以上兼70㎡以上あることは大前提です。


その他、会社の決算内容等も考えられますが、今までの経験上、
それが理由で仮審査で落ちてしまったケースはございません。

たしかにフラット35の審査が厳格化され、落ちているケースが増えているのは事実ですが、
それは事前審査ではなく、機構審査で落ちてしまったケースがほとんどです。

今回、事前審査で落ちてしまったことがポイントになってきますので、
落ちてしまった理由を再度検証してみることが大切だと思います。
土地を購入する不動産業者とよくご相談してみてください。


以上、ご参考になりましたでしょうか

アドキャスト:http://ad-cast.co.jp/ 藤森哲也

FPによる住宅ローン初回無料相談 http://www.ad-cast.co.jp/money/loan/
住んでから気になることを事前に説明 物件調査報告 http://www.ad-cast.co.jp/purchase/object-report/

事故
不安
審査
フラット35
ローン返済

評価・お礼

Tokyo Fujii さん

2011/01/23 11:24

過去のローンのことで言うと30年位前にカードローンで50万くらい残高がマイナスだったことがあります。約2年くらいです。
もちろん年2回(だとおもいますが)金利を払う時期には遅延なく支払っていたはずです。
またその後1-2年くらいで残高をプラスにしているはずです。
ほかには事故情報というのが思い当たりません。
(2)は審査前に銀行と相談しているので大丈夫だと思います。
そうすると(3)の借入限度額以上なのかですね。
資料を良く調べてみます。
ご丁寧な回答ありがとうございました。

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
( 不動産コンサルタント )
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

(現在のポイント:31pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

フラット35審査で落ちました なぜ?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2011/01/22 13:25

12月に銀行3社にフラット35をつかった住宅ローンを申し込みました。
ところが仮審査でおちてしまいました。
不動産屋とは土地の仮契約までしていたのでショックでした。
その不動産屋さ… [続きを読む]

Tokyo Fujiiさん (東京都/54歳/男性)

このQ&Aの回答

フラット35否認の原因究明方法について 真山 英二(不動産コンサルタント) 2011/01/22 21:17
一般的な他人はどう思うか 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2011/01/22 22:44
フラット35の審査 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2011/01/23 01:35
書類が不備ではなかったですか。 久野 博(不動産業) 2011/01/22 17:13

このQ&Aに類似したQ&A

仲介業者の違法行為と住宅ローン bunbun18さん  2010-02-19 18:13 回答4件
住宅ローンの選定 はるちょさん  2008-02-29 23:20 回答3件
住宅ローンについて konkonpekoさん  2013-01-30 12:43 回答1件
住宅ローンの選定について Rara0812さん  2012-01-18 14:39 回答4件