攻めと守りに等しく配慮していけるとよいですね - 照井 博美 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

- good

攻めと守りに等しく配慮していけるとよいですね

2007/09/14 18:44

30代・40代のサラリーマン家庭の相談を最も多く受けているCFPの照井です。 住宅ローン完済まであと2年とのこと、おめでとうございます。

先に出ている先生方の回答に補足させていただくとすれば、まず私が運用の相談を受ける際に最初に行っているのは、最初にそのご家庭の資産運用のゴールである、目標リターンを求めることです。 おふたりのお話をお聞きし、リタイア後どのように過ごされたいかによって準備すべき金額は全然違ってくるのでまずそこをお聞きし、お子様の教育資金などが準備済みかどうかもお聞きした上で、自助努力で準備する金額が果たして3,000万円で足りるかどうかを見極めることにより、20年でそれを達成するには何%のリターンを目標にすべきかが見えてきます。

その際、30年・40年先のインフレも考慮して、実質購買力が保たれるようにすることも大切です。 (現在の3,000万円の価値が、平均的な過去の先進国のインフレ率を考慮すると、30年後半分の1,500万円の価値しかなくなる可能性はきわめて高いからです。)

目標リターンを決めることで、とらなくてもよいリスクをとることも防げます。 そこが決まって初めて資産クラスの配分を決めていきます。

商品を選択するのは最後です。 逆にその目標リターンをクリアでき、資産クラスの配分さえきっちりできていれば、商品はどれでも構いません。

回答専門家

照井 博美
照井 博美
( 岐阜県 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスシノワ
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。ご家族が思い通りに人生を送れるように、お客様の価値観・思いをまずしっかり聞き取ることを一番大切にしています。 人生の良き伴走者としてのFPを目指します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

今後の資産運用について

マネー お金と資産の運用 2007/07/01 20:35

今まで積極的に資産運用せずに来たのですが、住宅ローン完済のめども立ったため、老後の資金作りをしたいと
思っています。夫婦共働きで、退職金は5,000万円ほど出る予定ですので、あと20年ほどで3,000万円貯… [続きを読む]

もものしんさん (山梨県/38歳/女性)

このQ&Aの回答

毎月積立で分散投資をお勧めします 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/01 21:04
この機会に長期計画を立ててみましょう。 大間 武(ファイナンシャルプランナー) 2007/07/02 01:37
積立て型の投資信託、分散投資で安定した運用を。 佐々木 保幸(税理士) 2007/07/02 02:24
金利と将来の物価なども意識しておきましょう! 荒川 雄一(投資アドバイザー) 2007/07/02 10:47

このQ&Aに類似したQ&A

老後にむけ資産運用方法 こたろうのハハさん  2009-03-03 11:42 回答4件
短期間の資産運用について。 ちんすこうさん  2008-08-26 16:56 回答5件
貯蓄の基本姿勢について Pelloさん  2008-06-13 13:03 回答6件
3つの財布の分け方が決まりません デイジー2さん  2007-11-04 01:57 回答5件
個人型確定拠出金と退職金の運用 ひとしさんさん  2014-07-31 02:03 回答1件