自己(家族)が住むための住宅が前提 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
西垣戸  重成

西垣戸  重成
不動産コンサルタント

2 good

自己(家族)が住むための住宅が前提

2010/09/17 11:02
(
5.0
)

kuronyan 様

はじめまして、住まいのコンシェルジュの西垣戸 重成と申します。

 このようなタイミングで海外転勤とは大変ですね。
取敢えず、お申込み金融機関にご相談いただくとが先決だと思います。

ご家族の方々が居住されるのであれば、借入いただける可能性は高いと思いますが、もし申込済みの金融機関での借りれが不可能であれば、借入可能な金融機関に変更いただく必要があります。

一方、ご家族も住まれないとなれば、残念ですが借入は難しいかも知れません。

■ 気付いた範囲で注意点を挙げておきますのでご参考にどうぞ・・・

(1)金銭消費貸借契約はご本人が行うこと(一時帰国が必要)
(2)管轄市区町村の方で家屋証明書(減税証明書)が発行されるかどうかで、抵当権設定、建物移転登記の登録免許税に違いが出る
(3)非居住者の期間は住宅ローン控除は利用できない可能性が高い
(4)住民票や印鑑証明書に代わる書類を居住地の領事館で準備する必要がある

上記事項は、関係機関(市区町村や税務署等)にご確認しておいてください。

以上、簡単ですがご参考となれば幸いです。

登記
転勤
外国
住民
ローン控除

評価・お礼

kuronyan さん

西垣戸先生、
早速に御回答頂き、有難う御座います。家族も同行予定なので、残念ですが、借入は無理になってしまいそうですね。。。。金融機関にも相談してみます。

西垣戸  重成

西垣戸  重成

kuronyan 様

早速のご返信有難うござます。
ご家族もご一緒なのですか・・・

取敢えず、不可抗力の強い理由ですから仲介業者ともよく相談されてみてください。
ご健闘をお祈りいたします。

   EYE-PLUS 西垣戸 重成

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅売買契約締結後、引渡前に海外転勤に

住宅・不動産 不動産売買 2010/09/17 09:56

2ヶ月程前に中古戸建の購入を決定し、売買契約締結、手付金を支払い、住宅ローン審査も通りました。引渡しは、売主転居後となる来年3月を予定しています。ところが、その後よりによって会社… [続きを読む]

kuronyanさん (東京都/43歳/男性)

このQ&Aの回答

引き渡し前の海外転勤について 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/09/17 16:10
住宅売買契約締結後、引渡前に海外転勤について 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2010/09/18 16:29

このQ&Aに類似したQ&A

購入時期による住宅ローン控除の適用(海外駐在中) tnamabe88さん  2010-10-13 19:47 回答1件
停止条件付売買契約について ころっきぃさん  2016-08-05 08:21 回答1件
ローン審査不合格の為、契約白紙について ケンケン2さん  2015-03-04 07:21 回答1件
金消契約後の再審査について ひなた1112さん  2013-11-03 13:41 回答1件