仮に金利が上昇して負担が増えても耐えれるかが基準ではないでしょうか? - 植森 宏昌 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
植森 宏昌 専門家

植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

- good

仮に金利が上昇して負担が増えても耐えれるかが基準ではないでしょうか?

2010/07/07 12:39
(
3.0
)

はじめまして、数の子様。
アイスビィの植森宏昌です。

金利の将来的な推移に関しては、はっきり言いまして誰も分からないでしょうね?多分、当分は上がらないであろうと言う意見が大半でしょうが、これもあくまで予想の範囲です。

次に、金利が上がりそうになれば固定金利に切り替えれば?という意見を言われる専門家の方もおられますが、殆どの方は株の最安値で購入し、最高値で売却すると一緒でベストな金利では出来ないと思いますね。

個人的には数の子様のご家庭が、有る程度、金利が上昇して返済額が増えたとしても返済に耐えれるかが基準だと思います。ローンの基本は「安い物を借りる」です。今は金利が安いですから、変動金利が得策と言えますが、いつ金利が上がり返済額が増えるかは誰にもわかりません。その際に、ある程度の負担増に耐えながら上手く固定金利に切り替えれるのであれば変動金利を選ばれるのが良いでしょうね。
又、その際に、変動に切り替える事による負担が減った分を毎月、貯められ内入れや、もしもの時の負担増に備える事も同時に実施する必要があります。

備え
家庭
返済
ローン

評価・お礼

数の子 さん

植森様 ありがとうございました、
参考になりました。

植森 宏昌

コメント有難うございます。
又、分からない事やご相談がございましたら、いつでもご連絡下さい。

回答専門家

植森 宏昌
植森 宏昌
( 大阪府 / ファイナンシャルプランナー )
有限会社アイスビィ 代表取締役
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン固定と変動の2枠での借りを変動1本にするか

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/07/07 06:31

初めまして 
5年前に新築の住宅を購入し 只今高は1315000円です

中央三井信託銀行さんで住宅ロンをお借りしていて
残高約1315000円で内訳が
 固定金… [続きを読む]

数の子さん (兵庫県/40歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅ローン選びについて 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/07 10:09
ローン金利に関する考え方 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/07 10:56
今の家計や家族の状況から考えてみる。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/08 07:20
住宅ローンの借り換えについて 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/08 09:12
固定金利か変動金利か 向井 啓和(不動産業) 2010/07/08 11:30
金利が低いから長期間固定金利のメリットがあります。 築地 聡(保険アドバイザー) 2010/07/08 16:22

このQ&Aに類似したQ&A

建築条件付き物件、住宅ローンについて tomohiro1979さん  2011-11-10 10:37 回答1件
住宅ローン返済について kikipapaさん  2010-03-24 11:27 回答1件
住宅住み替え 新規購入(家二軒所有)か買い替えか flying-catさん  2009-05-18 04:44 回答2件
継続か借換えか? ウエッチさん  2008-05-24 16:21 回答3件
住宅ローン どうしても ハッピー ポジティブさん  2007-11-04 05:03 回答1件