一般例としてお答えします - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
前野 稔

前野 稔
ファイナンシャルプランナー

- good

一般例としてお答えします

2010/07/01 11:08
(
5.0
)

こんにちは天狗さん。

ファイナンシャルプランナーの前野です。

ご主人様奥様の課税所得が不明ですので正確にはお答えできませんので、一般例のご夫婦(夫Aさん、妻Bさん)としてお答えします。

住宅ローン控除は、住宅ローンの年末残高に対して1%もしくは1.2%を所得税および住民税から控除できるものです。

Aさんの課税所得が270万円とした場合、所得税は172500円となります。

もし、Aさんが平成22年に一般住宅を建てて、4000万円の住宅ローンの借入をしたとします。
年末のローン残高が3900万円であれば、初年度の住宅ローン控除の対象金額は、3900万円×1%=39万円となります。

しかし、39万円の控除対象金額にたいして、所得税は172500円しか払っていませんので、住民税の控除(上限97500円)をしても、残りの控除対象金額(120000円)を使い切ることができません。

ここで、Aさんの奥さんであるBさんの課税所得が180万円だとした場合、所得税は90000円となりますので、Bさんが1200万円の住宅ローン残高があれば、Bさんの所得税90000円プラス住民税の一部(30,000円)がローン控除で戻ってきます。

つまり、この場合、Aさん単独で借りるよりも、AさんBさんが連帯債務として借入することで、Bさんの所得税住民税の分12万円が余分に戻ってくることになります。

天狗さんの場合も、この例に近いと思われますので、ご夫婦連帯債務での借入がお得だと思われます。

ご主人様、奥様のそれぞれの所得税、住民税の額を確認した上で、3:1の比率がいいのかどうかも検討して下さい。

また、デメリットとしては、退職や休職でその年の所得税、住民税の納付が少ない場合は、住宅ローン控除で戻ってくる税金も少なくなります。

以上、天狗さんの参考になれば幸いです。

所得税
所得
住民税
ローン控除
住宅ローン

評価・お礼

天狗 さん

詳しい説明ありがとうございます。
とても参考になりました。妻は子供も産んでも復帰するつもり(パートかもしれないですが)なので比率も合わせて検討してみます。

前野 稔

前野 稔

このたびは高評価いただきありがとうございます。

奥様がパートになると支払う所得税住民税も少なくなる(ゼロになる)ことになりますのでその場合は連帯債務のメリットがなくなるかも知れません。

でも今後のことはどうなるか分からないですよね。
あれこれ悩むより、今考えられるベストな方法でやってください。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン 夫婦合算

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/07/01 01:10

住宅ローン控除を考えて、夫婦合算で借入したほうが控除が多いと提案されました。
もしもの場合のリスクを考えて、夫:妻=3:1で位で借入したらどうでしょうかというものでした

提案例:
夫:会社員… [続きを読む]

天狗さん (埼玉県/30歳/男性)

このQ&Aの回答

二重に控除を利用できるので、メリットはあります 沼田 順(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/01 05:07
住宅ローンの件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/01 17:21
住宅ローンの夫婦合算について 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2010/07/01 21:12
連帯債務型(ペアローン)が良いと! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/01 08:58
根本的な部分を見直しましょう! 西垣戸  重成(不動産コンサルタント) 2010/07/01 11:44

このQ&Aに類似したQ&A

現在共働き 住宅ローン繰上げ返済について kanaokoさん  2012-02-09 10:03 回答3件
住宅ローン控除を最大限に受けるには? ahiruさん  2009-07-29 13:51 回答2件
ペアローンか収入合算か あおいぞうさんさん  2011-12-15 22:35 回答3件
夫が海外赴任となった場合の申告について green1212さん  2011-10-17 09:05 回答1件