住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2010/07/01 17:21

天狗さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『夫1人で4,000万円借り入れできた場合...違いがでるのでしょうか?』につきまして、具体的な控除額まで提示して説明をすることは税理士法に抵触してしまうため差し控えさせていただきますが、住宅ローン控除につきましては、基本的には所得税額控除となりますので、ご夫婦で共有持ち分にする場合、控除することができる所得税額から逆算して、各々の借入金額を確定していくことをお勧めします。

計算もそれほど難しくはありませんので、ご自身で計算してください。

尚、夫婦合算で住宅ローンを組む場合のメリットとしては、住宅ローン控除をご夫婦各々の適用が受けられます。
また、将来譲渡した場合の3,000万円控除など、譲渡所得に関する特例につきましても、ご夫婦各々が受けられることになります。

その反面、ご夫婦で共有持ち分にした場合、不動産は簡単に分割することができないという特性がありますので、将来、万が一離婚などになってしまった場合、住宅ローンや持ち分をどうするのかという点でデメリットがでてしまうと考えます。

尚、住宅ローンの組み方につきまして、今後の就業期間も考慮する必要がありますし、多少不規則となってしまいますが、ご主人様分を長期固定で住宅ローンを組み、奥様分は変動などローン金利が低く済むように住宅ローンを組むことで、毎月の返済額をある程度抑えながら、奥様分のローンを優先して繰り上げ返済してしまう方法もあります。

住宅ローンの組み方につきましては、奥様とも良く話し合っていただくことをお勧め致します。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

税理士
金額
計画
住宅
期間

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン 夫婦合算

マネー 住宅資金・住宅ローン 2010/07/01 01:10

住宅ローン控除を考えて、夫婦合算で借入したほうが控除が多いと提案されました。
もしもの場合のリスクを考えて、夫:妻=3:1で位で借入したらどうでしょうかというものでした

提案例:
夫:会社員… [続きを読む]

天狗さん (埼玉県/30歳/男性)

このQ&Aの回答

二重に控除を利用できるので、メリットはあります 沼田 順(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/01 05:07
住宅ローンの夫婦合算について 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2010/07/01 21:12
連帯債務型(ペアローン)が良いと! 山中 三佐夫(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/01 08:58
一般例としてお答えします 前野 稔(ファイナンシャルプランナー) 2010/07/01 11:08
根本的な部分を見直しましょう! 西垣戸  重成(不動産コンサルタント) 2010/07/01 11:44

このQ&Aに類似したQ&A

現在共働き 住宅ローン繰上げ返済について kanaokoさん  2012-02-09 10:03 回答3件
住宅ローン控除を最大限に受けるには? ahiruさん  2009-07-29 13:51 回答2件
ペアローンか収入合算か あおいぞうさんさん  2011-12-15 22:35 回答3件
夫が海外赴任となった場合の申告について green1212さん  2011-10-17 09:05 回答1件