奈良・富雄「ブーランジュリー アッシュ」に取材に - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

奈良・富雄「ブーランジュリー アッシュ」に取材に

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


「B&C(パンニュース社)」3-4月号の巻頭特集のため、奈良「ブーランジュリー・アッシュ」に取材に寄せていただきました。
奈良市富雄元町2-1-12

特集のテーマは「パン・ペルデュ」
2次加工製品の上手な展開の仕方です。

シェフの佐瀧さんは奈良パンステージのイベントをひっぱる中心的な役割を果たされる方であり、すでに何度かお会いしています。
こちらのパン屋さんは売り切りを念頭におき、ほとんど売れ残りがないのです。
「作った物は、人に食べて貰ってこそ、でしょう?」
現代の消費社会のあり方に疑問を感じているというお話には、ぐっと引き込まれます。
詳しいことは、B&C3-4月号をどうぞ。


こちらのデニッシュはいつ見ても、キュートでフォトジェニック!
ダノワーズ(デニッシュ)生地と、クロワッサン生地は違うものなのだそうです。
ダノワーズははらはら。

クロワッサン生地はざっくりした感じ。



午後3時頃。
西日が売り場にさしこみ始めました。

ロールスクリーンで少し陽を遮ると、柔らかい黄色い光がパンにふんわりとかかります。
私の写真では表現しきれないのですが、冒頭の写真のパンが、ぱっとあたたかなイメージに包まれました。このお店のイメージそのものです。
なんていい色なのでしょう!



ご夫婦二人で実直に営まれるパン屋さんです。
取材に寄せてもらうお店というのは、たいていお客さんが途切れなくやってくるものですが、やはりこのお店もそう。次ぎ次ぎと人が来られます。
「あのう、今日は紅茶パンは?」
「すみません。火木土だけなのです・・」
大人気の紅茶パン。私も買えず、残念です。

レジ横の格子窓からは、坂道を見上げることができます。木のドアもレジ台もなんともいえず素敵な感じ。



さてこれが今回の特集に登場する「ボルベックス」120円
2次加工品です。

ぱっと見ただけでは何からできているのか分かりません。
焼きたてをいただいて帰ったのですが・・・。
お腹が空いていたので、カメラマンさんと二人で駅のホームで電車を待ちながら食べ始めました。
まずはクロワッサン、その次ぎはダノワーズのりんご、そしてボルベックス。あんまりにもおいしくて、二人でけらけら笑いながら食べていたら・・・電車を2台もやりすごしてしまいました。
2人もいて、2台って・・!?
さてボルベックス。持ち帰り、スタッフ久我に食べてもらったところ
「栗ですか。それとも白あん??」
答えは食パンの耳です。これはほんとにびっくりのおいしさ。ちょっとつぶつぶした食感がよいのです。作り方も材料もいたってシンプル。
お近くの方、ぜひお試しあれ!

このコラムに類似したコラム

重たい(けどおいしい)チーズケーキ 広島ポワヴリエ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/12 22:12)

パン・ド・ロデヴの会 in 神戸にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/04/14 23:09)

6月7日アペリティフの日に 塚本 有紀 - 料理講師(2012/06/08 22:17)