「布ナプキン」 - その他の心と体の不調 - 専門家プロファイル

徐 大兼
アキュラ鍼灸院 院長
東京都
鍼灸師
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「布ナプキン」をご存知ですか?

生理の時「使い捨てナプキン」が当たり前と思っている方は多いのではないでしょうか?
また「使い捨てナプキン」によるむれ、かぶれ、かゆみ等の不快感を経験した事がある方、いらっしゃいませんか?
布ナプキンを使ってみると、今までと生理に対する受け止め方や、対処の仕方そして、からだの変化をより感じることができてきます。
基礎体温や生理周期だけでなく、生理の量や状態など体調の変化を感じとることができてくるのです。

使い捨てナプキンは石油由来の化学物質からできています。
化学物質は皮膚から侵入、吸収され体外に排出されにくく、様々な疾患を引きおこす有害な物
「経皮毒」といわれています。
女性の場合は、膣周辺の皮膚から侵入、吸収し子宮にたまるといわれており、子宮内膜症、PMS生理不順、生理過多などの様々な疾患を引き起こす可能性があるだけでなく、発癌性もあるともいわれています。
布ナプキンは、綿、リネン、絹など、からだに優しい天然素材からできており何度も洗って使えからだだけでなく、環境にも優しい(エコ)ナプキンともいわれています。

大切な自分のからだに使うものを選ぶ際、より優しいものを選んでみると、今まで汚物として使い捨てていた時よりも、交換時や洗濯時に自然と生理を確認するようになり、生理と上手に向きい、生理に対する意識が変わってくると思います。

布ナプキンには色や形状、柄、おりもの用など様々な種類があります。
「布ナプキン」にすぐ替えるのに抵抗のある方は、おりもの用の布ナプキンからはじめられてはいかがでしょうか?
そして、生理の際、ご自宅にいる際に「布ナプキン」、外出時は「使い捨てナプキン」などと上手に使い分け、心地よくあたたかな生理期間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

環境への配慮とからだへのいたわり。
汚物として捨てていた「使い捨てナプキン」とは違い生理は自分の状態がわかる大切な期間ということを、布ナプキンで体感してみてはいかがでしょうか

鍼灸師 庄子

このコラムに類似したコラム

休みの日にぐったり、、、。 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/05/05 18:03)

骨盤の弾力はありますか? 傳川 紀子 - ヨガインストラクター(2013/03/04 15:43)

「布ナプキン」 徐 大兼 - 鍼灸師(2012/12/12 12:10)

原坊の朝顔誕生秘話 徐 大兼 - 鍼灸師(2012/07/10 14:21)

AMHとは? 徐 大兼 - 鍼灸師(2012/01/10 10:51)