ゴルフレッスン事例 「フェアウェーウッドがトップしてしまう」 - ゴルフ全般 - 専門家プロファイル

ヒロコ・ベンダーホーフ
ベンダーホーフ 全米女子プロゴルフ協会 A級インストラクター
ゴルフインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ゴルフ

ヒロコ・ベンダーホーフ
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)
ヒロコ・ベンダーホーフ
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)
ヒロコ・ベンダーホーフ
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)

閲覧数順 2017年02月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴルフレッスン事例 「フェアウェーウッドがトップしてしまう」

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ゴルフ
  3. ゴルフ全般
ゴルフ 上達のコツ

「アイアンは何とか打てるけれども、フェアウェーウッドがトップしてしまう


今回いらしたお客様の悩みでした。


スイングを拝見してみると、「ちゃんとボールに当たるようにしたい」という気持ちからか、重心移動が殆んどなく、手だけでクラブをあげているスイング。



トップでは上半身が90度位ひねられた状態がほしいのですが、それが殆んどありません。


その結果 手打ちのスイングになってしまい、トップが多くなってしまったのです。



今回のレッスンでは、テークバックで上半身の捻転を行うことで、手と体のバランスがとれたスイングにしていく事を課題にしました。



スイングに大きく手を加えた訳ではないので、お客様も違和感が少なく、みるみるうちにショットに力強さが加わっていきます。


それもそのはず。


これまで 手、腕の小さな筋肉でボールを打っていたのに比べ、上半身の念転をすることで腹筋・背筋を活かしてボールを打てるようになったからです。


お客様が本来持っていらっしゃる力が ボールに伝わるようになり、トップが解消されただけでなく、飛距離も伸ばすことができました


文責:ヒロコ・ベンダーホーフ (アメリカA級ゴルフインストラクター)




このコラムに類似したコラム

「ゴルフレッスンを究極の上達につなげるコツ」 米国A級プロ直伝上達法 ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2013/03/31 21:24)

「海外のジュニアゴルフ事情」でインタビュー取材を受けました ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2012/12/21 19:48)

全米LPGAヒロコの「癖を活かして!ゴルフ上達の近道」 ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2013/01/24 08:05)

トップ指導者の資質:○○しながら「スイッチ探し」 ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2012/12/19 10:38)

ゴルフプロが教える「忘年会、新年会…飲みながらゴルフも上達」  ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2012/12/09 17:19)