体罰をしてしまう親のQ&A - ゴルフ全般 - 専門家プロファイル

ヒロコ・ベンダーホーフ
ベンダーホーフ 全米女子プロゴルフ協会 A級インストラクター
ゴルフインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ゴルフ

ヒロコ・ベンダーホーフ
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)
ヒロコ・ベンダーホーフ
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)
ヒロコ・ベンダーホーフ
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)

閲覧数順 2017年09月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

体罰をしてしまう親のQ&A

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ゴルフ
  3. ゴルフ全般
ゴルフ 上達のコツ

先日 下記のような記事を目にしました。


「少年野球をやっている息子は、自主練習もせず、凡ミスも多い為に試合出場もあまりありません。


野球を続ける為の約束を殆んど守らず、怒ったときだけ「心を入れ替える」と言いますが、同じ事の繰り返しです。


どうしたら良いか分からず、暴力をふるって力づくで抑えつけてしまいますが、最近はブレーキが利かず、息子を殺してしまうのではないかと、自分自身が怖いです。」 (毎日小学生新聞 2013年2月3日より 内容要約)



これを読んだ時、まず「有難う」と感じました。


辛い胸の気持ちを、正直に打ち明けてくれて。


「歯止めの利かない事をしでかしてしまうのでは・・・」


と、親として決して認めたくない気持ちを、正直に打ち明けられたこの方の勇気に感謝でした。


(子育てを経験している人ならば,誰でもそう感じている事があるのではないでしょうか。)



親の「まず学校の事をしてから、野球だ」の考えはもっともです。


それが伝わりやすい方法を ジュニア指導の経験からお伝えさせて下さい。




「感情には感情で応えること」が、会話のキャッチボールの鉄則です。


(詳細は ブログ「思春期・反抗期の子供との会話術」をご覧ください。)


その為に、まず息子さんに「チームのどんな所が大切だからそこまでして続けたいのか」を聴く。


この時の注意点:


親はつい、子供の話を聞きながら、自分の考えをめぐらしがちです。


状況分析とでも言いましょうか。


これでは、相手の心をありのままに受け取ることができません。


ここはグッとおさえて・・・。



注意点2:


相手の会話中、つい自分の考えを話したくなりますが、我慢。


今は相手の土俵です。


ここで親が自分の意見や考えを言ってしまうと、


たとえアドバイスのつもりでも


子供には 「どうせお母さんは、僕の考えなんか聞いてくれないんだ。」


と 受け取られてしまいます。


これが続くと、反抗期には何を聞いても黙りこんだり、


「うぜーんだよ!」


…になってしまいます。



息子さんがチームに対して大切と感じている事を、たとえそれがどんな些細な事でも、まず聴く。


大切な事は人によって違います。 


どんなにちっぽけな事でもその人にとっては大切な事ですから


「そうなんだ、貴方にとってそれがとっても大切だから、野球を続けたいのね・・・」


と、言葉でしっかりと伝えましょう。 


「ふーん」では、ダメですよ。 


それは反応(相槌)であって、伝えてはいませんからね。




その後、息子さんが大切な事を続けられるように、お約束を親子で紙に書き出します。


例えば、

  学校から帰宅した後にすることの約束を箇条書きで書く。


  約束が守れなかった時の 約束を書く。(例:週末のTV番組が、一本づつなくなり、勉強に充当。)


  約束が出来た時の 約束を書く。(例:週末の好きな時間が、15分ごと増える。)



このリストを一日の終わりに親子でみて、評価する。


上述は全米LPGAの指導者育成から案を得ました。



このリスト評価は 親御さんにとって


「約束ができなければ、週末のTV時間が勉強時間になるわ。」と、冷静になれる点で役立ちます。



子供さんにとっては


野球が続けられる条件が箇条書きで、分かりやすい


でも本当のポイントは、3番目の「約束ができた時のお約束」。


「1回失敗しても、まだ挽回できるチャンスがある。」 (あきらめない)


「頑張ってやれば 良いことが待っている」(自信)


といった、目に見えないけれど とても大切な人間形成へつながっている点です。



ご両親にとって「この子はもっと出来る子だ」という愛情があっての、今の悩みだと思います。


減点方式ではなく、加点方式になるように 時にヒントを与えつつ


「ほら、やっぱり出来たじゃない。」


と、愛情をしっかりと言葉で伝えながら行って下さい。


ご両親の愛情は、必ず 伝わります。




ヒロコ・ベンダーホーフ

全米LPGA A級ゴルフインストラクター









このコラムに類似したコラム

「ゴルフレッスンを究極の上達につなげるコツ」 米国A級プロ直伝上達法 ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2013/03/31 21:24)

90を切るゴルフ 「ドライバーショット、抜群の方向性のコツ」 ゴルフ女子プロ直伝練習法 ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2013/02/25 19:47)

プロが教える「ゴルフレッスンを100倍効果的にするコツ」 ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2013/02/24 17:15)

「体罰はダメ」だけでは未解決。本当の解決は・・・ ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2013/02/03 08:40)

全米LPGAヒロコの「癖を活かして!ゴルフ上達の近道」 ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2013/01/24 08:05)