ロータリークラブ - 税金全般 - 専門家プロファイル

林 高宏
林高宏税理士事務所 
鹿児島県
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ロータリークラブ

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般




ロータリークラブやライオンズクラブ

こういったものは、お金持ちがなるべきもので、私には全く関係ないと思っていた。



先日、監事を務める組合の総会に出席した。

滞りなく会は進み、懇親会になった。



鹿児島中央駅前にできたソラリアホテル。

出てきた料理は豪勢なものばかりだった。

日本酒も出てきた。



鹿児島県は、日本で唯一日本酒を造らない県である。

大阪国税局酒税課に席を置いたことのある私は、

これは、通常免許ではなく、試験免許ではないかと思った。



その日本酒だが、甘くて飲みやすかった。

日本酒には苦い経験がある。

もともと私は、酒があまり飲めない。

せいぜいビール1本くらいが適量だ。



ところが、その職場では、酒を飲むのが仕事だという。

実際、先輩は、真っ赤な顔をして、鼻歌を歌いながら戻ってきた。

国家公務員がこんなことしていいのか、純情な私はそう思った。



話を元に戻そう。

日本酒は、+2~+3が一番飲みやすい。

吟醸ブームが起きたとき、ワイン代わりに飲まれたのがこの日本酒度のもの。

鹿児島産の清酒(添加物が入ったもの、or生産地が日本以外の米を使用したもの)

は+1だった。

甘くて、飲みやすかった。



懇親会も無事終わり、私はタクシーを待っていた。

そこへ理事が通りかかった。

いつもお世話になっている人だ。



「先生、ロータリーの方どうなりました?」

半年以上前、パンフレットをもらったが、その辺に投げ散らかしてある。

「先生の名前で登録しておきました。理事長の承認も受けています」

ちょっと驚いた。



「後は、入会手続きをするだけですので、よろしく」

こういうものは、本人の意思確認が必要なのでは?

と思ったが、反論できる雰囲気ではなかった。



それから、私は2週間の旅に出た。

途中で、電話が入った。

「いつ、お帰りですか?」

「13日の予定ですが・・・」



「じゃあ、12月中に2,3回、会に顔を出して、

正式な入会は来年1月からということにしましょう」

その後、出張から戻ると、その間、事務局から

矢のような催促の電話があったそうだ。



その、ロータリーの最後の例会が明日(ではなく今日)開催される。

クリスマス会ということで、私は家族で参加することにした。



しかし、私がこの世で最も尊敬する弁護士は、

開業35周年パーティーで言っていた。

「35年間、ライオンズにもロータリーにも属さず一人でやってきた」



ひそかに、それを目指そうと思っていただけに、心境は複雑だ。

ただ、一つだけ確かなことがある。

来年から、会費と接待交際費が増加する。



ただでさえ苦しい台所事情。

厳しい舵取りが今後予想される。




このコラムに類似したコラム

ロータリークラブ 林 高宏 - 税理士(2012/12/18 00:42)

ものづくり試作開発補助金 林 高宏 - 税理士(2013/03/27 18:12)

弁護士や税理士など士業も失業保険もらえます 大黒たかのり - 税理士(2013/02/01 11:05)

宗教法人と税務 大黒たかのり - 税理士(2013/01/22 09:24)

明日はサンタクロースに変身 林 高宏 - 税理士(2012/12/23 02:03)