フリーランスで稼ぐ! 思いは届きますか? - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

別所 諒
ビジョン・コンサルティング 別所諒 主宰
東京都
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フリーランスで稼ぐ! 思いは届きますか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
経営コンサルティング ビジネスモデル




From 大手町 別所諒




「思いは必ず届くと信じています。」

とお話しいただくお客さんが多いのは、ありがたいことだと思う。



言い方を変えれば、「夢は実現する」ということでもあり、夢のある人と仕事ができるのもありがたいことだ。



しかし、僕は「思いは届く」というのを全面的に肯定していない。



届けようとしなければ思いは届かないし、届けようとすると人は受け取ってくれない。



では、どうすればいいのだ?ということになるが、



自分が行動するということになる。届く届かないに関わらず、手本になるまで行動する。



まずは「疲れた」と言わない。

人間なので疲れることもあるだろうが、口に出した瞬間にマイナス要素だけは人に届いてしまう。



毎日「疲れた」を連発している父親に育てられた子供は、仕事をする前から仕事が疲れるものと刷り込まれ、亭主の悪口を話す母親に育てられた子供は、母の年になればトキメキを失う。




では、疲れないためにどうすればいいのか?

結論から言えば、疲れない仕事をするということになる。



疲れない仕事こそが、夢である。




冒頭の、思いは届くのか?という問いに対する答えは、



「届ける必要はない。」ということになる。




僕らにコントロールできるのは、やるかやらないかだけで、届くか届かないかは人知を超えた力にゆだねられる。



思いを届けていると言われている人に共通していることは、



「続けている」ということだと思う。ものすごいスピードで。









本日も、ありがとうございました。



















このコラムに類似したコラム

【感情を出す事はなぜ必要か??】 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/08/05 08:00)

モチベーションをコントロールするには 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/05/20 17:00)

中谷彰宏の名言(言い訳) 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/04/08 07:49)

中谷彰宏の名言(決断) 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/04/05 07:47)

これからどんどん女性が社会進出する時代に 竹内 慎也 - 営業コンサルタント(2013/04/04 21:00)