中小企業様必見 半期決算期です。「上乗せ」「目減り」を診れてい… - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中小企業様必見 半期決算期です。「上乗せ」「目減り」を診れてい…

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大

9月も終りです。上半期決算の会社も多いことでしょう。


そこで、とっておき、連続して業績を上げる分析方法を公開します。


それは、前半期、前々半期にくらべ、どれだけ「上乗せ」ができたか、を診ることです。


そして、前半期、前々半期にあった売上の「目減り」を、どれだけ防げたか、を診ることです。


前半期、前々半期になかった売上を「上乗せ」すること。


それは、既存客のリピートのボリュームアップ分です。


既存客の未実績商品の新規採用実績です。


そして、今まで取引実績の無かった新規のお客様です。


そして、今半期に新たに投入した新商品、新規事業の売上です。


それができたら、次は、前半期、前々半期に取引のあった既存客の「目減り」をどれだけ減らすことが出来たか、です。


間違えてはいけないこととして、「目減り」ゼロは不可能です。


とくに、人員投入ゼロか減っているところは、「上乗せ」にも力を割くのですから、既存客への力が減るのは当然です。


そうでなくても、これだけめまぐるしい環境の変化がある現在、ある程度の既存のお客様の売上や、お客様自体が減るのは仕方がありません。


これだけを、スタート時からP・D・C・Aによって、日頃から繰り返し見ることができていれば、まず業績を上げ続けることができます。


少なくても、下がることはない、と断言できます。




会社の業績分析についての手法や、その他のご相談は、お気軽にどうぞ。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

中小企業様必見 営業は一人でなく若い人を複数採用した方が業… 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/10/30 20:28)

良い製品より、市場がある商品! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/05/10 17:26)

40年間、ほぼ毎年伸び続けている企業のヒミツ? 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/09/18 06:55)