メディアリストの強化法 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

メディアリストの強化法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

メディアリストは少しでも多い方が良い、というのは共通の思いかと思います。


そのため、メディアリストを強化するためには無条件で時間を割くでしょう。



ではメディアリストのメンテナンスにどれほどの時間を割いますか?


確かに報道の確度を上げていく、媒体の幅を拡充していくという観点でもメディアリストの強化は重要です。


しかし最重要なのは、広くメディアから信頼を得てリレーションを構築することであり、その為には既に付き合いのあった記者と友好な関係を築いていくことが優先順位としては先ではないでしょうか?

メディアリストには名前が上がっている記者とどれだけの関係性を深められていますか?一度会ったがほったらかしという方も少なくは無いのではないでしょうか?

またメディアリストに載っている記者が最近どの様な記事を書いているのかを把握していますか?


そして記者もサラリーマンであり、自身の想いはさておき、頻繁に異動があるものであり、また専門紙誌などでは転職も含めて担当替えがあることは少なくありません。


つまりメンテナンスにも非常に時間を割きクオリティを維持していく必要があります。


もしあなたが記者だとしたら下記をどう思いますか?


・自身で担当が替わったのに未だにリリースが送られてくる

・自身に担当が替わったのに未だに前任者の名前でリリースが届く

・最近は興味を持っていないのにリリースだけ送られてくる

・会ったこともない会社からリリースが送られフォローもない

・実際に記事を書いたこともないのに送り続けられる     など


自身が記者であると仮定し、こういう広報と付き合いたい、と思うような対応が望ましいことは言うまでもありません。上記を見れば知らず知らずのうちに、企業イメージを悪くしている可能性も否定できないでしょう。


一度既存のメディアリストでの掲載実績や最近の記者の動向などチェックしてみては如何でしょうか?既存の担当者とリレーションを構築できていれば、担当替えの連絡はもちろんのこと、引き継ぎも行ってくれることも少なくはありません。


既にコンタクトをとった記者をシンパ化することがメディアリスト強化の近道かと思います。



クリックをお願いします!

















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

意外なPR会社の活用法 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/02/14 09:28)

3月は振り返りの季節 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/15 07:52)

露出の確度を上げる具体性 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/11/28 07:58)

ぶら下がり取材の重要性 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/11/14 07:55)

事実確認の重要性 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/08/29 13:56)